トップ>缶コーヒーマニア トップ>札幌フードシステムズ株式会社

缶コーヒーマニア 札幌フードシステムズ株式会社

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

北海道石狩市新港中央3丁目762番地2

http://www.sfs.co.jp ※残念ながら破産してしまったようです・・・。現在ホームページはありません。

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニア札幌フードシステムズ"をどうぞご利用下さい。

1本目のカフェ・オ・レはスーパー?のトライアルで発見!。名前とメーカー名から直ぐに想像が付くように、北海道のメーカーさんですね。サッポロウエシマコーヒーのように、北海道へ行くとよく見かけることが出来るのかもしれません。しかし、北海道はちょっと遠いな~・・・^^;。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
             
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
DoTasteカフェオレ

Do TASTE カフェ・オ・レ

CAFÉ AU LAIT
made from selected high quality beans.
COFFEE
微糖 糖類46%カット
エネルギー 24kcal
たんぱく質 0.4g
脂質 0.4g
炭水化物 4.5g
ナトリウム 12~34mg
糖類 4.0g
微糖のカフェオレって、よく考えるとあんまり無い気がしますね~。元々甘いカフェオレが、どのような風味に仕上がってるのか非常に興味があるところです。それでは中身へ^^。おお~?、カフェオレらしいミルクのせいか、甘味料の不自然さはあまり感じませんよ!^^、少なくともいただいてる間中は、微糖を意識することなくカフェオレを楽しむことが出来ます。コーヒーも結構顔を覗かせてる方で、カフェオレとしての風味がどうこうは置いておきますが、かなり真面目な仕上がりと言えると思いますね、こういう微糖なら大歓迎かも?^^。・・・と言う感想で飲み終わりましたが、微糖らしさが表れ始めるのはこの後5分後くらい^^;。これはどうしようもないのかな?、甘味料入り微糖の宿命?、喉の奥にへばり付くように残る違和感がなかなか消えないんですよ・・・。やっぱりね~って感じで、ちょっと残念でした。 名称:コーヒー飲料
原材料名:全脂練乳、コーヒー、砂糖、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析