トップ>缶コーヒーマニア トップ>アサヒ飲料株式会社 NO.12

缶コーヒーマニア  アサヒ飲料株式会社 NO.12

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

東京都墨田区吾妻橋一丁目23番1号

http://www.asahiinryo.co.jp/

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアアサヒ飲料"をどうぞご利用下さい。

12ページ目です。

アサヒ飲料缶コーヒーについて、全体の印象なんかをブログ" 週刊?缶コーヒーマニア通信 "にも書いています。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
国民投票第4位 国民投票第15位 国民投票第13位 国民投票第4位 国民投票第2位 国民投票第1位 国民投票第4位 国民投票第7位 国民投票第16位
2016年
625票 / 14.9%
2015年
6票 / 0.1%
2014年
108票 / 1.5%
2013年
324票 / 7.1%
2012年
502票 / 7.6%
2011年
536票 / 8.2%
2010年
381票 / 4.6%
2009年
145票 / 4.4%
2008年
9票 / 0.6%
WONDA アイスマウンテン 2016年4月

WONDA アイスマウンテン

氷点下仕立て
キリマンジャロブレンド
WONDERFUL COFFEE
甘さすっきり
Asahi コーヒー
「白く輝く山」を意味する、キリマンジャロのコーヒー豆をブレンド。
焙煎直後のコーヒー豆を氷点下で冷却することで、コーヒー本来の豊かな香りを閉じ込めました。
国産
スチール
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
アレルゲン(27品目中) 乳
(100g当り)
エネルギー 22kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.6g
炭水化物 3.7g
食塩相当量 0.01g
前作と言うか、諸々表示変更版かな。同日登録した特製カフェオレのディスプレイ詐欺でなかなか踏み切れなかったものの、勇気を出して買ってみて良かったです^^;。それでは早速いただいてみましょう。この、今や完全に主流となった人工甘味料入り微糖の中において、いろいろな観点から最も中間に位置するだろうこの味わい、基本的には前作と同じなんだろうなとは思います。故に引き続き、現在の最大公約数的1本であろうことは認めつつ、個人的には「なんか好きじゃない」と言うのが、今作に対するたった一つの感想となります。(登録日 2017年5月24日) 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、クリーム/カゼインNa、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK)
内容量:185g
JANコード:4 514603 310511
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 金の微糖 2017年9月

WONDA 金の微糖

GOLDEN PREMIUM BEANS
高級豆へのこだわり
GOLD QUALITY
WONDERFUL COFFEE
高級豆100%のコク
GOLD Is A Premium Coffee With A Radiant-like Beauty Perfected With Premium Beans.
Asahi コーヒー
ブラジル最高等級豆※を100%使用。徹底した高級豆へのこだわりによって生まれる、上質なコクをお楽しみください。
※高級豆ブラジルNo.2
スチール
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
ワンダHP http://wonda.jp
アレルゲン(27品目中)
国産
(100g当り)
エネルギー 19kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.5g
炭水化物 3.0g
ー糖類 2.3g
食塩相当量 0.1g
それでは早速、家に残っていた20周年限定デザイン缶と飲み比べたいと思います。基本的には同じだとは思うんだけど、なんて言うのかな、ものすごく当たり前かつアホっぽい言い方になってしまうのですが、「金の微糖」をさらに洗練させた、もしくはたとえ些細なネガであっても気付いたなら丁寧に一つ一つつぶしていった様が見えるようで、すこぶる好印象があります。当然のように最先端の人工甘味料入り微糖缶コーヒーであり、違和感云々なんぞ最早論点にするに値しないものではあるんだけど、今作は同時に、脈々と引き継いできた「金の微糖とはなんぞや」の部分もしっかりと両立させていて、こりゃなんの手品かと驚くことしきりでした^^。ただこうやって、なし崩し的って言うとなんですけど、さも何事もなかったかのようになってしまうんだろうなと、ある種観念してはいますが・・・。根源に植え付けられた諸々は根深く、そうそう払拭できそうもないのも事実なんです・・・。(登録日 2017年9月6日) 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、コーヒーオイル/乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
JANコード:4 514603 355116
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA モーニングショット 2017年9月

WONDA モーニングショット

ワンダ史上最高の朝専用
WONDERFUL COFFEE
SINCE 1997
Morning Shot
スッと飲めて、キリッと苦味。
Morning Shot:100% Fresh Arabica
THE START OF A GREAT DAY
進化したショット感
朝専用
Asahi【コーヒー】
“焼きたて・挽きたて・淹れたて”の目覚めるおいしさ。毎朝のスタートにふさわしい朝専用缶コーヒーです。
スチール
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
国産
ワンダHP http://wonda.jp
アレルゲン(27品目中)
(100g当り)
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.5g
炭水化物 6.6g
食塩相当量 0.1g
金の微糖に遅れること数日、やっとミニストップにて新同時に確保することができました!!。それでは早速飲み比べを始めましょう!!。なんて言うんだろう、ほんのわずかながら、風味それぞれの輪郭がくっきりしたような気がするのが進化と言えなくもないような・・・。でも、やはり誤差の範疇かな、基本はWONDA2枚看板の一つである「モーニングショット」の味わいそのものと言ってしまってそれほど大きな問題はないと思います。と言うことで、あらためての感想は割愛させていただきますが・・・。しかし、「ワンダ史上最高の朝専用」はまだわからないでもないのですが、進化した「ショット感」ってなんだろう?、おわかりの方がいらっしゃいましたら、ぜひお教えください^^;。(登録日 2017年9月8日) 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
JANコード:4 514603 284317
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 炭焼仕込み 2017年9月

WONDA 炭焼仕込み

WONDERFUL COFFEE
香ばしさ広がる、長時間焙煎
Aromatic and slightly bitter coffee made from beans slow-roasted over charcoal
炭焼焙煎豆100%
Asahi コーヒー
炭火でじっくりと長時間焙煎。飲むたびに広がる香ばしさと、コク深くほろ苦い味わいが楽しめる炭焼缶コーヒーです。
スチール
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
国産
ワンダHP http://wonda.jp
アレルゲン(27品目中)
(100g当り)
エネルギー 32kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.5g
炭水化物 6.2g
食塩相当量 0.1g
つい最近、なんて言うか、地中海ブレンド的再発売が始まり、今後毎年この時期の恒例となるのかと好事家の間でにわかに盛り上がりを見せている炭火の季節にまさかの後継品?って感じですよ。なんらかの場つなぎ?、併売?、もしくは、ないと思うけど在庫処分?、いずれにしても、炭火の季節を今年あらためて出した意図が今一つ理解できないですよね・・・。まあ、この辺は今後も種明かしされることはないでしょうし、そもそも、実際試飲してみたら別物だってことも当然あるでしょうから・・・。なにはともあれ、飲み比べてみましょう。・・・んんん、これは、早速困りましたよ。ここ最近状況が変わりつつあるものの、それでもまだ、今では括弧付きとなってしまう「スタンダード」缶コーヒーらしさ満点のバランスが神懸かっている炭火の季節に対して、わずかにバランスを崩し香ばしさを多めに被せた感じの今作と、無理矢理色分けしようと思えばそうなのかなって感じですが・・・。まあ、正直この2本に、パッケージ、・・・これも遠目ではわかりませんけど・・・、以外に明確な差を見いだすことはできませんでした。でもね、理由はともあれどちらも名作ですから、いずれかが残ってくれさえすればなんら問題はございません^^。(登録日 2017年9月30日) 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料
内容量:185g
JANコード:4 514603 354317
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 極 微糖 2017年10月

WONDA 極 微糖

再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。この商品は加温器販売が出来ます。
WONDERFUL COFFEE
振らずに傾けないでお開けください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
老舗の情熱
深煎りの極み
Kiwami
創業80余年
丸福珈琲店 監修
Asahi コーヒー
ワンダHP http://wonda.jp
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
ラベルをはがさずリサイクルできます
HOT & COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
コク深いのに飲みやすい味を追求し長年の研究でたどり着いた「深煎りの極み」。モカブレンド豆をこだわりの深煎りで仕立てました。香り高さと奥深さを引き出す深煎りを極めた老舗珈琲店監修のコーヒーです。
・加温時はヤケドにご注意ください。
アレルゲン(27品目中)
(100g当り)
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0g
炭水化物 3.2g
ー糖類 2.4g
食塩相当量 0.1g
基本的には前作と同じだとは思うんだけど・・・、やはり慣れなのかな、なんだかとても飲みやすくなっている気がするんですよね・・・前作も^^;。ただね、ここ最近巻き起こっている周りの急激な変化に比べたらまだまだ、あえて言う「旧」人工甘味料入り微糖のテイストがそこかしこに残ってはいるので、相対的に自身の評価が低くなってしまうのは否めません。とは言え、今回のモデルチェンジで新製品を投入したところから見て「極」シリーズの受けは良好だったようですから、旧来品の「根本」を変えてしまうのは当然得策ではないとも思うので、これはこれで堅実なモデルチェンジだと思います。と言うことで結論としては、後に現れる新製品「キリマンジャロ100%」、さらに新規編入の「特製カフェオレ」に期待ってとこですね^^。(登録日 2017年10月4日) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン/香料、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:370g
JANコード:4 514603 345117
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 極 完熟深煎りブラック ボトル缶400g 2017年10月

WONDA 極 完熟深煎りブラック ボトル缶400g

再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。この商品は加温器販売が出来ます。
WONDERFUL COFFEE
振らずに傾けないでお開けください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
老舗の情熱
深煎りの極み
Kiwami
BLACK
創業80余年
丸福珈琲店 監修
Asahi コーヒー/無糖・ブラック
ワンダHP http://wonda.jp
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
ラベルをはがさずリサイクルできます
HOT & COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
コク深いのに飲みやすい味を追求し長年の研究でたどり着いた「深煎りの極み」。完熟豆を中心にこだわりの深煎りで仕立てました。コーヒー本来の旨味を引き出す深煎りを極めた老舗珈琲店監修のコーヒーです。
・加温時はヤケドにご注意ください。
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.4g
ー糖類 0g
食塩相当量 0.04g
前作と比べてと言うか、基本的には初代の、ほとんど「WONDA版I社のあれ」からほとんどコンセプトに一片の迷いもぶれもなく・・・、いや、ほぼ変化なくきているわけですが・・・。その本家も含めてわりとすっきり飲みやすい方向へ向かっている中、今作の特異さは相対的に跳ね上がり、あれよあれよと括弧付き「屈指の個性」を持つ1本となってしまった気がします。故に、個人的嗜好から最も遠い1本ともなるわけで・・・。「コーヒー感」は抜群にありますよ、でもその内実は・・・、罵詈雑言重ねる前に、静かに〆ようと思います・・・^^;。(登録日 2017年10月5日) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー/香料、乳化剤
内容量:400g
JANコード:4 514603 354416
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 極 完熟深煎りブラック ボトル缶285g 2017年10月

WONDA 極 完熟深煎りブラック ボトル缶285g

再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。この商品は加温器販売が出来ます。
WONDERFUL COFFEE
振らずに傾けないでお開けください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
老舗の情熱
深煎りの極み
Kiwami
BLACK
創業80余年
丸福珈琲店 監修
Asahi コーヒー/無糖・ブラック
ワンダHP http://wonda.jp
アルミ
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
コク深いのに飲みやすい味を追求し長年の研究でたどり着いた「深煎りの極み」。完熟豆を中心にこだわりの深煎りで仕立てました。コーヒー本来の旨味を引き出す深煎りを極めた老舗珈琲店監修のコーヒーです。
・加温時はヤケドにご注意ください。
HOT & COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
国産
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.4g
ー糖類 0g
食塩相当量 0.04g
後述する及び先日登録の400gと飲み比べ。結論から先に申し上げると、容量が減っていくに連れ濃さが増すような気はするものの、その差はほんのわずかです。なので、この味わいがお好きな方は、その時の気分や懐具合、または、持ち運ぶか否かで選んでさほど問題はないと思います。と言うことで、では次へ・・・。(登録日 2017年10月7日) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー/香料、乳化剤
内容量:285g
JANコード:4 514603 354515
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 極 完熟深煎りブラック 2017年10月

WONDA 極 完熟深煎りブラック

老舗の情熱 深煎りの極み
Kiwami
BLACK
創業80余年
丸福珈琲店 監修
Asahi コーヒー/無糖・ブラック
コク深いのに飲みやすい味を追求し長年の研究でたどり着いた「深煎りの極み」。完熟豆を中心にこだわりの深煎りで仕立てました。コーヒー本来の旨味を引き出す深煎りを極めた老舗珈琲店監修のコーヒーです。
ワンダHP http://wonda.jp
国産
スチール
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
国産
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.5g
ー糖類 0g
食塩相当量 0.06g
上記285gのところで書いたように、やはり今回の完熟深煎りブラック3種に大勢に影響があるような差はございません。故に、こちらもあらためての感想は割愛させていただきます。(登録日 2017年10月7日) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー/香料
内容量:185g
JANコード:4 514603 354614
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 極 キリマンジャロ100% ボトル缶370g 2017年10月

WONDA 極 キリマンジャロ100% ボトル缶370g

再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。この商品は加温器販売が出来ます。
WONDERFUL COFFEE
振らずに傾けないでお開けください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
老舗の情熱
深煎りの極み
Kiwami
100% SINGLE BEANS
甘さひかえめ
創業80余年
丸福珈琲店 監修
Asahi コーヒー
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
ラベルをはがさずリサイクルできます
HOT & COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
コク深いのに飲みやすい味を追求し長年の研究でたどり着いた「深煎りの極み」。高級豆キリマンジャロをこだわりの深煎りで仕立てました。コーヒー豆本来の洗練されたうまさを味わう老舗珈琲店監修のコーヒーです。
・加温時はヤケドにご注意ください。
ワンダHP http://wonda.jp
アレルゲン(27品目中)
(100g当り)
エネルギー 26kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.3g
炭水化物 5.2g
食塩相当量 0.1g
いや良い、これ相当良い!!。総合的に言うと、大げさではなく現ワンダラインアップの中で最も好きかもしれない!!。と同時に、実際の売上はわかりませんが、こちらを先にラインアップしておいた方が良かったような気がヒシヒシとしてしかたがないんですよね、個人的にはブラックより深く・・・、いや、と言うか「深煎りの極み」の意味がやっとわかった気がするしさ・・・^^;。あらら・・・、ちょっと反射的に興奮しすぎた・・・。まあ、しいて言えば、個人的には大歓迎ではあるだど、「甘さひかえめ」の部分につっこむ余地は多分にあるとは思いますよ、「甘すぎ(笑)」としたり・・・、いや、まことに卓見と申しますか、ありがたいご高察賜れることが容易に予想できて今から楽しみです。・・・すいません、どす黒い内面が・・・、フラットに戻します。甘さ自体は当然のごとく自然、誤解を恐れず言うと、丸福珈琲店監修による「缶コーヒーらしい」コーヒー感もしっかりあって、さらに、持ち運び可能な大容量のボトル缶とくればもう、やっとこれで「丸福珈琲店」の顔も立・・・。いやいやいや、この際わりと細かいことはどうでもよくて、個人的に「なんちゃら微糖」の先頭を走っている感のあった同社に対し、いや本当は分かってたのねと、確信犯だったのかと・・・。と言うか、なにより単純かつ素直に「アサヒ飲料さん、本当にありがとうございます」でしょうね、本当、これに尽きると思っています^^。(登録日 2017年10月24日) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン/香料、カゼインNa、乳化剤
内容量:370g
JANコード:4 514603 356519
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 極 老舗の特製カフェオレ 2017年10月

WONDA 極 老舗の特製カフェオレ

再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。
WONDERFUL COFFEE
振らずに傾けないでお開けください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
ミルクひきたつ
深煎りの極み
Kiwami
創業80余年
丸福珈琲店 監修
Asahi コーヒー飲料
HOT & COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
アルミ
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
ラベルをはがさずリサイクルできます
コク深いのに飲みやすい味を追求し長年の研究でたどり着いた「深煎りの極み」。深煎りで仕立てたコーヒーと、コーヒーに負けないミルクにもこだわった、老舗珈琲店監修のカフェオレです。
・加温時はヤケドにご注意ください。
ワンダHP http://wonda.jp
アレルゲン(27品目中)

国産
(100g当り)
エネルギー 39kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.7g
炭水化物 7.3g
食塩相当量 0.1g
いやもう、そこかしこにこちらとの関連性がうかがえるわけですが・・・。諸々忖度し、なにも知らない体で試飲を始めたいと思います^^;。最近ではかなり珍しくこってりしたミルク感、と言うかクリーム感がですね、言葉尻をとらえて申し訳ないんだけど、「コーヒーに負けない」どころか圧勝しちゃってる感じ。そうは言いつつ、確かに「深煎りの極み」をうたうコーヒー感は相当深い根底に流れてはいるので、まんざら、単なる特製カフェオレのリネーム版ではなさそう、ゆえに、とりあえずは妙な忖度は不要そうでホッとひと息^^;。で、おそらく隠れ・・・てるか?、コンセプトは、特製カフェオレのコーヒー部分を極共通のものに置き換えたと言うことなのではと大胆予想いたします。そして、個人的には特製カフェオレの方に圧倒的に強いシンパシーを感じるものの、ラテ・オレ系に選択肢が増えることになにひとつ悪影響はないどころか、むしろ劣勢から盛り返す何度目かの第一歩だと思うので・・・、ここは、あくまでも大人らしくにこやかにやり過ごしたいと思ってます^^。(登録日 2017年10月24日) 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、クリーム、デキストリン/香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)、シリコーン
内容量:260g
JANコード:4 514603 356717
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア アサヒ飲料株式会社  /  /  /  /  /  /  /  /  /  / 10 / 11 / 12 / 13

PAGE TOP

缶コーヒーマニアTOP

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析