トップ>缶コーヒーマニア トップ>アサヒ飲料株式会社 NO.3

缶コーヒーマニア アサヒ飲料株式会社 NO.3

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

東京都墨田区吾妻橋一丁目23番1号

http://www.asahiinryo.co.jp/

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアアサヒ飲料"をどうぞご利用下さい。

アサヒ飲料も3ページ目突入!です。

アサヒ飲料缶コーヒーについて、全体の印象なんかをブログ" 週刊?缶コーヒーマニア通信 "にも書いています。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
国民投票第4位 国民投票第15位 国民投票第13位 国民投票第4位 国民投票第2位 国民投票第1位 国民投票第4位 国民投票第7位 国民投票第16位
2016年
625票 / 14.9%
2015年
6票 / 0.1%
2014年
108票 / 1.5%
2013年
324票 / 7.1%
2012年
502票 / 7.6%
2011年
536票 / 8.2%
2010年
381票 / 4.6%
2009年
145票 / 4.4%
2008年
9票 / 0.6%
WONDA オン・ザ・ロック アイスエスプレッソ

WONDA オン・ザ・ロック アイスプレッソ

WONDERFUL COFFEE
ON THE ROCK
コクと苦味の贅沢仕立て
DRIP & ESPRESSO
加糖ブラック
アイス用【コーヒー】
深煎りドリップコーヒー+エスプレッソで引き立つ、深いコクと苦味の贅沢な味わいが楽しめる大人のアイスコーヒーです。
(100g当り)
エネルギー 26kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 6.1g
ナトリウム 30mg
糖類 5.3g
ほんのりと極微かに嘘臭さが漂ってはいるものの・・・、それ位ですね、気になったのは。・・・うん?、それって、単にベースが良すぎてハードルを極限まで上げすぎていたせいでしょう?、ね〜^^;。いったん落ち着いてと・・・。え〜、ともすると、ちょっとキツイかな〜って場面もあった甘さが、より強まった苦味とコクで上手く抑えられている感じで、全体の調和感やコーヒーを飲んでいると言う実感は、確実に上がっていると思いますね。う〜ん、と言うか・・・、もうこの手の中では、いや、全体から見ても行き着いちゃったんじゃないかな〜?とさえ思ったり、最早、砂糖の存在以外、あらゆる面から見て、死角無しじゃない?なんて、決して大げさではなく思いました^^。さらには・・・、あの〜・・・、どうしようかな〜・・・、もう言っちゃおう!。個人的に、どちらが上とかではなく、“コーヒーと缶コーヒーは似て非なる別物”って思いが根底にず〜っとあるんですけどね・・・、飲み進める度に、この考えを改める時がと言う思いが募り募って・・・、ついに固く閉ざされた壁を粉々に壊し尽くすシヴァ降臨〜!なんて一人異様に盛り上がっちゃったんですよ〜!!。・・・って、ホントどうしようもないね、この人は^^;。え〜、もう1回落ち着いて・・・。何はともあれですよ、自然に沸々と湧いてくる抗しがたい魅力に満ち溢れ、旨すぎる事こそが唯一の欠点となりうるくらい、やはり類い希な逸品だと確信しています^^。しかし、本当にこう言うものこそ、売れて売れて売れまくって欲しいな〜って思いますね。この現世界をガラッと一変させてくれることを妄想しつつ、あるだけ買い占めに行って参りま〜す^^;。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、香料
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA アイスオンアイス

WONDA アイスオンアイス

WONDERFUL COFFEE
再栓時は漏れないようしっかりお閉めください。
振らずに傾けないでお開けください。
開閉時の液だれや、キャップの切り口でのけがにご注意ください。
微糖ブラック
ICE ON ICE
高級豆キリマンジャロブレンド
“冷たく澄みきったプレミアム”
アイス用【コーヒー】
冷たく大きいアイス専用プレミアムコーヒー。
高級豆キリマンジャロをブレンド。「2段階深煎り焙煎」で丁寧に焼き上げ、純水ドリップ。後味スッキリで、おいしくゴクゴク楽しめる微糖タイプのアイスコーヒーです。
振らずに傾けないでお開けください。品質保持のため窒素充填していますので、中味がふき出すことがあります。
容器のまま温めないでください。
(100g当り)
エネルギー 9kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 2.1g
ナトリウム 4〜14mg
糖類 1.6g
え〜、“微糖ブラック”の文言に一抹の不安を覚えながら飲み始めましたが・・・。悔しいことに?、全然OK!。若干、不穏な空気は終始漂わせつつも、大容量ボトル缶タイプにはあるまじき、また、能書きの“スッキリ”・“ゴクゴク”を、何かのフリなんじゃない?って思うくらい良い意味で裏切ってくれる、実にしっかりしたコーヒー感が愉しめる1本に仕上がっています^^。・・・ま〜でも、多分にこの感想は何割か増し・・・、あらためてブログ記事(今年のアサヒ飲料って...。)を書き殴ってしまったくらい奇跡のラインアップだと思っている、2011年のWONDAの中にあるからこそだとは思うけどね^^;。で、最後に全くの余談ですが・・・。ブランドに対する信用とか信頼とかって、思っている以上に大きな影響を及ぼすんだな〜と、あらためてしみじみ思ったりしてます^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、香料、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
内容量:400g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA オーロラプレッソ

WONDA オーロラプレッソ

WONDERFUL COFFEE
ESPRESSO
MILD & BITTER 2層の味わい
Espresso coffee with a mixed taste of MILD & BITTER spreading out like anaurora.
微糖
100%エスプレッソ抽出
マイルド&ビターな"2層"の味わいが混じり合い、"オーロラ"のように広がる、華やかな味わいのエスプレッソ微糖コーヒーです。
(100g当り)
エネルギー 17kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.3~0.6g
炭水化物 3.0g
ナトリウム 44mg
糖類 1.9g
マイナーチェンジ程度・・・、と言うかこれ、中味は前作と同じじゃないかな〜・・・?。必死に比べてみれば、どことなくまろやかになったような気がしないでもないけど・・・。う〜ん、やはり誤差でしょうね〜、全く同じ商品でも良く感じる程度の差でしかないと思います^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ブラックワンダ

WONDA ブラックワンダ

Black coffee with full body and clear sharpness
WONDERFUL COFFEE
BLACK
PREMIUM
100%ドリップ・高級豆使用・炭焼焙煎
まじりけなし、新ジャンルのブラック
コーヒー/無糖・ブラック
味わい香る広口フタ
炭焼した厳選高級豆をブレンドし、じっくり丁寧に100%ドリップ。深いコクとキレのよい後味のプレミアムブラックコーヒーです。
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0~1.0g
ナトリウム 11~21mg
糖類 0g
探すこと販売機等々数十台、発見に殊の外難儀してしまいましたが・・・、ま~、何はともあれ発売日にしっかり見付けられたんですから全然OK^^;。では早速、前作との飲み比べをしちゃいます。え~と、若干炭焼感というか香ばしさ加わり風味がより濃厚になったような気がしないでもないけど・・・。あの~、誤解を恐れず言っちゃうと、今年のWONDAは五割り増しと言うか・・・。WONDAのロゴがチラッと目に入っただけで、もっと言っちゃうと、WONDAの缶コーヒーだとちょっと思うだけでも、脊髄反射的にもう殊更凄いものだと・・・。これは、相当な確率で、私の身体の中で無意識の内に実際起こっていることだと思っています^^;。・・・で、何が言いたいかと申しますと・・・。前作比でさらに良くなったと思うのですが、全く確証は持てませんと言うことでございます・・・。え~・・・、おしまい^^;。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA プレーンカフェ

WONDA プレーンカフェ

PLAIN CAFE
WONDERFUL COFFEE
素材のおいしさ、そのまま
甘味料・香料不使用
No sweetener no flavor ingredient
純水仕立て
Made from pure water
Good Tasting Coffee Made From Selected Ingredients
レギュラーコーヒーに牛乳と砂糖。選び抜いた素材だけで作ったプレーン仕立てのコーヒーです。
(100g当り)
たんぱく質 0.4~0.8g
脂質 0.4~0.6g
炭水化物 5.8g
ナトリウム 44mg
とにかくもう、肩肘張らずに構えずに、心底安心しきって向き合える感じが本当に良いです!!。薄すぎず濃すぎず、強い個性を主張するでもなく無個性でもなく、甘すぎることもなく足りないこともなく等々、もう全てにおいてこの調子・・・、何ともほんわかとした塩梅でまとまっているようないないような・・・、真剣かつ適当にはぐらかされている様な感覚がありますね〜^^;。でも、これこそこの缶コーヒー最大の美点であり真骨頂でしょう!。ホッと出来る心の拠り所というか、故郷というか・・・、上手く言えないけど、迷ったらココに戻ってくればと思える絶大な安心感、信頼感を抱けるんです。もうね、味がどうこうとかは超越した存在、長きに渡って飽きずに付き合える、いや、むしろ気が付くと静かに寄り添ってくれている大切なパートナーとなってくれると確信しています^^。う〜ん、しかし今年のアサヒ飲料ってばもう・・・、これもまたもや相当にきてますよ〜。何だかね、大定番“WONDA モーニングショット”に続く定番商品誕生の瞬間に幸いにも立ち会えているような気がしてしょうがないのですが・・・、と言うか、そうなってくれることを強く望んで止みません^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA モーニングショット

WONDA モーニングショット

THE START OF A GREAT DAY
WONDERFUL COFFEE
Morning Shot
Morning Shot:100% fresh Arabica beans make a unique flavor.
スッと飲めて、キリッと苦味。
朝専用
"焼きたて・挽きたて・淹れたて"の目覚めるおいしさで、毎朝のスタートにうさわしい缶コーヒーです。
ワンダHP http://wonda.jp
(100g当り)
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.5〜0.9g
脂質 0.3〜0.6g
炭水化物 6.9g
ナトリウム 41mg
たまたまだとは思いますが、奇しくも、これまたサントリーの大定番商品“BOSS レインボーマウンテンブレンド”と同じ発売日ですね〜。意外とひっそりしていましたが、やはり、大定番商品が並ぶ様は壮観でした^^。それでは前置きはこの辺にして、早速前作と飲み比べてみましょう。え〜と、若干ミルク感が増しマイルドになったかな〜?。でもね、やはりというか当然と言うか、受ける印象はWONDAの屋台骨を支えているであろう大定番商品!、“モーニングショット”そのものです^^。しかし、しっかりと会社沿革に載っている発売日から約9年!、移り変わりが激しい周囲をよそに、色褪せないどころか最前線に存在し続けている本物中の本物になってしまいましたね〜、他人事ながら何とも感慨深いです。それ故に“缶コーヒー”全体までも背負わされてしまっているようで、ある意味気の毒ではありますが・・・、なんとか折れずに、これからも末永いお付き合いを何卒よろしくお願いいたします^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 特製カフェオレ

WONDA 特製カフェオレ

とくせいカフェオレ
WONDERFUL COFFEE
素材と鮮度へのこだわり挽きたて
挽きたてドリップしたコーヒーを使用し、厳選された牛乳を中心にこだわりの乳素材で仕上げた“特製”のカフェオレです。
鮮度を大切にしたこだわりの製法で引き立てた素材のおいしさをお楽しみください。
(100g当り)
エネルギー 44kcal
たんぱく質 0.6〜1.2g
脂質 0.4〜1.0g
炭水化物 8.2g
ナトリウム 38mg
あくまで個人的感想ですが・・・、かなり意外なモデルチェンジでした^^;。ま〜それは良いとして、早速前作と飲み比べてることにしましょう。え〜と、まず若干ミルク感が牛乳よりになり、自然さが増したかな〜って感じ。また、それにより、味わい自体にそれほどの変化は無さそうなものの、コーヒー感もよりマイルドに感じるようになっていて、結果、全体によりサラッと自然、かつ味わい深いカフェオレへ変貌を遂げたと言えそうです。ただ、う〜ん・・・、間違い無く相当上位に位置する缶カフェオレなんですけどね〜・・・。WONDAにしては・・・、と言うのが正直な感想になってしまうのかな〜・・・。ま〜、もっと出来るはずって、変にハードルを上げ過ぎているだけと自覚してるし、それはいけないと重々承知してるんですけど・・・。これは致し方ないですよね、ここ最近のWONDAのラインアップと比べちゃうとどうしてもどうしても・・・、それが人情ってものでしょう^^;。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、ローストミルク、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 朝のカフェオレ

WONDA 朝のカフェオレ

THE START OF A GREAT DAY
WONDERFUL COFFEE
Cafe au lait with the flavor and aroma for the start of every morning.
広がる香り、まろやかなコク。
朝専用カフェオレ
“焼きたて・挽きたて・淹れたて”の目覚めるおいしさ。北海道産生クリームで仕上げた、毎朝のスタートにふさわしいカフェオレです。
この商品は、株式会社JR東日本ウォータービジネスとアサヒ飲料株式会社の共同企画商品です。
(100g当り)
エネルギー 42kcal
たんぱく質 0.7〜1.1g
脂質 0.5〜0.9g
炭水化物 8.1g
ナトリウム 41mg
え〜と、前作と飲み比べて見た感じでは、若干ながら渋味というかエグ味というか麦っぽいというか、非常にアクの強いコーヒー感になった感じがします・・・。と言うか、あの〜、具体的に言ってしまうと最初期のアロマレボリュートなんですよね、まさにコーヒー感が・・・。他社製品で申し訳ないんですけど、何故か飲んでいる最中頭に浮かんできてしかたがありませんでした。関連性なんてあるはずもないのにね・・・。でも、しかし本当に似てる・・・、カフェオレ版アロマレボリュートと言って過言じゃない感じ・・・、と言うか最早そうとしか思えなくなってしまっています^^;。・・・え〜、たまたま手にした1本がそうだっただけかもしれないし、何故かそう思い込んでしまっただけの可能性もありますので・・・、これは時間をおいて、もう一度試飲してみようと思ってます。もし、その際の結果が違うようであるならば、後日、ココに追記させていただきたいと思います^^;。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、クリーム、ローストミルク、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ゼロマックスプレミアム

WONDA ゼロマックスプレミアム

ZEROMAX
PREMIUM
WONDERFUL COFFEE
午後においしい糖類ゼロ。
Premium canned coffee with no added sugar to lighten the afternoon for adults.
糖類ゼロならではのすっきりとした味わい、豊かなコク。厳選高級豆ブレンドの午後を軽やかにしてくれる缶コーヒー。
※栄養表示基準に基づき、糖類0.5g(100ml当り)未満を糖類0(ゼロ)としています。
(100g当り)
エネルギー 6kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0g
炭水化物 0.7〜1.4g
ナトリウム 37mg
糖類 0g
え〜と、一応用意しておいた前作と飲み比べてみましたが・・・。う〜ん、どこという事無く全体にまろやかに、独特の糖類ゼロ感?が若干後退してより自然な味わいに近付いたような気がするようなしないような・・・。でも、ま〜、この位の差は全く同じ商品でもありますからね〜。やはり、ほぼ変わり無しと結論付けてしまっても良いかもしれません。と言うか、最早ある意味定番商品でしょうからね、大幅に変える事をファンの方々は許してくれないでしょう、きっと^^。
※おまけの、“WONDA ダブルアクション 建設機械コレクション”はこちらに掲載いたしました。
名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、脱脂粉乳、乳たんぱく質、全粉乳、加工クリーム、乳化剤、香料、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
JANコード:4 514603 229615
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA モーニングショット ホットブラック

WONDA モーニングショット ホットブラック

この商品は加温器販売が出来ます。振らずに傾けないでお開けください。
開閉時の液だれや、キャップの切り口でのけがにご注意ください。
THE START OF A GREAT DAY
WONDERFUL COFFEE
Morning Shot
HOT
BLACK
立ち上がる香り、広がるコーヒー感。おいしさが飲み終わりまで続く、朝専用ブラックコーヒー。
ホット専用
朝の目覚め、立ち上がる香り。
無糖・ブラック / 朝専用【コーヒー】
加温時にはヤケドにご注意ください。
振らずに傾けないでお開けください。品質保持のため窒素充填していますので、中味がふき出すことがあります。
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.4〜0.7g
ナトリウム 11〜21mg
糖類 0g
他社製品をいきなり書くのもなんですけど・・・。え〜、パッと思い付く代表的なところでは、JTの“Rootsアロマブラック”や、サントリーの“BOSS シルキーブラック”。あっ、同じアサヒ飲料でも“WONDA ボディーショットブラック”何て言うのもありますね。かなり暴論気味ではありますが・・・、はい、多少の差はあれど、ああ言う一連の感じそのままです。・・・うん?、もしかしてこう言う事かな?。ボディーショットの調子が今一つでてこ入れ・・・、屋台骨の名前を冠して再出発と・・・。でも、全然良いと思いますよ、これだけのビッグネームを使わない手は無いと思います。コカコーラやダイドーの様に、これから、モーニングショット微糖とかモーニングショット糖類ゼロとか出てくるのかもしれませんね^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料、乳化剤
内容量:285g
JANコード:4 514603 227918
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 金の微糖

WONDA 金の微糖

Premium Beans
WONDERFUL COFFEE
ブラジル最高等級高級豆ブレンド
GOLD PREMIUM COFFEE
CAFÉ DO BRASIL
CECAFE認証
(コーヒー生豆輸出業評議会)
ブラジルの輸出規格品における最高等級高級豆(CECAFE認証)を中心にブレンドしたゴールドプレミアムコーヒー。
糖類75%カット※
※コーヒー飲料等通常品の糖類7.5g/100mlと比較
(100g当り)
エネルギー 16kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0.3〜0.7g
炭水化物 2.6g
ナトリウム 39mg
糖類 1.8g
前作と飲み比べてみました。ほんの僅かながらコーヒー感が増し、違和感が後退したようなしないような・・・。あのですね・・・^^;、いずれにしても、着々と代を重ね、今や最激戦区のこのジャンルにあって頭一つ二つ抜けた圧倒的存在であるのは間違い無く。さらに言ってしまうと、同じような印象を受けがちな中にあって、確固たる“金の微糖”風味を確立している事、これは一朝一夕に真似の出来ない快挙だと素直に思ってます^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
JANコード:4 514603 229110
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA コクだし THE SPECIAL

WONDA コクだし THE SPECIAL

豊潤で深みのある味わいを実現した、コクのあるコーヒーです。
This is a full-bodied coffee realizing a rich taste.
コクを極めた豊潤な1杯
WONDERFUL COFFEE
高級豆コロンビアスプレモブレンド
コーヒー豆150%
※コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約の定めるコーヒー規格最低基準値(5g/100g)に対し、コーヒー豆を約150%使用
コーヒー豆量150%使用。豊潤でコクのある味わいをお楽しみください。
(100g当り)
エネルギー 31kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0g
炭水化物 6.6g
ナトリウム 52mg
WONDA オン・ザ・ロック アイスエスプレッソのミルク入り版って感じかな〜?。能書き通りのコク深さ、力強さ溢れるコーヒー感をどっしり中心に据え、砂糖とミルクは必要最小限、こちらもなかなか飲み応えのある良い缶コーヒーです^^。・・・ただ、豆量150%をうたうならもう一歩・・・、鼻につく・・・、これは間違い無く言い過ぎ^^;、え〜、薄らと、でも終始気にかかる香料をもうちょっとどうにかって正直思いましたけどね・・・。でも、ま〜、反面、その辺りがここ最近やっと統一感が現れてきたようなWONDAらしさに通じる、もしくは源部分でもあると思いますから、これはこれで、むしろ一連の商品としては良い傾向なのかもしれません^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、牛乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料
内容量:190g
JANコード:4 514603 234817
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA キングロースト 焦がし微糖

WONDA キングロースト 焦がし微糖

King Roast
WONDERUL COFFEE
焦がしで深まる香ばしさ
Enjoy the aroma and body of “KOGASHI” coffee from King Roast.
大人の微糖“焦がし微糖”
こんがりと焦がすようにコーヒー豆を焼き上げ、仕上げに“焦がし砂糖”をひとつまみ。“焦がし微糖”の香ばしい薫りと深いコーヒー感をお楽しみください。
(100g当り)
エネルギー 16kcal
たんぱく質 0.3〜0.6g
脂質 0g
炭水化物 2.7g
ナトリウム 38mg
糖類 2.1g
2011年の国民投票NO.1、アサヒ飲料さんの2012年度第1弾が、缶コーヒーマニア登録第2本目でした。期待は高まるばかりですが、ま〜甘味料入り微糖ですからね・・・、そこそこの気分でいってみましょう^^;。おおお、お気楽に飲み始めたのが良かったのか、実際の仕上げが良好なのか・・・。ま〜、両方かな^^;。香ばしさ漂うコーヒー感とさり気なく支える自然なミルク感、また当然控えめな甘み、そこはかとなく違和感は漂わせつつも、何と言うか、エイっと多少強引でも勢いで押し通し正当化しちゃう感じで、妙に納得させられてしまいます^^。あの〜・・・、美味いと言うか上手い、う〜ん、巧いかな?。と言う事で、これという理由はありませんが、去年に引き続き今年も大いに缶コーヒーファンを楽しませてくれそうな予感がヒシヒシとする1本でした^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、砂糖、全粉乳、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
JANコード:4 514603 236712
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 超完熟

WONDA 超完熟

ちょうかんじゅく
長期熟成のあふれる甘み
WONDERFUL COFFEE
"超完熟豆ボイヤ"ブレンド
※超完熟豆ボイヤ51%使用
完熟を超えた超完熟
完熟コーヒーの実をそのまま樹の上で熟成させることによってたっぷりと甘みが詰まった超完熟のコーヒー豆「ボイヤ」ならではの、あふれる甘みと広がる香りをお楽しみください。
(100g当り)
エネルギー 30kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0.2~0.6g
炭水化物 6.4g
ナトリウム 46mg
看板に偽り無しの甘みとさわやかな酸味が印象的なコーヒー感を大黒柱に、その魅力を最大限に引き立てるよう綿密に仕上げられた逸品ですね。ただ、それ故、その独特なコーヒー感が好みの分かれ目となってしまうのは致し方ないかな~とは思いますが・・・、ま~、コーヒーそのものの味での好き嫌いだから全然OKでしょう!。対象が少ないのがなんですが、不愉快さは皆無、むしろ楽しい比較になると思います^^。え~、1本目は置いておいて・・・、2012年のWONDAついに開幕~!、2011年のチャンピオン今年も健在を示すに余りある傑作だと思いました^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 238518
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA プレミアムダブル

WONDA プレミアムダブル

こだわりのエスプレッソコーヒー
WONDERFUL COFFEE
PREMIUM DOUBLE
北海道産"特濃"の牛乳
こだわりのエスプレッソコーヒーと北海道産"特濃"の牛乳、2つのプレミアム素材により引き出された濃厚で贅沢な味わいをお楽しみください。
(100g当り)
エネルギー 54kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 1.2~1.7g
炭水化物 8.8g
ナトリウム 36mg
ちょっと前だとダイドーの“ラテ・バール マイルドコーヒー”。他、“ディープマスター”や“ダブルプレッソ”とほぼUCC勢により、絶えず絶滅の危機に瀕しながらも何とか生きながらえてきた、いわば濃厚カフェオレと言うジャンル・・・。でも、ここに来て、去年の缶コーヒーアンケートにて惜しくも1位こそ逃したものの2位3位フィニッシュを成し遂げた“BARISTA 濃厚カフェラテ”と“BARISTA キャラメルラテ”。今年になってまだ記憶に新しいキリンの“小岩井 濃厚カフェオレ”、そして今回のこちらと、にわかに脚光を浴び、盛り上がってきた感があって、影ながら応援してきたつもりの者としては感無量だったりします^^。・・・って、飲む前からこれじゃいけませんね〜・・・。ちょっと深呼吸・・・。では、冷静に試飲を始めさせていただきましょう^^。え〜、まずなによりガツンとくるのが、“特濃”牛乳の名に偽りなし!、基本牛乳の味わいを芯に持ちながら、濃厚なクリーム感もあり、コク深さもある迫力満点のミルク感!!。続いて、その衝撃的なミルク感に隠れがちなものの、実はしっかりと対抗しうる濃厚な苦味を持つコーヒー感。そして、どっしりと土台を固め、両者を固く結びつけるこれまた濃厚な甘み。濃厚カフェオレマニア垂涎、いやらしいくらい好き者のツボを突きまくる1本にきちんと仕上げてきていて小憎らし・・・、いやいや、期待通りの逸品です^^。既に相当お世話になっている“小岩井 濃厚カフェオレ”や、自販機で意外によく見る“BARISTA 濃厚カフェラテ”、そしてそこに今回のこちらが加わってより万全磐石!、まだ当分の間愉しめそうでなによりです。蛇足かもしれませんが、なんかこうね、缶コーヒーマニアやってて本当に良かった〜って、もっと言っちゃうと、生きてて良かった〜なんてさえ思ってたりもしていますよ、決して大げさではなく、はい^^。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:3.2%
乳脂肪分:1.2%
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、セルロース
内容量:190g
JANコード:4 514603 241518
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA モーニングショットブラック ボトル缶400g

WONDA モーニングショットブラック ボトル缶400g

再栓後は漏れないようしっかりお閉めください。
振らずに傾けないでお開けください。
開閉時の液だれや、キャップの切り口でのけがにご注意ください。
WONDERFUL COFFEE
Morning Shot
Black
Morning Shot Black : 100% fresh beans make a unique flavor.
COLD STYLE
目覚めの香り、雑味なし。
無糖・ブラック / 朝専用
目覚めの香り、広がるコーヒー感。おいしさが飲み終わるまで続く、朝専用ブラックコーヒー。
振らずに傾けないでお開けください。品質保持のため窒素充填していますので、中味がふき出すことがあります。
容器のまま温めないでください。
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.4〜0.9g
ナトリウム 13〜23mg
糖類 0g
あれ、前作無いよ〜って思ったら、ホット版のみだったんですね〜。う〜ん、満を持してココールド版もって感じかな、ボディーショット止めて・・・。と、ま〜変な妄想はこの位にして^^;、早速飲み始めましょう。え〜と・・・、端的に言ってしまうと、安心・安定の香料・乳化剤入りブラックボトル缶コーヒーって感じかな〜。よくよくじっくりと比べてみれば、あっちが薄いとか濃いとか、コーヒー感が云々とかあるんでしょうけど・・・。結局伝わってくるのは、元祖のあれの与えたインパクトの凄さ・・・、間違いなく否定するでしょうけどね、やはり強烈に意識している、と言うか猛烈に研究したんでしょうって事だけなんです。良いとか悪いとかでは無く、あらためて、今でも強い影響を与え続けているんだな〜と^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、脱脂粉乳、香料、乳化剤
内容量:400g
JANコード:4 514603 236415
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ゼロマックスプレミアム

WONDA ゼロマックスプレミアム

WONDERFUL COFFEE
ZEROMAX
Premium
糖類ゼロ
スマートな大人の選択
厳選高級豆ブレンドの豊かなコクを糖類ゼロで楽しむプレミアム缶コーヒー。これがスマートな大人の選択です。
※栄養表示基準に基づき、糖類0.5g(100ml)未満を糖類0(ゼロ)としています。
(100g当り)
エネルギー 6〜12kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0g
炭水化物 0.8〜1.4g
ナトリウム 42mg
糖類 0g
糖類ゼロの元祖的存在が着々と代を重ねて、おそらく9代目!。続々と販売される同ジャンル新製品をものともせず、今だ代名詞的商品として君臨しているのは素直に凄いと思います!。それでは、前置きはこの位にして、前作と飲み比べてみることにしましょう。え〜と、心なしか、コーヒー感ミルク感共にすっきり方向へ振られた印象をうけますね〜。結果、元々このジャンルとしては異例だった自然さが、より増しているような気がします。でも、ま〜やはり微調整の範疇でしょう・・・。あの〜、既に奇跡的と言っても過言じゃないバランスの上で成り立ってるような感じですからね、最早大幅な変更は不可能・・・。と言うかもうね、こう言っちゃうと身も蓋もないんですけど・・・、最早行き着くところまで行ってしまった、このジャンルの完成形でしょう、これは。嫌味でも何でもなく、よくぞココまで辿り着きましたね〜って素直に感心しています^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、脱脂粉乳、乳たんぱく質、全粉乳、加工クリーム、乳化剤、香料、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
JANコード:4 514603 243819
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 特製カフェオレ

WONDA 特製カフェオレ

WONDERFUL COFFEE
大切にしたのは素材と鮮度
挽きたてドリップコーヒーを良質な牛乳とこだわりの乳素材で仕上げた“特製”のカフェオレです。
鮮度を大切にしたこだわりの製法で仕上げ、丁寧に詰め込みました。素材のおいしさをお楽しみください。
(100g当り)
エネルギー 44kcal
たんぱく質 0.7〜1.2g
脂質 0.5〜1.0g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 30〜52mg
前作登録時も書きましたが、意外や意外、これで3代目になるんですね〜!。もう、WONDAカフェオレの定番商品といって良さそうな気がしますよ^^。え〜、それでは前置きはこの位にして前作と飲み比べてみましょうね。エグ味というか渋味というか、前作でちょっとどうなの?って思った点が払拭され、よりスタンダードなカフェオレへと近付いた感じです。反面、個性が失われてしまったと言えなくもないんですけど・・・、定番品として位置付けるならばやはりこれで正解だと思います^^。結果として、他社製で申し訳ありませんが、サントリーのBOSS カフェオレのような、何時でも何処でも安心しきって選べる大定番商品になりそうな予感がヒシヒシとしますし、実際そうなるでしょう、近々きっと^^。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、ローストミルク、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 244311
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA オン・ザ・ロック

WONDA オン・ザ・ロック

PREMIUM
WONDERFUL COFFEE
深いコク、冷たい贅沢
ON THE ROCK
FIT FOR
ICE-COLD
アイス用
高級豆キリマンジャロブレンド
高級豆キリマンジャロをブレンドすることで実現した、喫茶店で飲むアイスコーヒーのようなコク深い贅沢な味わいをお楽しみください。
【ブラック 加糖】
(100g当り)
エネルギー 27kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 6.6g
ナトリウム 19〜29mg
糖類 5.9g
特にニュースリリースもせず、4月17日にひっそりと新発売されていたのもむべなるかな・・・。飲んでみたところ、これは全てにおいて前作と同じ・・・、と言うか全くの同一品だと思います。あの~正直ですね・・・、今回登録したのもなんら確証は無く、ここで新たに自販機に入ったのは、おそらく昨日発売のものでしょうと予想に基づいて載せていたりするんです^^;。と言うことで、もし間違っていたときは・・・、なにとぞ寛大なお心でお許しいただければと思ってます^^;。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖
内容量:190g
JANコード:4 514603 195613
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 金の微糖

WONDA 金の微糖

GOLD PREMIUM COFFEE
CAFÉS DO BRASIL
CECAFE 認証(コーヒー生豆輸出業者評議会)
WONDERFUL COFFEE
GOLD
GOLD Is A Premium Coffee With A Radiant-like Beauty Perfected With Premium Beans.
ブラジル最高等級高級豆ブレンド
ブラジル最高等級高級豆を中心にブレンドし、磨き抜いた純水にてドリップすることで実現したまろやかでコクのある豊潤な味わいをお楽しみください。
糖類75%カット※
※コーヒー飲料等通常品の糖類含有量 7.5g / 100mlと比較
(100g当り)
エネルギー 16kcal
たんぱく質 0.4〜0.9g
脂質 0.4〜0.6g
炭水化物 2.2g
ナトリウム 41mg
糖類 1.8g
早速前作と飲み比べてみました。元々、甘味料入り微糖缶コーヒーの中では既に頂点級で、最早完成形じゃないのかな〜なんて思っていたのですが・・・。より自然になったコーヒー感、スッキリ全体に馴染むミルク感、そして、さらにと言うか、むしろ無くなったと言って過言じゃない特有のエグ味やいがらっぽさ等々・・・。まだまだ余地があったのね〜って感じ、いずれも僅かな差ながら、確実に磨き上げてきてるんですよ、これが!。ま〜、正直このジャンルはまだまだ酷いものの方が多数ではありますけれど・・・、間違い無く今までの基準では語れない・・・、この際大きく出ますよ!、後年思い返した時、甘味料入り微糖缶コーヒーが新時代に突入したのは2012年だったよね〜と言う、歴史的な年なるんだと確信しています^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
JANコード:4 514603 242614
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ワンダの牛乳割り

ワンダの牛乳割り

ICE LATTE
WONDERFUL COFFEE
コク深いコーヒーを、5℃以下のタンクで冷却した冷たい牛乳で割りました。
Fit for ICE-COLD
アイス用
低糖仕上げ
糖類37%カット
コク深いコーヒーを冷たい牛乳で割り、さらに甘さ控えめの低糖で仕上げました。冷たく、程よい甘さでコクとまろやかさを味わえるアイスラテです。
コーヒー飲料等通常品の糖類含有量7.5g/100mlと比較
容器のまま温めないでください。
(100g当り)
エネルギー 32kcal
たんぱく質 0.7〜1.2g
脂質 0.6〜1.1g
炭水化物 5.3g
ナトリウム 46mg
糖類 4.5g
残念ながら前作を見付けることが出来なかったので、記憶を辿りつつ、また新たな気持ちでいただいてみますよ。え〜と、前作からサラッと系のカフェオレと言う部分は踏襲しつつ、若干甘みが増し、ミルク感、特にバターミルク感が若干濃厚方面に寄ったことによって、実際の変更以上に変わった印象を強く受けます。数多ある味わい、いわゆる普通のカフェオレ的でもあるし個性的でもあるし、そこいら中にありそうで実はないし、また、手放しでお勧めしようとして直前に思いとどまる感じだしetc、以下永遠にループのため略・・・、何とも不思議な感覚に陥る1本に仕上がっています^^;。・・・うん?、何だかダメみたいな流れになってますけど、そんな事全然ありませんからね!。むしろ良質な方ですから、好きですよ、はい^^。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、カフェインレスコーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、クリーム、バターミルク(濃縮)、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa
内容量:190g
JANコード:4 514603 246810
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ザ・ワールドクラス

WONDA ザ・ワールドクラス

IT'S A WONDERFUL
WONDERFUL COFFEE
THE WORLD CLASS
世界のおいしさ、いいとこ取り
「味豆」×「香り豆」
特長あるコーヒー豆を世界中から厳選しました。世界のおいしさがまざり合う、いいとこ取りのコーヒーです。
世界のコーヒー生産量上位国のコーヒー豆を中心にブレンド。コーヒー豆の選定において“ワールドクラス”の缶コーヒーです。
(100g当り)
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.5〜0.9g
脂質 0.3〜0.6g
炭水化物 6.8g
ナトリウム 48mg
柔らかな苦味、優しい酸味、そして自然な甘味が穏やかに調和するコーヒー感、ゆったりとしった甘み、控えめかつ味わい深いミルク感等々、ま〜、取り立てて特長がなく平坦と言ってしまえばその通りなんですけどね〜、なんかこう、心底信用して委ねられる安心感があるんですよ!、うん、そう、もしくは信頼感!、日々淡々と付き合っていく缶コーヒーに最も重要な要素、“美味すぎない”をほぼ完璧に体現したものでしょう、これは!!。う〜・・・、まだ全然この良さを表現できてない・・・。え〜、ここ数年で一気に印象の変わったWONDAの良さの全てが凝縮された感じ、もしくは、その良質さが確たる形に仕上がった感じ、えいっ!、大げさかもしれないけど、WONDAの一つの頂点に達した感じ・・・、う〜ん、もう、いくら言葉を重ねても物足りない感覚しか残りませんね〜、潔くこれ以上は諦めますが・・・、あらためて自分の表現力の無さに辟易し、それはもう深く深く落ち込んでますよ、ええ、この後深酒だ〜・・・^^;。って、閑話休題、え〜もう、とにもかくにも、あらゆる意味で現在のWONDAを・・・、いや、缶コーヒーを代表する1本なのは間違い無いと思います!!。蛇足かもしれませんが・・・、なんかですね、缶コーヒーもついにココまで辿り着いたか〜って、終始感慨も一入でした、これだけは、嘘偽りなく申し上げます^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 238211
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA オン・ザ・ロック エクストラロック

WONDA オン・ザ・ロック エクストラロック

WONDERFUL COFFEE
EXTRA
ROCK
ON THE ROCK
ダブルエスプレッソブレンド
加糖ブラック
アイス用【コーヒー】
厳選高級豆をブレンドし、深煎りでドリップ。ダブルのエスプレッソコーヒーを加えた、香り高くコク深い味わいが楽しめる贅沢なアイスコーヒーです。
(100g当り)
エネルギー 26kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 6.2g
ナトリウム 27mg
糖類 5.7g
え〜と、基本は去年発売された“WONDA オン・ザ・ロック アイスエスプレッソ”じゃないかな〜?。よく飲んだから間違い無いと思うんだけど・・・。う〜ん・・・、いいや、無理矢理そうだと仮定してお話進めさせていただいちゃいましょう^^;。え〜、そのアイスエスプレッソでも言わばコンセプトを突き詰めた感があったのにも係わらず、今回さらに洗練し一歩進めた感じがもうね、さらに進化の余地を捻り出す・・・、いやいやいや、これは表現が違いますね・・・、あの、決して進化を諦めず止めない姿勢にもう心底驚くと共に感服しきりでした^^。ま〜、実際に比較できでいないため断言は出来ないんですけどね、うん、でも、さすが前年の缶コーヒー国民投票NO.1のアサヒ飲料!!、その勢いはまだまだ健在だとあらためて実感いたしました^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、香料
内容量:190g
JANコード:4 514603 248012
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 白×黒 -100%エスプレッソ-

WONDA 白×黒 -100%エスプレッソ-

甘くないエスプレッソ
WONDERFUL COFFEE
MILK with ESPRESSO
100% ESPRESSO
ワンダ シロクロ
深煎りエスプレッソ(黒)にミルク(白)。あえて砂糖を使用せず、コーヒーのおいしさを引き立てました。コク深く、後味のよい100%エスプレッソです。
(100g当り)
エネルギー 17kcal
たんぱく質 0.7〜1.1g
脂質 0.4〜0.9g
炭水化物 1.4〜2.5g
ナトリウム 39mg
ショ糖 0g
細々ながらも意外に名作揃いな、コーヒー+ミルク、砂糖無しの新製品ですね〜。実はこのジャンルにおけるアサヒ飲料さん結構歴史が深くて、WONDA ストレートカフェ、またその後継のWONDA ストレートと続けていたことがあるんです、はい、特に後者は個人的には歴史に残る名作だったと記憶しています^^。・・・でも、現状のこのジャンルを見てもやはりというか・・・、それほど売れなかったのかいつの間にやら途絶えてしまい、その存在すら忘れてしまうほど月日が流れ、今に至る訳なんです・・・。しかし!、ついに満を持して!・・・かな〜?、いずれにしても、それらのデザインを一部踏襲しているところから察するに、今度こその雪辱を期しての発売なんだと推測しちゃうんですよね、勝手ながらファン残党としてはどうしても・・・^^;。え〜、その思い入れの深さ故ダラダラと前置きが長くなってしまった件を深くお詫びしつつ、また、少し気持ちを落ち着かせつつ・・・、でも、何時まで経ってもドキドキが止まらぬなか試飲を開始しちゃいます!。う〜ん、思い出は美化される・・・かな〜?。それとも実際に・・・、コーヒーからコーヒー飲料への変更にヒントが隠されていたりするのかな〜?。う〜ん、あの・・・、これをなにも踏襲していない新製品と考えれば、丸い苦みのコーヒー感とすっきりしたミルクのシンプルな味わい、いつまででも飲み続けていられそうな、また何と合わせてもケンカしない程よい飲み口、何か突出した点が無いのが美点の良作と言った感想に躊躇なくなるんですけどね・・・。う〜ん、年寄りの戯言じみた昔話はこの位にしておきましょう、全く無益、みっともないだけですから・・・^^;。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa
内容量:185g
JANコード:4 514603 250411
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ブラックワンダ

WONDA ブラックワンダ

100%drip, premium beans, roasted with charcoal fire Premium Black Coffee, with a full body and rich taste
深いコク、豊潤な旨み
WONDERFUL COFFEE
BLACK
PREMIUM
100%ドリップ・高級豆使用・炭焼焙煎
炭焼きした厳選高級豆をブレンドし、じっくり丁寧に100%ドリップ。深いコクと豊潤な旨みのプレミアムブラックコーヒーです。
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.3〜0.7g
ナトリウム 7〜17mg
糖類 0g
え〜、それでは早速、前作と飲み比べて見ようと思います。え〜と、結論から言うと、基本的な部分は非常に似通った印象、その中で、若干今回の方が苦味寄りになり、コーヒー感が増した様に思える・・・、う〜ん、あくまで思えるって感じかな〜?。あの〜、この感覚は前作でもありましたね〜。着実に進化はしてそうなんだけど、どこが?と言われると口籠もっちゃうし、当然確証もなくの為体・・・。と言う事で、今回もまた静かに消え入るように・・・お終い^^;。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:185g
JANコード:4 514603 250213
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA デラックス1(190g缶)

excellent

WONDA デラックス1(190g缶)

濃厚、デラックスな1本。
WONDERFUL COFFEE
DELUXE 1
深いコクのエスプレッソ
牛乳使用量2倍※
ワンダ デラックスワン
深いコクのエスプレッソコーヒーと牛乳使用量2倍(※)による、濃厚でデラックスな飲み応えの1本です。
※当社製品(ワンダ特製カフェオレ)100g当りでの比較
(100g当り)
エネルギー 54kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 1.4g
炭水化物 8.9g
ナトリウム 42mg
余計な邪魔立て無し、濃厚なミルク感とコーヒー感圧巻のガチンコ勝負!。満を持しての雰囲気、また微かな余裕まで漂わせ、ついにWONDAも極少数精鋭揃いのこのジャンルへ殴り込みです!!。当然のように結果も上々!、間違い無く、キラ星の如く輝く先達に負けるとも劣らない力作で、最早グーの音も出ません、唯々凄いです^^;。しかし、何だか感慨深い・・・。缶コーヒーの分野では、本当ついこの間までいかにも中堅と言った感じを漂わせていたのにね。実際の数字は分からないものの、ついにと言うか、今やもう名実共に上り詰めたんじゃないですか〜?と考えるのは決して私だけではないはず。うん、ま〜、まだだとしてもね、そう、多くの方々がまさかと思った、あの巨大な敵を相手に勢力図をひっくり返してしまったビール業界の再現は時間の問題、極めて近いと思っています^^。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分 3.2%
乳脂肪分 1.1%
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、セルロース
内容量:190g
JANコード:4 514603 255317
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA デラックス1(170g缶)

WONDA デラックス1(170g缶)

濃厚、デラックスな1本。
WONDERFUL COFFEE
DELUXE 1
深いコクのエスプレッソ
牛乳使用量2倍※
ワンダ デラックスワン
深いコクのエスプレッソコーヒーと牛乳使用量2倍(※)による、濃厚でデラックスな飲み応えの1本です。
※当社製品(ワンダ特製カフェオレ)100g当りでの比較
(100g当り)
エネルギー 54kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 1.4g
炭水化物 8.9g
ナトリウム 42mg
170g缶は自販機向けかな?。ちなみに190g缶が130円、こちらが110円でした。中味に関してましてはですね、う〜ん、あくまで190g缶比ですが若干スッキリさっぱりした飲み口かな〜って感じ、で、あの、何故かこちらの方がより強くプレミアムダブルを想起させられる様に思いました。と言う事で、今回の2本ではさらに上へ、より濃厚になったように思える190g缶に軍配かな〜。でも、ま〜、言っても基本は同じでしょうからね、たまたまこの2本の違いがそうだっただけで、逆のパターンも十分考えられます^^;。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分 3.2%
乳脂肪分 1.1%
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、セルロース
内容量:170g
製造所所在地:群馬県邑楽郡明和町矢島 1230
製造者:株式会社日本キャンパック 群馬工場
JANコード:4 514603 255416
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA モーニングショット

WONDA モーニングショット

THE START OF A GREAT DAY
WONDERFUL COFFEE
Morning Shot
Morning Shot:100% fresh Arabica beans make a unique flavor.
10th ANNIVERSARY
スッと飲めて、キリッと苦味。
朝専用
いつまでも、これからも。おはようございます。
いい1日のスタートがきれますように。今日もがんばっていきましょう
モーニングショット発売10周年
スペシャルサイト!
http:// wonda.jp/2012
読み取れない場合はアドレスを直接入力してください。開設期間:2012年12月27日迄
ワンダHP http://wonda.jp
(100g当り)
エネルギー 33kcal
たんぱく質 0.5〜0.9g
脂質 0.3〜0.6g
炭水化物 6.6g
ナトリウム 40mg
え〜、前作とこれと、10年先のモーニングショットと言う下記WONDA モーニングXをどうやって比較試飲しようかな〜って。これはもうね、3本一遍に飲んでみるのが一番楽しかろうと、勝手な思い込みで始めてみましたが・・・。明らかにモーニングXは異質でしたので、後ほどこれと比較して語りたいと思います^^;。え〜、それではあらためて。慣れ親しんだコーヒー感に若干丸みを与え、ミルク感をもう少し前面に立たせた感じかな〜?。ま〜、言っても僅かな差なんですよ、実際はね、でも何故かガラッと変わった印象が湧いてきて何か腑に落ちない・・・。う〜ん、本当、全体の雰囲気こそなにも変わらない、今まで通りのモーニングショットそのものなんですけどね、反面?、よりまろやかに、また、喉越しスムーズになった感覚も確かに共存しているんですよ。ま〜、強引にまとめちゃうと・・・、印象は変えずに方向を変えていく巧みの技なんでしょうね、アサヒ飲料もついにこの領域へ!!と言う事なんだと思います^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 229813
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA モーニングX

WONDA モーニングX

期間限定
WONDERFUL COFFEE
Morning X
10年先のモーニングショット
10th ANNIVERSARY
ワンダ モーニングエックス
朝専用
モーニングショット発売10周年記念。
これからの10年も皆様の朝を応援したいという想いで10年先のモーニングショットの味わいを想像してつくりました。明るい未来に思いを巡らせお楽しみください。
モーニングショット発売10周年
スペシャルサイト!
http:// wonda.jp/2012
読み取れない場合はアドレスを直接入力してください。開設期間:2012年12月27日迄
ワンダHP http://wonda.jp
(100g当り)
エネルギー 30kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0.3〜0.5g
炭水化物 5.9g
ナトリウム 44mg
と言う事で、あらためて興味津々、モーニングXの試飲へと進みましょう!!。はいはい、なるほど、河原の石よろしく、10年かけて少しずつ角を落としていったらこうなる感じでしょうね〜、なんか分かる気がするな〜。はい、直接今のと比べればその差歴然!、今や伝統のモーニングショット風味は微かに残しつつ、スッキリ丸みを帯びた味わいへ激変を遂げたと言って過言ではないと思います^^。でも一方、10年というと10代先かな?、あの、それぞれ飲み比べていった10年先には、「安心の1本!、昔から変わらぬ味です!」なんてしれっと書いている気もするんですよね〜・・・、いや、間違い無く。う〜ん、伝言ゲームみたいなもの?、分からないけど^^;。あの、そう考えると、さらに長きに渡って変わらず歴史を重ねてきたと思い込んでいるポッカのオリジナルやダイドーのブレンドコーヒー、また、UCCのミルクコーヒーなんかも、当時と比べれば意外と大きく変わっているのかもしれませんね^^。うん、きっとそうだよ、全く変わらないのが素晴らしいのではなく、人知れず時代に合わせて変えていくと言うのが長寿の秘訣って気がしますもんね!?。あらためて、単純そうで奥が深い深い・・・、底なし沼でしたよ、この趣味は^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 253818
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 特製カフェオレ

WONDA 特製カフェオレ

牛乳のおいしさが活きたカフェオレ
WONDERFUL COFFEE
挽きたてコーヒーに厳選牛乳とミルクソースをブレンド。牛乳のおいしさが活きたコク深い味わいが毎日の元気にぴったりな“特製”のカフェオレです。
(100g当り)
エネルギー 44kcal
たんぱく質 0.7〜1.2g
脂質 0.6〜1.0g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 39mg
早速、準備万端用意してあった前作と飲み比べてみました。え〜、今作で新たに加わったミルクソースというのがミソかな?、ミルク感が濃厚よりになり、それによってコーヒー感が弱まったように感じます。でも、元々結構独特のコーヒー感でしたからね、代を重ねて4代目、スタンダードなカフェオレへと向かう今の道程は正道なんじゃないかな〜?って思います。前作でも書きましたが、サントリーのBOSS カフェオレの様な、当たり前のようにそこにあり続けてくれる大定番商品へ、明確に狙いを定めたと言う事でしょうからね。はい、で、現状最も勢いがあるように見えるアサヒ飲料さんなら、そう遠くない未来にしれっと実現していることでしょう、きっと^^。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、ミルクソース、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 250718
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 朝のカフェオレ

WONDA 朝のカフェオレ

THE START OF A GREAT DAY
WONDERFUL COFFEE
Cafe au lait with the flavor and aroma for the start of every morning.
北海道産生クリーム使用
広がる香り、まろやかなコク。
朝専用カフェオレ
“焼きたて・挽きたて・淹れたて”の目覚めるおいしさ。北海道産生クリームで仕上げた、毎朝のスタートにふさわしいカフェオレです。
(100g当り)
エネルギー 42kcal
たんぱく質 0.7〜1.1g
脂質 0.5〜0.9g
炭水化物 8.1g
ナトリウム 40mg
若干目立ち気味だったバターミルクが後退したかな?。え〜、基本的な味わいは前作を踏襲しつつも、より滑らか、かつ、ちょっとだけ濃いめになった気がするクリーム感により、実際の変化以上に、数段魅力が高まったように感じます^^。・・・でも、冷静に振り返ってみるとほとんど変わっていない気も・・・。うん?、もしかして・・・?。“北海道産生クリーム”の前面記載によるプラシーボ効果疑惑が急浮上ですよ・・・。はい、きっとそうです。あっさり前言撤回いたします^^;。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、クリーム、ローストミルク、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 255713
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 金の微糖

WONDA 金の微糖

Premium Beans
WONDERFUL COFFEE
GOLD
GOLD Is A Premium Coffee With A Radiant-like Beauty Perfected With Premium Beans.
ブラジル最高等級豆ブレンド
GOLD PREMIUM COFFEE
CAFÉS DO BRASIL
CECAFE 認証(コーヒー生豆輸出業者評議会)
ブラジル輸出規格品における最高等級高級豆を中心にブレンド。コクがあり、まろやかで豊潤な味わいのプレミアムコーヒーです。
(100g当り)
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0.3〜0.6g
炭水化物 2.9g
ナトリウム 39mg
糖類 2.3g
え~、缶コーヒーマニア内に登録したものだけでもいつの間にやら9本目!。もう、完全にモーニングショットと並ぶ看板商品になりましたね~!。好き嫌いは別としても、毎年新しくなっていくという事から得られる安心感って、他ではなかなかない美点、正にブランドだと思ってます^^。それでは、前置きはこの位にして、前作との飲み比べといきましょう。基本的味わいは、最初期から幾度もの改良を経て、甘味料入り微糖缶コーヒーの頂点グループに達したと思われる前作を踏襲しているんですが、飲み比べてみて何とか分かる程度ながらも、さらに違和感を減少させていることに気付きます。ま~、正直、今やこれ以上に違和感のないもの、う~ん、言っちゃうと一段飛び級しちゃったこの上のグループが出来てしまったんですけどね・・・。それでも、毎回コツコツ少しずつ積み重ね、確実に進化し続けていくその姿勢は本当に素晴らしく、心から信用できるところだな~って毎回感じています。うん、そう、微糖缶コーヒー数あれど、「かけらも迷わずこれなんだよ!」ってぶれないファンの方々が多いんでしょうね、きっと^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
JANコード:4 514603 252712
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ゼロマックス

WONDA ゼロマックス プレミアム

WONDERFUL COFFEE
ZEROMAX
糖類0ゼロ
スマートな毎日に、糖類ゼロを。
PREMIUM
あなたのスマートな毎日に、糖類ゼロを。
厳選高級豆ブレンドの豊かなコクを糖類ゼロで楽しむプレミアム缶コーヒーです。
(100g当り)
エネルギー 9kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0g
炭水化物 0.8〜1.4g
ナトリウム 38mg
糖類 0g
え〜と、一つ前に登録した金の微糖でも書きましたが、好き嫌いは別として、少なくとも毎年必ず改良してくれる信頼感は、なにものにも代え難い魅力だと思うんですよね。あの、本当に一回一回の変化はほんの微々たるものなんです、でも、茨の道を乗り越え、着実に重ねてきた何かが、ハッキリとした形ではないけど確実に反映されていると思うんですよ。そして今回の前作からの僅かな改良点は、糖類ゼロ特有のいがらっぽい苦みが若干減少し、ミルク感が少し自然になったとこ。結果として・・・、あの、正直当初はどうやってもこれはダメでしょって思った糖類ゼロが、ついにここまで辿り着いたんだと感慨深かく、何だかしんみりと感傷に浸ってしまうほどの成長を遂げていたんですから!、コレが興奮せずに居られますかと言うことなんですよ^^;。ちょっと振り子を戻しますが・・・、個人的体質故か後にお腹がちょっと・・・となってしまうのと、さすがに缶を空けてから時間が経つと加速度的にアラが顔を覗かせる点を除けば、最早違和感は感じ得ないと言って過言ではなく・・・。あの、もしこれがゼロマックスだと知らずに飲んだのならですよ、おそらく気付かないだろうな〜って、むしろそちらに確信を持ったりしている次第なんです^^;。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、脱脂粉乳、加工クリーム、全粉乳、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
JANコード:4 514603 252118
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA モーニングショット ホットブラック

WONDA モーニングショット ホットブラック

この商品は加温器販売が出来ます。振らずに傾けないでお開けください。
WONDERFUL COFFEE
再栓時は漏れないようしっかりお閉めください。
開閉時の液だれや、キャップの切り口でのけがにご注意ください。
目覚めの”赤い”ブラック
Morning Shot
Black
Morning Shot Black : 100% fresh beans make a unique flavor.
HOT BLEND
無糖・ブラック / 朝専用
加温時はヤケドにご注意ください。
振らずに傾けないでお開けください。品質保持のため窒素充填していますので、中味がふき出すことがあります。
香ばしく焼き上げた新豆100%。おいしさが飲み終わりまで続く、朝専用ブラックコーヒー。
ホット専用
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.4〜0.7g
ナトリウム 10~20mg
糖類 0g
正直、ちょっと意外な2代目登場でした^^;。でも、よく考えれば大看板を背負っているわけですからね~、「ダメでした」で済むわけもないのかな?。はい、それでは前置きはこのくらいにして、中味へと進みましょう。え~と、これは前作以上かな~?、う~ん、いわゆる一連の香料入りブラックボトル缶コーヒーなんですが、その、なんと言うか、サイボーグ感が飛び抜けて凄いですね!。しかし、このコーヒーキャンディーっぽさは、ホットだと良い感じになるんですかね~?。ま~、アイスで飲むなんて想定してないからの一言なんでしょうけど、本当に熱い状態では極度の猫舌故飲めないから分からないんですよ・・・^^;。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料、乳化剤
内容量:285g
JANコード:4 514603 250619
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 特製カフェオレ ホット ミルクブレンド

WONDA 特製カフェオレ ホット ミルクブレンド

この商品は加温器販売が出来ます。再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。
WONDERFUL COFFEE
振らずに傾けないでお開けください。
開閉時の液だれや、キャップの切り口でのけがにご注意ください。
とくせいカフェオレ
牛乳120%※のまろやか仕立て
HOT専用
加温時はヤケドにご注意ください。
振らずに傾けないでお開けください。品質保持のため窒素充填していますので、中味がふき出すことがあります。
※当社「ワンダ 特製カフェオレ缶190g」比
厳選牛乳を120%※使用し、こだわりのコーヒーとブレンドしたまろやかな味わいが、ココロとカラダをやさしく温めてくれるホット専用の“特製”カフェオレです。
(100g当り)
エネルギー 42kcal
たんぱく質 0.7〜1.1g
脂質 0.6~1.0g
炭水化物 7.9g
ナトリウム 40mg
パッケージの絵から受ける感じとはかなり掛け離れた、結構こってりとしたミルク感が印象的ですね~。え~、これがもう、”懐かしの”となってしまうところに、少なからずショックを受けたわけですが・・・、あの、WONDAが誇る名作ですね、WONDA ザ・カフェオレの再来?と、飲んでいる間中非常に強く想起されていました^^。すなわち、個人的好みのど真ん中!、本当に良いんです!。ただ・・・、唯一かつ最大の問題点がありまして、これが・・・。なにせ“ホット専用”ですからね~、当然のようにホット専用コーナーにしかないわけで・・・。極度の猫舌な私としては、迷惑この上ないとしか言えない状況が容易に予想され・・・。間違いなく名作なんだけど、あまりお付き合いすることはないかな~と思ったりもしました^^;。でも、よく考えると、ボトル缶のいわゆる普通のカフェオレって意外と盲点でしたね、サンガリアのこれくらい?、ありそうでなかなか思い浮かんできませんね。う~ん・・・、やっぱり、まとめて買って冷蔵庫に常備しておこうかな~^^;。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、ミルクソース、脱脂濃縮乳、デキストリン、クリーム、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:270g
JANコード:4 514603 251012
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA クリーミーラテ

WONDA クリーミーラテ

Creamy
Latte
WONDERFUL COFFEE
北海道産生クリーム仕立て
北海道産生クリーム仕立てのコク深いコーヒーで味わう、なめらかな口あたりと飲みごたえをたっぷりとお楽しみください。
(100g当り)
エネルギー 42kcal
たんぱく質 0.7〜1.2g
脂質 0.4~0.8g
炭水化物 8.2g
ナトリウム 39mg
おお〜!?。クリーミーと言うよりも、キャラメルっぽくさえ感じる、まるで主流に逆行する甘みが実に頼もしい限りですね〜!!。え〜と、WONDA ビッグと言うのが既にあるにはあるんだけど、ほとんど見かけないとこから想像するに、全くもって弱いと考えているんでしょうね、あの~、他社製で本当申し訳ないけど、某UCCのミルクコーヒーとか、某コカコーラのマックスコーヒーとか・・・、あの辺りを強く意識した・・・、と言うより、率直に“なりたい”1本なんだろうな~って受け取ってしまいました^^。あの、一応補足しておきますけどね・・・、コーヒー感やミルク感もあることはあるんですよ、ちゃんと・・・、いや、でもま〜おまけ程度かな、やっぱり^^;。とにもかくにも、なによりそのこってりとした甘さを存分に愉しむための1本だと思いました^^。以下、だからこその余談および願望を・・・。あの~、どうせなら・・・、ここを狙うなら、もっと極端に偏ったものをって飲みながら思ってしまったんですよね、うん、なんか中途半端・・・、もしくは、強い既視感・・・。えっ!、と思うものでもキッチリ続編を出してくれるアサヒ飲料さんなら・・・。重ねて、目下絶好調のWONDAなら少し余裕があるのではの望みを込めて・・・。大容量カフェオレは、上記WONDA 特製カフェオレ ホット ミルクブレンドに任せて、ここは一つ、次作はもっと極端に振り切ったもので是非!、何卒よろしくお願い申し上げます^^。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、クリーム、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa
内容量:280g
JANコード:4 514603 255218
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ワンダフルブレンド

WONDA ワンダフルブレンド

Asahi
RELAX AND ENJOY
RICH AROMA
SELECTED BEANS
GREAT TASTE
Wonda coffee with tasty aroma for refined adults
WONDA COFFEE
WONDERFUL BLEND
SINCE 1997
明日は、今日より、ワンダフル。
1997年の誕生から、缶コーヒー「ワンダ」は前向きな人々を応援し続けてきました。これからも、前向きに新しい一歩を踏み出していく人々とともに明るい明日に向かって歩んでいきたい。
「ワンダ」はここから始まった。「ワンダフルブレンド」復活。
(100g当り)
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0.4~0.6g
炭水化物 6.9g
ナトリウム 47mg
同名の商品は、缶コーヒーマニア解説当初に、非常にシンプルな感想とともに登録してありましたね~^^;。ま~、当然手元にあるはずもなく、また、たとえあっても、賞味期限切れ著しいので、あらためて新商品として試飲させていただきます。え~と、相反するようで見事に両立している、す~っと清涼感のある酸味によるすっきりとしたのど越しと、満足感のある味わい深さ。変に中毒性があるとかいうと語弊があるかな~?、何ともず~っと飲んでいたいと思えるコーヒー感が非常に印象的かつ魅力的です^^。また、そのコーヒー感を支えるためだけに陰ながら全力を尽くす、健気な甘みとミルク感も好印象。結果として、名実共に勢いのある現状WONDAラインアップの中にあっても、いきなりセンターの座に就いてしまったかのような、実に堂々たる存在感を放っています^^。・・・と、単体では文句なしの逸品なんですが・・・。正直、”復活”って言うより別物・・・、思い出は美化されるの真逆、う~ん、実際相当手を加えていますよね~?と、どうしても穿ってしまうんですよ^^;。あ~でも、レシピが同じだとして、その差がすなわち15年分の缶コーヒーの進化を図らずも示していると言うことなんでしょうね。うん、そうだそうだ、きっとそう言うことなんだと思うようにいたします^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、香料、カゼインNa、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 255199
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA きれいな微糖

WONDA きれいな微糖

Have a beautiful day
WONDERFUL COFFEE
一番ドリップ製法
Winter Special
WONDA PREMIUM COFFEE
冬季限定
高級豆キリマンジャロブレンド
豊かなコクと雑味のない繊細な味わい。
淹れはじめのドリップだけを使用する、一番ドリップ製法で仕上げました。
(100g当り)
エネルギー 17kcal
たんぱく質 0.5〜0.9g
脂質 0.4~0.7g
炭水化物 2.3g
ナトリウム 46mg
糖類 1.7g
現代の微糖缶コーヒーと比較すると、いわゆる甘味料入り微糖缶コーヒー感をあえて際立たせたように見えますね。最近その思いが強くなってきた、「実は甘味料感がある方がうける説」が実証されているようなのがなんともかんとも・・・^^;。あの、本当にこの缶コーヒーの胆はそこでして・・・、非常に安定感があって良質な、どっしりとしたコーヒー感とすっきりとしたミルク感のコントラスト、そこにですよ、これは暴挙と言っていいと思うのですが、むしろ積極的に甘味料感を散りばめたような味わいなんですよこれが、ええ・・・。でも、不思議と嫌じゃなく・・・、と言うより、「これはこれで良いかもね~」な~んて思いながら飲み干した自分が心底嫌で嫌で・・・^^;。ま~、単なる言い掛かりになってしまっているのでこの辺りで終わりにしようと思いますが・・・、うん?。あっ!、これって、WONDA 一番ドリップ微糖WONDA ご馳走ドリップ微糖の流れにある後継品じゃない?。うん、きっとそうだよね。もやもや解消~!、終始ぼんやりと浮かんでいたデジャブ感の正体が掴めて、なにはともあれ、めでたしめでたしの巻でした^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:190g
JANコード:4 514603 255911
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 大人ワンダ ザ・スタンダード

WONDA 大人ワンダ ザ・スタンダード

ESPRESSO
The Standard
力強く、やさしい。大人の愉しみ。
大人に大切な“テイスティ4”が詰まったこれぞ大人のスタンダードコーヒー。
【洗練】厳選コーヒー豆
【力強さ】100%エスプレッソ
【情熱】熱風焙煎
【やさしさ】すっきりとした甘さ
(100g当り)
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.6〜1.0g
脂質 0.4~0.6g
炭水化物 6.7g
ナトリウム 43mg
沢山の皆様に御投票いただいたアンケートにおいて、惜しくもV2は逃したものの堂々2位!、乗りに乗り続けているアサヒ飲料2013年の第一段ですね〜。弥が上にも期待が高まるってものです^^。それでは、参りましょう!。う〜ん、なんかもう、凄いね!。なんだろう、この異常なまでの完成品感は・・・^^。本当に“ザ・スタンダード”・・・、いや、ま〜現状とてもこれがスタンダードとは言えないのですけどね・・・、あの、本来この辺りがスタンダードであって欲しいと思える、ある意味もどかしい185gでしたよ^^;。どっしりとした苦みと軽やかな飲み口、また喉越し、相反するようで、なんら破綻のない一連の流れ。自らは全く主張することなく、主役を盛り立てる為だけに徹する砂糖とミルクの脇役振りも完璧!。本当、もうね、単純に唸っちゃいますよ!。これに“ザ・スタンダード”なんて名付ける、漲る自信と実力、歯軋りしながら見つめる方多数と推測しますが、いかがでしょう?。と言うか、酷だけどそうあって欲しいな〜と・・・。その道程は決して平坦ではないと思いますが、艱難辛苦乗り越え、この位が本当にスタンダードとなった先にあるであろう、新しい世界が見てみたい・・・。新年早々、そんな新たな希望やら憤怒やらなんやら様々掘り起こしてくれちゃった罪なヤツです^^;。もうね、感情の振り幅半端なく・・・、100万点なんだかマイナス100万点なんだか分からなくなってきたので、この辺でお開きとさせていただきますよ^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
JANコード:4 514603 258912
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 贅沢ダブル

WONDA 贅沢ダブル

SPECIAL RICH
特濃の味わい
WONDERFUL COFFEE
コク深いコーヒーと特濃の牛乳※
Asahi
エスプレッソをブレンドしたコク深いコーヒーと特濃の牛乳※の2つの贅沢素材で仕上げました。立地で贅沢な特濃の味わいをご堪能ください。
※「特濃の牛乳」とは無脂乳固形分8.5%以上及び乳脂肪分3.8%以上の牛乳のことです。
(100g当り)
エネルギー 54kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 1.4g
炭水化物 8.8g
ナトリウム 42mg
ファミリーマートで購入後缶を眺めていたところ、何となくWONDA デラックス1との類似性がありそうな気がしてきたので、急遽自販機へ行ってまいりました。はい、それでは、高まる期待を必死に抑えつつ、飲み比べてみることにいたしますよ~!!。はいはい、やはりこの2本は同一線上にある商品と言って良さそうですね。その上で、より特濃な牛乳の比率を増した感じが今回の贅沢ダブル、個人的好みから言ってしまえば、さらに数少ないこのジャンルの到達点へ限りなく近付いた1本だと思いましたね~、ほとんど文句なしの逸品です^^。ただ、基本的味わいが前作にあたると思われるデラックス1と同じせいか、はたまた総じてWONDAのレベルが高いせいか・・・、この位できて当たり前、普通でしょ~とも少なからず思ってしまったことも正直に記しておきますよ、ええ^^;。当然のようにアサヒ飲料さんにはなんら問題はなく、むしろ偉業だと言うことを大前提として・・・。もしこれが、駄目の山の中の1本だった場合と比べて、どちらがより感動するかな~?なんて分けの分からない思いを巡らせたりして・・・、もちろん結論なぞ生まれる分けもなく、まったくもって不毛な時間を費やしてしまいました・・・^^;。閑話休題。とかなんとか長々と書いてしまいましたが、実は単純明快、この贅沢ダブルに対する結論は一口目から一つしかないんです、鉄板と言うことですよ、それはもうね、ええ^^。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:3.3%
乳脂肪分:1.2%
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、セルロース
内容量:185g
JANコード:4 514603 266610
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ゼロマックス プレミアム

WONDA ゼロマックス プレミアム

WONDERFUL COFFEE
ZEROMAX
PREMIUM
糖類0ゼロ
スマートな毎日に、
糖類ゼロを。
WONDA PREMIUM BEANS
高級豆増量※
あなたのスマートな毎日に、糖類ゼロを。
※当社従来品比(10%増量)
厳選高級豆ブレンドの豊かなコクを糖類ゼロで楽しむプレミアム缶コーヒーです。
(100g当り)
エネルギー 10kcal
たんぱく質 0.3〜0.6g
脂質 0g
炭水化物 0.8〜1.5g
ナトリウム 41mg
糖類 0g
把握しているだけでも、なんと11代目の本作!。初期に漂っていたキワもの臭は完全に薄れ、今や完全にWONDAの中核をなす商品の1本になりましたね!。好き嫌いは別として、改良を加え続けるこの姿勢には、本当に信頼がおけます^^。それでは、前置きはほどほどにして、早速前作と飲み比べてみましょう。え~と、最早、ゼロマックス独自のものと言って差支えない味わいはそのままに、能書き通り豆増量でコーヒー感をさらにアップした感じですね~、また一歩、着実に進化を遂げているのが分かります^^。しかし、この調子でいくと、いわゆるスタンダードな缶コーヒーに手が届く、さらには越えてしまう日も近いんじゃないかな~!?って思いますね、わりと真剣に。ただ、こう進化をリアルタイムに体感できるのはとても楽しいことなんですが、ちょっと怖くもあるんですよ・・・。考え過ぎでしょうけどね、いつの日か糖類ゼロとか甘味料入り微糖だけになってしまったら・・・、未だ解決しない、必ず後に訪れるお腹の問題が重くのしかかるんですよ、はい・・・^^;。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、脱脂粉乳、加工クリーム、全粉乳、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK、ステビア、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
JANコード:4 514603 261516
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 大人ワンダ ザ・ブラック

WONDA 大人ワンダ ザ・ブラック

ESPRESSO
振らずに
傾けないでお開けください。
再栓後は漏れないよう、しっかりお閉めください。
開閉時の液だれや、キャップの切り口でのけがにご注意ください。
ブラックエスプレッソブレンド
THE BLACK
Espresso Blend
力強く華やかな、大人のブラック
無糖・ブラック
大人に大切な“テイスティ4”が詰まった大人が愉しむブラックコーヒー。
【洗練】厳選高級豆ブレンド
【力強さ】エスプレッソブレンド
【情熱】熱風焙煎
【やさしさ】包み込む香り
HOT & COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
・加温時はヤケドにご注意ください。
・コーヒーの成分が浮遊または沈殿する場合がありますが、品質には問題りません・振らずに傾けないでお開けください。品質保持のため窒素充填していますので、中味がふき出すことがあります。
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.4〜0.7g
ナトリウム 12~22mg
糖類 0g
堂々WONDAを代表する良作だったザ・スタンダードに続いての大人WONDA2作目!。その、スタンダードが良かっただけに、非常に期待が高まりますね~。はい、それでは参りましょう。え〜と、所謂、香料入りブラックボトル缶コーヒー一派の味わいと言ってしまえばそうなんですが、さすが後発と言うか、あの〜、誤解を恐れず言ってしまうと、意外にリアルじゃない、これ?、なんて結構すんなりと思い込ませてしまう、妙な説得力があると感じましたね〜。・・・でも、そこまでかな・・・。ある意味大人なんでしょうか、結局、どこまでいっても“風”から逸脱することはありませんでしたから・・・。以下、単なる一マニアの妄想ですが・・・。大人を標榜しつつも実は別方向、そこはかとなくこのジャンルの革命児、I社Tへの強い意識が感じられるのですが・・・。でもこう、非常に良くまとまっていると言う、大人の仕上げじゃ到底届かないと思いますよ、恐れず思い切って突き抜けないと、あの景色は見えてこないと思います・・・、ま~、あくまで妄想ですけどね^^;。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料、乳化剤
内容量:400g
JANコード:4 514603 260519
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 大島優子1

WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 大島優子1

牛乳のおいしさが活きたカフェオレ
Asahi
とくせいカフェオレ
WONDERFUL COFFEE
AKB48
©AKS
Yuko Oshima
限定デザイン缶
Special Design
(100g当り)
エネルギー 44kcal
たんぱく質 0.7~1.2g
脂質 0.6~1.0g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 39mg
とりあえず10種類、ちょっとだけ早く入手することができましたので、早速、準備万端用意してある前作と飲み比べてみたいと思います^^。あ~、はい、基本的には・・・、いや、おそらく中味は同一でしょう。とても標準的なカフェオレ、そのデザインは置いといて・・・、引き続き安心しきって購入できる1本だと思います^^。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、ミルクソース、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 266917
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 柏木由紀1

WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 柏木由紀1

牛乳のおいしさが活きたカフェオレ
Asahi
とくせいカフェオレ
WONDERFUL COFFEE
AKB48
©AKS
Yuki Kashiwagi
限定デザイン缶
Special Design
(100g当り)
エネルギー 44kcal
たんぱく質 0.7~1.2g
脂質 0.6~1.0g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 39mg
さて、どんどん行きましょう!!。・・・はい、やはり当然のように前作と同じですので、感想は割愛させていただきます。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、ミルクソース、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 266917
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 加藤玲奈1

WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 加藤玲奈1

牛乳のおいしさが活きたカフェオレ
Asahi
とくせいカフェオレ
WONDERFUL COFFEE
AKB48
©AKS
Rena Kato
限定デザイン缶
Special Design
(100g当り)
エネルギー 44kcal
たんぱく質 0.7~1.2g
脂質 0.6~1.0g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 39mg
ちゃっちゃとまいります。・・・が、やはりこちらも前作と同じですので、感想は割愛させていただきます。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、ミルクソース、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 266917
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 川栄李奈1

WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 川栄李奈1

牛乳のおいしさが活きたカフェオレ
Asahi
とくせいカフェオレ
WONDERFUL COFFEE
AKB48
©AKS
Rina Kawaei
限定デザイン缶
Special Design
(100g当り)
エネルギー 44kcal
たんぱく質 0.7~1.2g
脂質 0.6~1.0g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 39mg
しかしこれ、揃えるの難航するでしょうね~・・・。恥ずかしながら、ほとんど顔と名前が一致せずですから・・・^^;。・・・あっ、中味については前作と同じですので、感想は割愛させていただきますよ^^。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、ミルクソース、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 266917
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 北原里英1

WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 北原里英1

牛乳のおいしさが活きたカフェオレ
Asahi
とくせいカフェオレ
WONDERFUL COFFEE
AKB48
©AKS
Rie Kitahara
限定デザイン缶
Special Design
(100g当り)
エネルギー 44kcal
たんぱく質 0.7~1.2g
脂質 0.6~1.0g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 39mg
本当にこう、スタンダードなカフェオレで良かったですよ・・・^^;。え~と、やはり中味については前作と同じですので、感想は割愛させていただきます。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、ミルクソース、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 266917
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 小嶋陽菜1

WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 小嶋陽菜1

牛乳のおいしさが活きたカフェオレ
Asahi
とくせいカフェオレ
WONDERFUL COFFEE
AKB48
©AKS
Haruna Kojima
限定デザイン缶
Special Design
(100g当り)
エネルギー 44kcal
たんぱく質 0.7~1.2g
脂質 0.6~1.0g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 39mg
そう言えば、今回の10本以外にあと16種類もあるんですよね・・・。全部飲まなくてもいいんじゃない?と言う悪魔のささやきが頭の片隅に湧き上がってきましたよ・・・^^;。え~と、前作と同じですので、感想は割愛させていただきます。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、ミルクソース、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 266917
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 篠田麻里子1

WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 篠田麻里子1

牛乳のおいしさが活きたカフェオレ
Asahi
とくせいカフェオレ
WONDERFUL COFFEE
AKB48
©AKS
Mariko Shinoda
限定デザイン缶
Special Design
(100g当り)
エネルギー 44kcal
たんぱく質 0.7~1.2g
脂質 0.6~1.0g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 39mg
いやいやだめだめ!!、例え九分九厘同じと分かっていても飲むのが缶コーヒーマニアです、キリッ!・・・なんてね^^;。はい、中味については前作と同じですので、感想は割愛させていただきますですよ、ええ^^;。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、ミルクソース、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 266917
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 高橋みなみ1

WONDA 特製カフェオレ AKB48デザイン缶 高橋みなみ1

牛乳のおいしさが活きたカフェオレ
Asahi
とくせいカフェオレ
WONDERFUL COFFEE
AKB48
©AKS
Minami Takahashi
限定デザイン缶
Special Design
(100g当り)
エネルギー 44kcal
たんぱく質 0.7~1.2g
脂質 0.6~1.0g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 39mg
いくらスタンダードでクセがないと言っても・・・ね~。・・・とか、でも、誰に命令されてやってるわけではないですから・・・、なんら文句は言えません^^;。と言う事で、やはり中味については前作と同じですので、感想は割愛させていただきます。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、ミルクソース、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
JANコード:4 514603 266917
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア アサヒ飲料株式会社  /  /  /  /  /  /  /  /  / 10 / 11 / 12 / 13

PAGE TOP

缶コーヒーマニアTOP

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析