トップ>缶コーヒーマニア トップ>アサヒ飲料株式会社 NO.2

缶コーヒーマニア アサヒ飲料株式会社 NO.2

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

東京都墨田区吾妻橋一丁目23番1号

http://www.asahiinryo.co.jp/

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアアサヒ飲料"をどうぞご利用下さい。

メジャーなメーカーにしてはちょっと遅めな印象がありますけど、何はともあれアサヒ飲料もついに2ページ目に突入!です。

アサヒ飲料缶コーヒーについて、全体の印象なんかをブログ" 週刊?缶コーヒーマニア通信 "にも書いています。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
国民投票第4位 国民投票第15位 国民投票第13位 国民投票第4位 国民投票第2位 国民投票第1位 国民投票第4位 国民投票第7位 国民投票第16位
2016年
625票 / 14.9%
2015年
6票 / 0.1%
2014年
108票 / 1.5%
2013年
324票 / 7.1%
2012年
502票 / 7.6%
2011年
536票 / 8.2%
2010年
381票 / 4.6%
2009年
145票 / 4.4%
2008年
9票 / 0.6%
ワンダジェットカフェ

WONDA ジェットカフェ

高速エスプレッソ抽出
JET CAFE
香り立つ微糖
JET,BEING FRAGRANT, FLAVORFULLY.
高速抽出で瞬時に引き出した香り・味わい
高速エスプレッソ抽出→香り 味わい
ジェットが香る。味わい深く。
エスプレッソ抽出機を採用し、高速抽出の力で豆の芯から香り・味わいを瞬時に引き出した「ワンダ ジェットカフェ」。深く香り立つ、微糖のエスプレッソコーヒーです。
糖類73%カット※
※缶コーヒー通常品の糖類含有量7.5g/100mlと比較
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.6g
炭水化物 2.5g
ナトリウム 47mg
糖類 2.0g
2008年の1本目が確か金の微糖だったアサヒ飲料、聞くところによると、今やワンダの屋台骨を支える存在になっているみたいですね~。で、2009年の1本目も微糖、果たして2匹目のドジョウは居るのでしょうか?。それでは早速飲み始めてみましょう。うん、全体に漂うミルク感に多少疑問符が付くけど、しっかりとした苦味のあるコーヒー感、相当抑えられた、と言うかほぼ皆無な微糖の違和感、当然のように控えめな甘み、またそれらのまとまりの良さ、缶コーヒーとしてのツボを押さえたなかなかの良作だと思います^^。ま~ね、重箱の隅を必死につつけば、確かに甘味料による違和感が風味や後味の端々にあることはありますよ。でも、それは、ホント懸命にあら探しをすれば見えてくる程度^^;、ここまで仕上げられれば上出来!、どころか微糖であることのマイナス点は最早何ら無いと言っちゃって良いと思います。私も含めて、少なからず持ってる偏見を、もしかして払拭できる1本かも知れないですよ、ホント驚きました^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、濃縮乳、砂糖、全粉乳、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAプレミアムラテ微糖

WONDA プレミアムラテ微糖

Premium LATTE
糖類49%カット
WONDA's Limited Edition Coffee
まろやかさ、極上。
エスプレッソ抽出機を採用した濃厚なラテに、北海道産クリームを追加。まろやかさ極上のプレミアムラテ微糖(当社ワンダ ザ・カフェオレに比べ糖類49%カット)。
エネルギー 40kcal
たんぱく質 1.6g
脂質 1.8g
炭水化物 4.4g
ナトリウム 35mg
糖類 3.8g
2009年の2本目も微糖ですか~・・・。ま~でも、上のジェットカフェは予想外にいけましたからね~^^。うん、何はともあれ、早速いただいてみましょう。お~?、やはり変に偏見を持っちゃいけませんね~、正直、微糖って事前に言われなければ気が付かないレベル、抑えられていると言うよりもう、普通のカフェラテとしか思えませんよ~^^。ちょっと滑らかさにかける気はするものの、名作“WONDAザ・カフェオレ”ばりの濃厚なミルク感に、弱めながら隠し味風に苦みを効かせたコーヒーが所々に散りばめられ、絡み合う様が何とも良い感じ、微糖の名の通り控えめな甘みと相まって、すごく豊かな雰囲気のカフェラテに仕上がっていると思いました^^。う~ん、でも何だか以前に飲んだことあるような感じなんですよね~・・・?、あっ!、“イタリアの濃い味”だ~!、うん、そうそう、やっと思い出しました!。あれ?、あ~、そう言えば製造者が同じ、イタリアの濃い味微糖化?を見事成功させちゃった“ニッセー第四工場”ですね、もうこの手のはお手の物、任せとけ!!って感じかな~^^。と言うことで、こんな風味がお好きな方には今後、目が離せない会社と言えそうですよ~、ある意味メーカーが何処とかよりね^^;。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:3.6%
乳脂肪分:1.6%
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、クリーム、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、セルロース
内容量:190g
製造所所在地:静岡県焼津市下江留896-6
製造者:株式会社ニッセー第四工場
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAボディーショットブラック

WONDA ボディーショットブラック

振らずに傾けないでお開けください。再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。
開閉時の液だれや、キャップの切り口でのけがにご注意ください。
BODY SHOT
目覚めのブラック/極め焼き焙煎
WONDERFUL COFFEE
BLACK
INVIGORATE YOUR MORNINGS AND WORKDAYS WITH BLACK COFFEE.
無糖・ブラック
コーヒー豆を極限まで深く焼きあげる焙煎“極め焼き”を中心としたブレンドで実現した力強いコク、キレのよい後味のブラックコーヒー。
振らずに傾けないでお開けください。品質保持のため窒素充填していますので、中味がふき出すことがあります。
容器のまま温めないでください。
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 10~20mg
糖類 0g
こちらからのモデルチェンジ版、比べると結構自然な風味になったかな~?って気はしますね。相変わらず、目覚めのブラックの名に相応しい強めの苦味はそのままに、隠し方が上手くなったのかな?って感じで、所々に顔を覗かせていた香料による違和感が気になりにくくなっていて、少なくとも飲んでる最中はそんなに悪くない印象。ただ、やっぱりそこは香料入りブラック・・・、飲んだあと苦味だけ不自然に残り続けるとかは健在なんだよね、飲んでる最中は良くても、ここで興醒めしちゃうんだな~・・・。う~ん、香料を全面的に否定するわけではないんだけどさ~、やはり、ブラックには邪魔以外の何者でもない気がするんですよ・・・。少なくとも、個人的には香料入りブラックってだけでパスだもんね・・・。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料、乳化剤
内容量:400g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
モーニングショット

WONDA モーニングショット

Every morning
The start of a great day
当年度産(2008年~2009年) 新豆はじめました
スッと飲めて、キリッと苦味。
Morning Shot:100% fresh Arabica beans make an unique flavor.
朝専用缶コーヒー
アラビカ種の新豆のみをブレンド。カリッと香ばしく焼き上げ、ワンダ独自の抗酸化高低温二段抽出(特許出願中)ですっきりと仕上げた、毎朝のスタートにふさわしいおいしさの缶コーヒー。
エネルギー 36kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.6g
炭水化物 6.9g
ナトリウム 39mg
新豆を使っているそうです。実際こちらと飲み比べてみると、若干渋みみたいなのが取れ、まろやかになったような気はするけど・・・、ま~誤差ですね^^。しかし、さすがWONDAの中核を担う(もしかして最近は金の微糖とかかもしれませんが・・・)1本ですね~、缶コーヒーがお好きな方なら、概ね好意的に受け入れられそうな安定感・安心感はさすがと言っちゃって良いと思います^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA スーパーライト

WONDA スーパーライト

WITH A LIGHT FEEL IN THE MOUTH, AND A COFFEE-ORIGINAL TASTE UNSTOPPABLE TASTE, THE "WONDA SUPER-LIGHT"
WONDERFUL COFFEE
SUPER LIGHT
PREMIUM 高級豆ブレンド
微糖 WONDA
軽やかなボディ。広がる旨さ。ワンダ スーパーライト
SUPER LIGHT TASTE
雑味の元をウォーターブラッシュ焙煎で洗い流したコーヒー豆を、限りなく硬度ゼロに近づくまで磨き抜いた水「純水」でドリップしました。軽やかなボディとしっかりとしたコーヒーの旨さを引き出したスーパーライトな微糖缶コーヒーです。
エネルギー 15kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.3g
炭水化物 2.3g
ナトリウム 50mg
糖類 1.8g
なかなか生々しいコーヒー感があって良い感じではありますね、ミルクも、もちろん甘さも非常に控えめで邪魔しないし、全体の調和も良く、甘味料そのものの不味さ・違和感みたいなものも、相当抑えられてると思います。ことごとく余韻が摘み取られていくような感覚、さらには徐々に風味全体の輪郭までぼやけてきたりして、“軽やかさ”と言うよりは、終始おあずけ状態にさせられているようなもどかしさがあるにはありますけどね~。ま~、1本飲み干す限りでは取りたてて破綻もなく、何だか上手く丸め込まれちゃったみたいだけど、良いかな~って感じです^^;。・・・しかし、微糖に対して以前ほど嫌な気がしなくなったのはなんででしょうね・・・、メーカーさんの努力の賜?、単に慣れちゃっただけ?、それとも両方・・・?、う~ん、何かスーパーライトそのもの事より気になってしょうがなかったです^^;。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、乳たんぱく質、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムK)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAゼロマックス

WONDA ゼロマックス

ZEROMAX
糖類0ゼロ
すっきりとした甘さ/ミルク入り
缶コーヒーのおいしさそのまま糖類ゼロ。
高級豆を中心にブレンドし、牛乳を中心に3種類の乳原料を絶妙なバランスで使用した、旨さ突き抜ける味わい。WONDAのこだわりと技術が生んだ自信作です。
※栄養表示基準に基づき、糖類0.5g(100ml当り)未満を糖類0(ゼロ)としています。
エネルギー 9kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.2~0.5g
炭水化物 0.9g
ナトリウム 38mg
糖類 0g
や~~っと見つけることが出来ました!!。・・・って、かなり前に登録してるよね~・・・?、おっしゃるとおり^^;、20年の10月に登録してます。で、何が違うの?って言うと缶のデザイン、凹凸がありません。中味は・・・、一応飲み比べてみましたが、当然のように同じでしたので割愛させていただきます^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、濃縮乳、脱脂粉乳、乳化剤、香料、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA オン・ザ・ロック

WONDA オン・ザ・ロック

PREMIUM
WONDERFUL COFFEE
冷たく、甘く、コク深く
高級豆キリマンジャロブレンド
アイス用【コーヒー】
豆量136%
※当社従来品比(100g当り)
高級豆キリマンジャロを中心にブレンドし、ワンダ独自のフリーズドリップ製法で仕上げた、コク深い贅沢な味わいをお楽しみください。
フリーズドリップ製法とは、コーヒー本来のコクを引き出すために“凍結濃縮”コーヒーエキスをブレンドしてつくり上げる製法です。
エネルギー 27kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 6.69g
ナトリウム 19~29mg
出来る限りシンプルに、かつ定番の原材料のみを使っているって言うのが、美味しい缶コーヒーを見付けるコツだな~って、改めて思える仕上がりですね~^^。しっかりとした苦味とコク、酸っぱいとさえ感じられる酸味、さらに微かな渋味、それぞれがただ単におとなしく調和するんのでは無く、おのおの強い主張を発揮しながらも互いに引き立て合い結果としてまとまっている絶妙なコーヒー感、そして当然の様にその良質なコーヒー感だけをただただ満喫出来る仕上がりは、本当に素晴しいの一言です^^。・・・ただ欲を言わせて戴くと、もうちょっと甘みが少ない方が良かったかな~って気はしますね。アイスクリームに醤油、すいかに塩をかけると甘みが増すように感じられる効果が、酸味と砂糖の間で成り立っているような感覚があるんですよ~。酸味が僅かに刺々しく、甘みもキツめに思えたのが、ちょっとだけ残念な気がしました。でも、その程度のことはこの素晴しい仕上がりからしたらほんの重箱の隅!、プレミアムの名は伊達じゃない素晴しい逸品であることは間違いありません^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA プライムロースト 超微糖

WONDA プライムロースト 超微糖

WONDERFUL COFFEE
PRIME ROAST
高級豆ブレンド・直火焙煎
大人の超微糖缶コーヒー
厳選高級豆を中心にブレンドし、じっくり直火で焙煎する「プライムロースト」で生まれた優雅なコクと香り、甘さも糖類も極めて抑えた「超微糖」で楽しむ大人の味わい。
エネルギー 9kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.2~0.4g
炭水化物 1.5g
ナトリウム 34~58mg
糖類 0.2g~0.4g
微糖と言うよりは糖類ゼロって感じですね~?、う~ん、実際砂糖入って無いしね、“ゼロマックス”を若干薄めたような感じで、非常に印象が近いです。かなりしっかりとした苦味を持つコーヒー感、自然なミルク感、相当抑え込まれた甘味料の違和感と、糖類ゼロ系の中では出色の出来!、このジャンルも確実に劇的な進化を遂げている最中だと言うことを感じることが出来ます^^。・・・とは言え、不自然に残る渋味というかエグ味であるとか、飲んでる最中はほとんど感じないものの、結局後には残っている甘味料の違和感だとか、まだまだ積極的に選ぶことはないでしょうね~って感じ・・・。でも、上の“オン・ザ・ロック”や“スーパーライト”、また“プレミアムラテ微糖”とか、ちょっと前までは、たま~に大当たりをポッと出してくるといった印象から一転、最近のWONDAはハイペースで頑張っている感じですからね、割と近いうちにまた“当り”を発売してくれるでしょう、きっと^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、脱脂粉乳、乳たんぱく質、乳化剤、香料、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ゼロマックス

WONDA ゼロマックス

WONDERFUL COFFEE
ZEROMAX
A SIGN OF THE TIMES. ZEROMAX. A PREMIUM COFFEE WITHOUT COMPROMISING GREAT TASTE.
糖類0ゼロ
すっきりとした甘さ/ミルクのコク
選りすぐり高級豆ブレンド
缶コーヒーのおいしさそのまま糖類ゼロ。
選りすぐりの高級豆を中心にブレンド。味わい深いコーヒーとミルクのコク。おいしさと糖類ゼロを両立したWONDAの自信作です。
※栄養表示基準に基づき、糖類0.5g(100ml当り)未満を糖類0(ゼロ)としています。
エネルギー 8kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0g
炭水化物 1.1g
ナトリウム 37mg
糖類 0g
こちらからのモデルチェンジ。急速に進化中のジャンル、またその先頭を走っているように見えるゼロマックスがどのように変わったのか興味深いですね~^^。それでは早速飲み比べてみることにしましょう。う~ん、若干スッキリしたかな~?って気はしますが、ま~ほぼ同じかな、以前のものと同じ感覚でOKだと思います。しかしこれ、改めて他の糖類ゼロと同じジャンルだとはとても思えない、もっと言っちゃうと失礼なくらい出色の出来ですね~。しっかりとした苦味とコクを持つコーヒー感となめらかなミルク感、そしてなにより、甘味料をただ隠すのでは無く、さらなる味わい深さ・旨味に繋がる要素となっているところがなかなか素晴らしいと思います^^。後はもう、徐々にお口の中に膜が張られ始め、飲み終わる頃にコーティング完了って感じの違和感だけですね~。ま~、この感覚は甘味料入り製品では如何ともしがたい事なのかもしれませんけど、“普通に美味しい糖類ゼロ”に手が届きそうな位置まで来ているだけに、あえて書き加えさせていただきました。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、濃縮乳、脱脂粉乳、香料、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA プレミアムカフェオレ 炎の香り

WONDA プレミアム カフェオレ 炎の香り

WONDERFUL COFFEE
Enjoy the feeling of coffee emphasized by the unique roasting.
灼熱のコークス焙煎
PREMIUM
高級豆・ブレンド
甘く香る、男のおやつ
石炭からつくる燃料「コークス」で、コーヒー豆を芯まで丹念に焼き上げた、贅沢な味わいのカフェオレです。
エネルギー 45kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.5~1.0g
炭水化物 9.0g
ナトリウム 37mg
個人的に、WONDAが誇る名作だと思っているし、現に相当本数消費させていただいている“WONDA ザ・カフェオレ”の後継品ってとこかな~?って思い、飲み比べてみることにしました。え~と、それぞれ風味そのものは酷似してますね、でも、WONDA ザ・カフェオレ最大の魅力、濃厚かつクリーミーなミルク感を後ろへ、コーヒー感を前へと立ち位置を前後交代した感じで、印象がかなり違ってしまってますね~、何だか普通のカフェオレへと近付きつつある感じでちょっと寂しい・・・。でも、ま~、別物と考えればこの方向も当然アリ!、あくまで比較しちゃうとって話であって、コレはコレで相当良質なカフェオレですよ、何ら問題はないどころか現状では上位に食い込む良品だと思います^^。・・・とは言え、併売してくれる確証は何もないからね・・・、う~ん、やっぱり買いだめしとこっと^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、クリーム、デキストリン、バターミルク(濃縮)、乳化剤、香料、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ザ・ブラック

WONDA ザ・ブラック

Premium Beans
WONDERFUL COFFEE
深いコク、キレの冴え。
完全ストレート抽出
THE BLACK
PREMIUM BLEND
コーヒー/無糖・ブラック
独自の製法「完全ストレート抽出(特許出願中)」で、コーヒー本来の味わいそのままを実現しました。厳選した高級豆を中心にブレンドし、じっくり丁寧にドリップ。力強いコーヒー感と、キレの良い後味のブラックコーヒーです。
味わい香る 広口ふた
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0~1.0g
ナトリウム 12~22mg
糖類 0g
個人的お気に入り、現にブラックが苦手な私でも気付けば相当数消費しちゃってる旧作からのモデルチェンジ版。期待と不安共に抱きつつ・・・、それでは早速飲み比べと行ってみましょ~!。う~ん?、それぞれの風味自体はほぼ同じような気がするけど・・・、良く言えばスッキリとした飲み口に、悪く言っちゃうと単に水っぽくなってしまった感じですね~・・・。ま~一概にこの方向が悪とは言えないけど、傑作の名を引き継ぐ物としては、やはり一抹の寂しさを感じてしまいました・・・、残念。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 金の微糖

WONDA 金の微糖

Premium Beans
WONDERFUL COFFEE
PREMIUM
GOLD Is A Premium Coffee With A Radiant-like Beauty Perfected With Premium Beans.
高級豆コロンビアスプレモブレンド
糖類74%カット※
輝くおいしさ。
高級豆<コロンビアスプレモ>を中心に、新豆のみをブレンドした金のプレミアム微糖缶コーヒー。
※缶コーヒー通常品の糖類含有量7.5g/100mlと比較
エネルギー 16kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.3~0.6g
炭水化物 2.8g
ナトリウム 39mg
糖類 1.9g
上記WONDA ザ・ブラックと共に金の微糖もモデルチェンジです。それでは早速、こちらも旧作と飲み比べてみることにします。え~と、全編に渡って僅かながらコーヒーの風味が増し、ミルク感が後退した感じ。実際の風味自体にそんな変化は無いようですけど、受ける印象は結構違います。何て言うか、すごく失礼な話ですが、コーヒーらしさを感じられるようになり、やっとスタートラインに立ってくれたって言うのが正直な感想です・・・。と言いながらも、伝え聞くとこによれば、この手の商品が各社屋台骨を支えてるのが現状。すなわちより多くの方々の嗜好に合致してるって事で・・・、単に飲み過ぎて私の味覚がおかしくなってしまったんだと思うほかありませんね、もう完全に意気消沈です・・・。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAモーニングショット

WONDA モーニングショット

Every morning
The start of a great day
WONDERFUL COFFEE
Morning Shot
スッと飲めて、キリッと苦味。
Morning Shot:100% fresh Arabica beans make an unique flavor.
朝においしい淹れたての香り
朝専用缶コーヒー
カリッと香ばしく焙煎した、挽きたての新豆を100%使用。ワンダ独自の抗酸化高低温二段抽出(特許出願中)で仕上げた、淹れたてのおいしさと香りが味わえる、毎朝のスタートにふさわしい缶コーヒーです。
エネルギー 36kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.5g
炭水化物 7.0g
ナトリウム 38mg
おそらくこちらからのモデルチェンジ版。並んで販売されていたので同時購入し飲み比べてみました。コーヒー感、特に酸味とミルク感が増し、甘みが後退てはいますが、ま~やはり誤差、いずれも飲み比べてみればってみればそうかな?って程度。と言うことで、予想通りほとんど変わりません。でも、コレで正解だと思いますよ~。もう缶を見ただけ、もっと言っちゃうと名前を聞いただけで中味が頭に浮かぶ定番中の定番、ワンダの大黒柱として大きな変化は求められていないような気がしますから^^。個人的にも、今だ迷ったらコレって言う信頼感がありますからね、このまま行けるところまで走り続けて欲しいと願ってます^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA朝のカフェオレ

excellent

WONDA 朝のカフェオレ

Every morning
The start of a great day
WONDERFUL COFFEE
Morning Au Lait
スッと飲めて、マイルドなコク
カリッと香ばしく焙煎した、挽きたての新豆を100%使用。ワンダ独自の抗酸化高低温二段抽出(特許出願中)を採用、ミルク分39%増量※でマイルドに仕上げた、毎朝のスタートにふさわしいおいしさのカフェオレです。※モーニングショット比
この商品は、株式会社JR東日本ウォータービジネスとアサヒ飲料株式会社の共同企画商品です。
エネルギー 42kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.4~0.8g
炭水化物 8.6g
ナトリウム 35mg
こちらからのモデルチェンジ版、いつも当缶コーヒーマニアへ遊びに来ていただいていているあさみさんから情報をいただき、早速近くのJR駅へ買いに行ってきました^^。あさみさん、本当にありがとうございました!、また今後も宜しくお願いいたします^^。それでは、前作を思い出しつついただいてみることにしましょう!。え~と、ほんの僅かながらコーヒー感が増している他は、ほとんど変化はない気がしますね。でも、そのほんの僅かな差が大事なとこ、前作で唯一物足りなく思っていた部分がきれいに払拭され、ほぼ理想的なカフェオレへと見事に変貌を遂げています^^。クリーミーなコクがありながらサラッとしたミルク、朝に相応しい、1日のエネルギーを与えてくれながら、決してべた付くほどではないまさに適度な甘み、そして今回僅かながらもコーヒー感が加わって、朝のカフェオレついに完成!!って気がしましたよ~^^。普段電車はほとんど乗らないんだけど、このためにわざわざ行くのも何ら苦にならない、むしろ積極的に行こうと思わせてさえくれる、非常に優れたカフェオレの逸品ですね、これは^^。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ザ・ギフト

WONDA ザ・ギフト

・PREMIUM COFFEE MADE OF SELECTED BEANS WITH "QUALITY" PRESENTED BY WONDA
THE GIFT
WONDA WONDERFUL COFFEE
PREMIUM
“品質”を贈る、粒選りコーヒー。
選び抜かれた“粒選り豆”だけを使用。一粒一粒がもつ贅沢な味わいを、お届けします。
“粒選り”高級豆の新豆を100%使用。有機栽培された豆をブレンドし※、コーヒー豆本来の豊かな味わいをそのまま、磨きぬかれた純水でドリップしました。(※高級豆有機マンデリン40%+高級豆キリマンジャロ60%使用)
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.3~0.6g
炭水化物 6.7g
ナトリウム 56mg
第一印象はひたすら地味、終始淡々と時間が流れていく感じで、取り立ててココが良い!って部分はありません・・・。でもよくよく味わってみると・・・、ほんのり濃いめのミルクと落ち着いた甘み、目立たないけどどっしりと根付き土台を固めている、同じプレミアムの名を冠した名作、“WONDA オン・ザ・ロック”を思い出させてくれるようなしっかりと味わい深いコーヒー感、また、際だつ雑味の無さとそれらの塩梅等々、万事抜かり無く丁寧に仕上げられた、良質なミルクコーヒーなんだと言うのがよ~く分かります。ま~相変わらずの貧乏性で申し訳ないですが・・・、130円です!、プレミアムです!と言われると、ちょっとそれはどうかな~?なんて、天邪鬼に思っちゃったりするんだけどね、正直^^;。それでもなんだかんだでやはり、“プレミアムラテ微糖”、“オン・ザ・ロック”、“プレミアムカフェオレ 炎の香り”、そして“朝のカフェオレ”と例年にないハイペースで楽しませてくれた2009年WONDAの、おそらくその有終の美を飾るのに相応しい、なかなかの佳作だとは思いま・・・。うん?、でもこれ、ジワジワと染みるように、気が付けばものすごいお気に入りになっていそうな予感がヒシヒシとしますね~・・・。う~ん、と言うことで、今の内早くも前言撤回、“傑作です”に訂正しておきます^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 一番ドリップ 微糖(異形缶)

WONDA 一番ドリップ 微糖(異形缶)

The first is always tasty
WONDERFUL COFFEE
Blended with the high-grade beans of Kilimanjaro freshly ground giving abundant aroma and a refined flaver. A clear-bodied coffee, packed with only the best materials.
済みきったコク
Premium Coffee
挽きたて高級豆キリマンジャロをブレンドし※、一番ドリップ製法で仕上げました。
それは、喫茶店で淹れたコーヒーのおいしさを追求したワンダの新製法で、淹れはじめのドリップだけを厳選使用。
だから、おいしいとこだけの済みきったコク。
(※高級豆キリマンジャロ51%使用)
エネルギー 16kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.5g
炭水化物 2.3g
ナトリウム 45mg
糖類 1.7g
そこかしこにいがらっぽさと言うか、微糖特有の感じがチョコチョコ見え隠れするのが気になると言えば気になるんだけどね~・・・、違和感を覚えるまでには至らず、何とか持ち堪えている感じ^^;。能書きに偽りなしと言って良さそうなコーヒー感、スッキリとしたミルク感、また当然のように控えめな甘み、特に大きな不満や破綻もなくまとまっているのが、むしろもどかしいと言うか、イライラすると言うか・・・、何だか引っかかりを感じながらも無難に飲めちゃうとこが、ちょっとだけ癪に障ったりしちゃいましたよ、ホント、微糖のくせに生意気だ~!!!ってね・・・。ごめんなさい・・・、新年早々偏見に満ちた暴言が過ぎました・・・。お詫びして訂正させていただきます・・・^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA V.I.Pラテ

WONDA V.I.P.ラテ

WONDERFUL COFFEE
V.I.P Latte
Premium
とろけるほどの濃厚ラテ
ADVENTUROUSLY RICHER LATTE WITH ESPRESSO AND MIX
Very Important Premium
牛乳78%増量(ワンダ ザ・カフェオレ比)
エスプレッソにミルクとクリームを贅沢に使用。とろけるほど濃厚なラテをお楽しみください。
エネルギー 53kcal
たんぱく質 1.4g
脂質 1.1~2.0g
炭水化物 8.6g
ナトリウム 36mg
さすが“ニッセー第四工場”って感じですね~、このての乳飲料系ではトップ中のトップと言っちゃって過言じゃないと思いますよ!。若干の渋みを伴う苦味が特徴のコーヒーと、さらりとした舌触りながら濃厚さも感じるミルク感、またサッパリと自然な甘みの調和が本当に素晴しい、“Very Important Premium”の名に恥じない一級品のカフェラテだと思います^^。もうね、暴論かも知れないけど、販売者は関係ないって言い切っちゃいます^^;。この手の缶コーヒーがお好きな方は製造者だけチェックすれば万事OK、そこに“ニッセー第四工場”とあるのが美味しいカフェオレ・カフェラテである印です!!。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:3.3%
乳脂肪分:1.4%
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、クリーム、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、セルロース
内容量:190g
製造所所在地:静岡県焼津市下江留896-6
製造者:株式会社ニッセー第四工場
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 一番ドリップ 微糖

WONDA 一番ドリップ 微糖

The first is always tasty
WONDERFUL COFFEE
Blended with the high-grade beans of Kilimanjaro freshly ground giving abundant aroma and a refined flaver. A clear-bodied coffee, packed with only the best materials.
済みきったコク
Premium Coffee
挽きたて高級豆キリマンジャロをブレンドし※、一番ドリップ製法で仕上げました。
それは、喫茶店で淹れたコーヒーのおいしさを追求したワンダの新製法で、淹れはじめのドリップだけを厳選使用。
だから、おいしいとこだけの済みきったコク。
(※高級豆キリマンジャロ51%使用)
エネルギー 16kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.5g
炭水化物 2.3g
ナトリウム 45mg
糖類 1.7g
一応、こちらと飲み比べてみましたが、ま~当然のように同じですね~。ホームページによると、どうやらこちらが通常で、以前登録した方が異形缶とのこと、併せて名称の変更をしておきました。
貴重な情報を下さった“缶コーヒーをこよなく愛する高校2年”さん、早くも無事自販機にて見付けることが出来ました!。これからも、是非是非、よろしくお願いいたします^^。
名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ボディーショットブラック

WONDA ボディーショットブラック

振らずに傾けないでお開けください。再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
コクとキレ目覚めの“ボディ感”
WONDERFUL COFFEE
BODY SHOT
目覚めのブラック
BLACK
極め焼き焙煎
INVIGORATE YOUR MORNINGS AND WORKDAYS WITH BLACK COFFEE.
無糖・ブラック
コーヒー豆を極限まで深く焼きあげる焙煎“極め焼き”を中心としたブレンドで実現した力強いコク、キレのよい後味のブラックコーヒー。
振らずに傾けないでお開けください。品質保持のため窒素充填していますので、中味がふき出すことがあります。
容器のまま温めないでください。
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 10~20mg
糖類 0g
こちらからのモデルチェンジ版、と言うか、リパッケージ版って感じかな~?。若干・・・、心なしかさらにコーヒー感がリアルになった?って感覚はあるけど、ま~前もって言われてないと気付かない程度ですからね。と言うことで、お好きだった方は引き続きご愛飲を、苦手だった方はそのままスルーで・・・、いずれにしろ、今まで通りのスタンスでOKかと思います。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料、乳化剤
内容量:400g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ビッグ

WONDA ビッグ

WONDERFUL COFFEE
BiG COFFEE
The BiG coffee that gives you BiG satisfaction.
しっかりとした味わいを、たっぷりお楽しみいただけるビッグな缶コーヒーです。
エネルギー 36kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.4g
炭水化物 7.4g
ナトリウム 33mg
何時の間にかデザイン(と言うかWONDAのロゴ周りだけ?)が変わっていたんですね~。私の周りでは極めて販売が少なく、全く気付きませんでしたよ~。と言うことで、先ずは貴重な情報をいただいた“缶コーヒーをこよなく愛する高校2年”(もう3年かな~^^)さん、ありがとうございます、やっと見付けることが出来ました^^。え~と、それでは中味へ行きますが、何せそんな販売状況・・・、当然のように前作(この間にも何かあったかも?)は入手出来ず、また前回飲んだのも相当前ですので、改めて味わってみたいと思います。あ~そうそう、段々思い出してきたよ~^^。このタイプから受ける印象からは程遠い甘さとミルク感の弱さ、また、最早コーヒーではなくカラメルシロップと言った方が適切な何とも言えない風味、確かにこんな感じだったわ~!。うん、正にビッグ・・・、と言うかこれ、変わったのは外観だけではないでしょうか・・・^^;。 名称:コーヒー飲料
原材料名:砂糖、コーヒー、牛乳、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa
内容量:250g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA モーニングショット

WONDA モーニングショット

The start of a great day
WONDERFUL COFFEE
Morning Shot
2010年NEW
“焼きたて・挽きたて・淹れたて”のおいしさでさらに目覚める朝専用へ。
朝専用缶コーヒー
カリッと香ばしく焼き上げた新豆を100%使用し、ワンダ独自の抗酸化高低温二段抽出で、挽きたて12時間以内にドリップ。新しくなった朝専用缶コーヒーのおいしさを鮮度感じる広口フタでお楽しみください。
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.4g
炭水化物 6.8g
ナトリウム 44mg
以前のと飲み比べてみたところ、僅かにあった渋みが無くなることによって、全体に柔らかく優しい舌触りになっているような印象は受けました。でもね、やはりモーニングショットはモーニングショット、同時に飲み比べて始めて気付くか否かと言った程度の誤差で、正直目隠しして言い当てる自信は全くありません^^;。しかし、よくよく考えてみると、ロングセラー商品の味を保ち続けるって凄い事だと思いますよ。当然、新豆=前年より高品質ではないでしょうし、同じ年でも品質にばらつきがあるでしょうしね。自戒を込めて・・・、普段何の気なしに、「軌道に乗っちゃえば楽勝だよね~、同じようにラインを流せば良いんだから」とか思いがちなんだけど・・・、むしろ逆、逆!!。移り気な消費者に対してヒット作を生み出す難しさ、さらにそれをそのまま維持し続ける難しさ、こういった定番品にこそ真の実力が現れるんだな~って改めて思い知らされた感じです。さらに言っちゃうと、上位メーカーと下位メーカーの違いは、単に宣伝量とか資金力の差だけじゃないんだな~って、心底反省してます^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 金の微糖

WONDA 金の微糖

PREMIUM BEANS
PREMIUM
GOLD Is A Premium Coffee With A Radiant-like Beauty Perfected With Premium Beans.
WONDERFUL COFFEE
高級豆コロンビアスプレモブレンド
輝くおいしさ。
糖類74%カット※
高級豆<コロンビアスプレモ>を中心に、新豆のみをブレンドした金のプレミアム微糖缶コーヒー。
※缶コーヒー通常品の糖類含有量7.5g/100mlと比較
エネルギー 16kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.3~0.6g
炭水化物 2.5g
ナトリウム 43mg
糖類 1.9g
こちらからのモデルチェンジ版。個人的好き嫌いは遠くに置いとくとして・・・、ま~順調に代を重ねていますね~^^;。え~と、ほっとくと文句ばかりたらたらと書いてしまいそうなので・・・、サクッと飲み比べしちゃいます^^;。あの~、敢えて違いを挙げるなら、ミルクがさっぱりとして、ちょっとだけコーヒー感が前に出てきたって感じかな~?。う~ん、でも、飲み比べ続けているとどんどん分からなくなってきますね~、単なる気のせいかもしれず・・・、全く自信ありません^^;。ま~、これも上記"モーニングショット”とかのように、今や指名買いをされるお客さんに支えられている存在でしょうからね、これで正解なんだと思いますよ・・・、かなり無責任気味ですが^^;。あっ、でもね、無理矢理フォローする訳じゃないけど、イヤって程数多ある微糖缶コーヒーの中でも未だトップクラスの1本だとは思いますよ、気が付けばかなりすんなり2本飲み干せてましたから^^。
※食玩コレクションに、このWONDA 金の微糖に付いていたおまけ”WONDA ワイルドラリー 第1弾”の写真を掲載いたしました。もし、お時間がございましたらご覧ください^^。
名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ゼロマックス

WONDA ゼロマックス

WONDERFUL COFFEE
ほどよい甘さ
ミルクのコク
糖類 NON SUGAR ゼロ
ZEROMAX
おいしいのに糖類ゼロ。うれしい缶コーヒー。
選りすぐり高級豆を中心にブレンドし、ミルクのコクと、ほどよい甘さで味わい深く仕上げました。このこだわりで糖類ゼロ。カラダにうれしい缶コーヒーです。
※栄養表示基準に基づき、糖類0.5g(100ml当り)未満を糖類0(ゼロ)としています。
エネルギー 8kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.2g
炭水化物 0.7~1.3g
ナトリウム 37mg
糖類 0g
着々と代を重ね、今や”モーニングショット”・”金の微糖”と並ぶ確固たる3本柱に育った感がありますね~!。正直、酷いものが多い糖類ゼロの中にあって、中味、売り上げ(コレは個人的イメージです^^)共に新発売時から先頭を走り続けるゼロマックスがどう変わったのか!?。それでは早速、前作と飲み比べてみることにしましょう。え~と、若干ミルク感が後退し、より自然になったかな~?って思えるコーヒー感がその分前に出てきたくらいと変化は最小限、多少磨きをかけた程度、でも、糖類ゼロの中において飛び抜けた存在なのは相変わらずですね~、にわかには糖類ゼロだとは分からず、むしろ普通の缶コーヒーだと感じさせてしまう仕上げはさすがと言えます。ま~、個人的には、他をさらに突き放す進化を見せて欲しかったとこですけど・・・、これはもう、前記2点のように指名買いをされる方が増えに完全に定番化したって事なんでしょう。売れるんだから大きく変える必要は無い、ま~企業としては当然のことです^^。
※食玩コレクションに、このWONDA ゼロマックスに付いていたおまけ”WONDA ワイルドラリー 第2弾”の写真を掲載いたしました。もし、お時間がございましたらご覧ください^^。
名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、脱脂粉乳、乳たんぱく質、全粉乳、香料、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ブラックワンダ

WONDA ブラックワンダ

BLACK WONDA
Premium Beans
WONDERFUL COFFEE
まじりけなし、新ジャンルのブラック
【無希釈】
コーヒー/無糖・ブラック
味わい香る広口フタ
ブラックの新ジャンル それは”無希釈”のブラックコーヒー
100%ドリップ(無希釈)で、コーヒー本来の味わいを実現。まじりけない、リアルなコーヒー感をお楽しみください。
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0~1.0g
ナトリウム 11~21mg
糖類 0g
う~ん、名前は変わっていますがおそらく”WONDA ザ・ブラック”の後継品って位置付けでしょうね?。とにもかくにもそう言うことで、話を進めさせていただいちゃいます^^;。え~と、すっかり疎遠になってしまった前作から、良い意味で先祖返り、さりげなく傑作だった前々作が無事帰ってきてくれました~って感じで、何かワクワクしてます^^。スッキリしていながら水っぽさ皆無、爽やかな酸味、影ながらも存在感のある苦味、爽快なキレ、隅々まで行き渡る良質なコーヒー感。また、ゴクゴク飲みたい場面から、そこそこ腰を据えて味わいたい場面まで応えてくれる懐の広さ。はたまた、九分九厘良いと思われる入手性。何て言うか、買い溜めしてまでって事は無いんだけど、気が付けば凄くお世話になっている、そんな存在に今回もなってくれそうです^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA オン・ザ・ロック

WONDA オン・ザ・ロック

PREMIUM
WONDERFUL COFFEE
深いコク、冷たい贅沢
“COLD” AND RICH COFFEE, FILLED WITH LUXURIOUS FLAVOR
高級豆キリマンジャロブレンド
アイス用【コーヒー】
最後のひとくちまで深いコクをお楽しみください。
高級豆キリマンジャロを使用し、喫茶店アイスコーヒーのような味わいを実現しました。
【ブラック 加糖】
エネルギー 27kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 6.6g
ナトリウム 19~29mg
何となく去年だけのものかな~って思っていた名作“オン・ザ・ロック”が、まさかの嬉しい誤算!、今年も帰ってきてくたのね~って感じ!!。ホントもうそれだけで胸一杯、他になにも言うことはありません・・・、とは行きませんね^^;。それでは早速飲み比べ!、かなりのストックしておいたよね~・・・って無い・・・、迂闊というか残念ながら飲み干してしまったみたい^^;。でも、ま~コレは大変お世話になりましたから大丈夫でしょう、かなり鮮明に残る記憶と比較してみたいと思います。え~と、これはおそらく誤差みたいなものだとは思うんですけど、若干のエグささえ感じた酸味と甘みが影を潜め、より完成度が高まり、さらに円熟味を増した印象を強く受けましたね~。うん?、でも、冷静に考えるとやはりほとんど変わっていないような気も・・・^^;。ま~、いずれにしろ今だ缶コーヒーの最高峰に位置する数少ない1本なのは間違いなく、老若男女、また缶コーヒーの好き嫌い問わずに良く聞かれる、「今美味しい缶コーヒーはどれ?」の質問に対して真っ先に思い浮かぶ存在ですね~。体質的に?コーヒーがダメな方以外のほぼ全ての方々に、安心して、また自信を持ってお勧め出来る逸品中の逸品です!。今年もお世話になりますよ~^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA アイスバー

WONDA アイス バー

WONDERFUL COFFEE
ICE BAR
ESPRESSO
冷たく口どけるエスプレッソ
アイス用
バニラアイスクリームにエスプレッソコーヒーをかけたデザート“アフォガート”をイメージし、甘くほろ苦い、濃密な味わいに仕上げました。冷たく口どける、贅沢な味わいをお楽しみください。
エネルギー 45kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 1.5g
炭水化物 6.4g
ナトリウム 27~48mg
え~と、こう言っちゃうとあんまり美味しく無さそうに聞こえちゃいそうで、心配なんですけど・・・、いいや、言っちゃえ^^;、"溶けたバニラアイスに苦味強めのコーヒーをかけた"、そう、能書きそのまんまの味わいが再現されています^^。恥ずかしながら、"アフォガート"ってデザートの存在は知らなかったし、もちろんいただいたこともないので、どの程度再現されているのかは分かりませんが、ま~何となく想像は出来ました。・・・で、美味しいの?って聞かれると・・・、え~と、甘みと苦みの相乗効果にはなってないとこがちょっとね~、何より、こう言っちゃうと元も子もないんだけど、バニラアイス風ではなくて、実際のバニラアイスの方が遙かに美味しいかと・・・^^;。でも、そこはそれ、あの"ニッセー第四工場"ですよ~、それなりのレベルにキッチリと仕上げてくるとこなんかさすがっ!!、・・・とまでは言い切れないな~、良作ではあるけど、やっぱり・・・^^;。あの~、私も含め、甘い缶コーヒー好きの方々にとっては、ある程度すんなり納得出来るんではないかと思いますよ、と言う事で・・・、え~、実際の"アフォガート"食べてみたいな~、どこに売ってるんだろう?、って話を逸らしつつこそっと逃げます^^;。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:3.3%
乳脂肪分:1.5%
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、クリーム、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、セルロース、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:190g
製造所所在地:静岡県焼津市下江留896-6
製造者:株式会社ニッセー第四工場
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA モーニングショット

WONDA モーニングショット

The start of a great day
WONDERFUL COFFEE
Morning Shot
スッと飲めて、キリッと苦味。
Morning Shot:100% fresh Arabica beans make an unique flavor.
朝専用
朝専用缶コーヒー
"焼きたて・挽きたて・淹れたて"の目覚めるおいしさ
カリッと香ばしく焼き上げた新豆を100%使用し、ワンダ独自の抗酸化高低温二段抽出で、挽きたて12時間以内にドリップ。毎朝のスタートにふさわしいおいしさの缶コーヒーです。
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.4g
炭水化物 6.8g
ナトリウム 44mg
皆様お察しの通りこちらの通常版というか、”2010年新豆使用”ではなくなったバージョンですね^^。え~と、一応飲み比べてみましたが、当然のように中味は同じとしか思えないため、感想は割愛させていただきます。
しかし、改めて思い返してみると、何気なく、ほとんど意識することなく、よ~く飲んでますね~、これ^^;。とりあえずビールみたいな感じ?、無意識のうちに、何時の間にか、マイ定番中の定番な1本に登り詰めていたようです^^;。
名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ご馳走ドリップ微糖(異形缶)

WONDA ご馳走ドリップ微糖(異形缶)

SPECIAL
Premium fresh coffee with the best of blended new beans of the high-grade Kilimanjaro type
WONDERFUL COFFEE
“おいしいとこ”だけ詰め込みました。
高級豆を中心にブレンドし、おいしいとこが詰まった淹れはじめのドリップだけを使用する、一番ドリップ製法で仕上げました。済みきったコーヒーのご馳走のような味わいをお楽しみください。
エネルギー 17kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.5g
炭水化物 2.3g
ナトリウム 46mg
糖類 1.7g
え~と、間違えて・・・、と言うかディスプレイはコレだったのに出てきた、前作?“一番ドリップ微糖”と・・・^^;、せっかくですから飲み比べてみましょうね。
あ~、う~ん・・・、やはりこれは完全な後継品と言っちゃって良さそうな感じですね~。なかなかどうしての味わいの良さはそのままに、より滑らかに口当たり良く、さらに飲みやすく正常進化しています。・・・とは言え微糖は微糖、特有の違和感はそこかしこに見え隠れするんですけどね・・・。ま~、この程度に抑えられていれば十分許容範囲、引き続きこの路線を突き進んでいただければよろしいのではないかと思います。
名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ご馳走ドリップ微糖

WONDA ご馳走ドリップ微糖

SPECIAL
Premium fresh coffee with the best of blended new beans of the high-grade Kilimanjaro type
WONDERFUL COFFEE
"おいしいとこ"だけ詰め込みました。
高級豆を中心にブレンドし、おいしいとこが詰まった淹れはじめのドリップだけを使用する、一番ドリップ製法で仕上げました。済みきったコーヒーのご馳走のような味わいをお楽しみください。
エネルギー 17kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.5g
炭水化物 2.3g
ナトリウム 46mg
糖類 1.7g
こちらは自動販売機専用かな~って気がするけど、実際のとこはわかりません。ま~、いずれにしろ中味は上記異形缶と全く同じですからね、どちらでも良いと言えば良い・・・です^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ゼロマックス プレミアム

WONDA ゼロマックス プレミアム

Asahi
WONDERFUL COFFEE
ZEROMAX
Premium
糖類0ゼロ
ほどよい甘さ、ミルクのコク。
ワンダ ゼロマックス プレミアム
選りすぐり高級豆ブレンド
選りすぐり高級豆を中心にブレンドし、ミルクのコクと、ほどよい甘さで味わい深く仕上げました。このこだわりで糖類ゼロ。おいしさと品質にとことんこだわった、プレミアムな糖類ゼロ缶コーヒーです。
※栄養表示基準に基づき、糖類0.5g(100ml当り)未満を糖類0(ゼロ)としています。
エネルギー 9kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0g
炭水化物 1.1g
ナトリウム 41mg
糖類 0g
比較対象として当然用意しないといけない、通常版?ゼロマックスの入手に思いの外時間がかかってしまい、遅くなってしまいました、ごめんなさい・・・^^;。え~、それでは、早速飲み比べてみる事にしましょうね~。え~と、元々糖類ゼロ系の中では飛び抜けている印象があったゼロマックス、さすがと言うか何と言うか、今回の“プレミアム”版はさらに頭一つ二つ抜け出した感じがしますね~。糖類ゼロでは今だ異色な、しっかりとした現実味のあるコーヒー感はさらに増し、今まで以上にそれほど糖類ゼロを意識すること無く、かなり普通の缶コーヒーに近い感覚で向き合えるよう確実に進化!、キッチリとプレミアム化していると言って差し支えないと思います。最早、糖類ゼロの中では無敵だと思いますね。ま~好き嫌いは別としますが・・・、さすがの存在感、もう大物の風格漂っちゃってますよ^^;。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、脱脂粉乳、乳たんぱく質、全粉乳、乳化剤、香料、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 金の微糖

WONDA 金の微糖

WONDERFUL COFFEE
GOLD
PREMIUM
GOLD Is A Premium Coffee With A Radiant-like Beauty Perfected With Premium Beans.
高級豆コロンビアスプレモブレンド
輝くおいしさ。
飲んだひとくち目から広がるまろやかなコクをお楽しみください。
糖類74%カット※
高級豆<コロンビアスプレモ>を中心に、新豆のみをブレンドした金のプレミアム微糖缶コーヒー。
※缶コーヒー通常品の糖類含有量7.5g/100mlと比較
エネルギー 16kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.3~0.6g
炭水化物 2.6g
ナトリウム 46mg
糖類 1.8g
前作を登録したのが今年の4月。半年でモデルチェンジですか〜、ちょっと早い気もするけど・・・、ま〜順当に代を重ねてるって事でしょう^^。それでは、早速前作と飲み比べてみることにしましょうね〜。え〜と、具体的にどこがって言われちゃうと言い淀んじゃうんだけど、何だか微妙ながらもすっきり飲みやすくなっている気がしますね〜。・・・とは言え、ま〜その差は本当に極僅か、無いと言っても良いくらいです。と言うことで、従来からの金の微糖ファンの方々は変わらぬご愛顧を、また、どうしても甘味料入りの微糖しか飲めなくなってしまったと言う方々に対して、相変わらず真っ先にお勧めする内の1本であることにも変わりはございません^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA モーニングショット

WONDA モーニングショット

The start of a great day
WONDERFUL COFFEE
Morning Shot
これでもか!朝専用!!キャンペーン実施中
スッと飲めて、キリッと苦味。
朝専用
朝専用缶コーヒー
"焼きたて・挽きたて・淹れたて"の目覚めるおいしさ 。毎朝のスタートにふさわしい缶コーヒーです。
モーニングショットから朝にいいこと、続々!
ワンダHP http://wonda.jp
読み取れない場合は、アドレスを直接入力してください。キャンペーン期間:2011年3月31日迄
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.2〜0.6g
炭水化物 7.0g
ナトリウム 45mg
一応前作と飲み比べてみましたが・・・、え〜とですね〜、強いて言えば何となく全体の一体感が増し、飲みやすくなったような気もするけど・・・、気のせいかもしれないな〜^^;。ううう〜、この2本を飲み分けるほど鋭敏な舌は、残念ながら持ち合わせていませんと言うことで、ご勘弁くださいませ^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 特製カフェオレ

WONDA 特製カフェオレ

WONDERFUL COFFEE
ワンダ とくせいカフェオレ
挽きたてドリップしたコーヒーを使用し厳選された良質な牛乳を中心にこだわりの乳素材で仕上げました。素材のおいしさと鮮度を大切にした“特製”のカフェオレです。
こだわりの製法でひきたてた素材のおいしさをお楽しみください。
エネルギー 46kcal
たんぱく質 1.0g
脂質 0.7g
炭水化物 8.9g
ナトリウム 42mg
WONDA ザ・カフェオレ”や“WONDA 朝のカフェオレ”。密かにと言うか、カフェオレに傑作が目立つWONDA。いやが上にも期待が高まるばかりでしたが・・・。う〜ん、結論から言っちゃうと、残念ながらかなり、いや相当微妙・・・。なんて言うか、決して水っぽいわけではないんだけど、全体に薄味な感じ、酸味に多少僅かながら特徴があると言えなくもないけど、やはり淡々とした素っ気なさが終始全体を支配するのがね〜・・・、大げさに言うと拒絶されているようで、どうも個人的には得意じゃないんです。でも、ま〜、スッキリとしたカフェオレがお好きな方もいらっしゃると思うので否定はいたしません・・・。それよりなにより、嫌な予感がプンプンとしちゃうのが、自販機を見ると今のところほぼ全て“WONDA ザ・カフェオレ”と入れ替えになっている事ですよ・・・。ホームページのラインアップからもついに消えちゃったし、もう廃盤の気配濃厚なんですね・・・。は〜・・・、ま〜まだ結論は分かりませんし、ココに書くのも何ですが・・・、とりあえず、「これまで大変お世話になりました、WONDA ザ・カフェオレ!」、本当になくなってしまう前にこれだけは書かせていただいておきます^^。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、クリーム、バターミルク(濃縮)、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 朝のカフェオレ

WONDA 朝のカフェオレ

The start of a great day
WONDERFUL COFFEE
Morning Au Lait
スッと飲めて、マイルドなコク。
北海道産生クリーム使用
カリッと香ばしく焼き上げた挽きたての新豆のみをブレンド。北海道産生クリームでマイルドに仕上げた毎朝のスタートにふさわしいおいしさの朝専用カフェオレです。
この商品は、株式会社JR東日本ウォータービジネスとアサヒ飲料株式会社の共同企画商品です。
エネルギー 41kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.4〜0.8g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 37mg
あの、あくまでも個人的感想ですが・・・、傑作中の傑作“WONDA ザ・カフェオレ”を今後置き換えていくと思われる、上記“WONDA 特製カフェオレ”が残念な事になってしまった今・・・。いけないとは思いつつも、もう一方の雄、朝のカフェオレにはやはり過剰なまでに期待をしてしまいます。正直、結果が分かってしまうのが怖いんだけど・・・、勇気を振り絞っていただいてみる事にしましょう。・・・ふ〜、何はともあれ、先ずなによりも良かったですよ、ホント、この位の変化で^^。細かい事を言ってしまうと、今回初登場、“北海道産生クリーム”採用の効果が出過ぎちゃった感じかな?、ミルクのコク・存在感が増した分コーヒー感が若干後退し、全体のバランスを僅かに崩しちゃってる印象は否めなくて、断然以前のものの方が好みではあるんですけどね・・・。でも、ま〜それもこれも前作までの出来が奇跡的に良すぎただけだとは思います^^。と言う事で、相対的にかなり落ちた印象は残るものの、あくまでそれは前作比であり個人的好みによるもので、全体から見れば今だトップクラスのカフェオレと言えるもの!、本当に心底ホッとしました^^。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、クリーム、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA プライムショット デミタス

WONDA プライムショット デミタス

WONDERFUL COFFEE
PRIME SHOT
贅沢炭火
DEMITASSE
炭焼焙煎豆100%
高級豆(51%)を使用し、100%炭焼焙煎で仕上げました。豊かなコクと上質な味わいを実現した“限りない贅沢を詰め込んだ逸品”です。
コーヒー豆量124%の贅沢仕立て
※当社従来品比(100g当り)
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.4〜0.8g
炭水化物 6.6g
ナトリウム 50mg
デミタスらしく、苦味、酸味、コク、香り、また、炭焼らしい香ばしさ、コーヒーらしいそれぞれの味わいがきちんと愉しめるコーヒー感。自然で穏やか、かつ効果的なミルク感。それらを陰ながらきっちりと支え繋げる自然な甘み。これら素晴らしい要素が絶妙に調和し出来上がった、標準的缶コーヒーのお手本みたいな、いやいや、こう言うものこそどんどん真似して欲しい、正に良質な缶コーヒーです^^。ホント、このような良心的な缶コーヒーが当たり前にどんどん売れる様になってくれると良いんですけどね〜・・・、甘味料使用がまるで義務かのように偏った各社現状ラインアップには、そろそろ辟易ですから・・・^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、カゼインNa、乳化剤、香料
内容量:170g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA プライムショット

WONDA プライムショット

WONDERFUL COFFEE
PRIME SHOT
贅沢炭火
炭焼焙煎豆100%
高級豆(51%)を使用し、100%炭焼焙煎で仕上げました。豊かなコクと上質な味わいを実現した“限りない贅沢を詰め込んだ逸品”です。
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.4〜0.8g
炭水化物 6.6g
ナトリウム 50mg
え〜と、上記デミタスの方が濃い目なのかな〜って一瞬思ったものの・・・、ま〜、やっぱり同じかな?。おそらく、デミタスという言葉によるプラシーボ効果みたいなものかと思います^^。
ちなみにこちらは、コンビニエンスストア等の手売り限定商品だそうです。
名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、カゼインNa、乳化剤、香料
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA スーパーリラックスブレンド 緩みの極み

WONDA スーパーリラックスブレンド 緩みの極み

Asahi
SUPER RELAX BLEND
WONDERFUL COFFEE
ゆるみの極み
マイルドな口当たり、華やぐ香り
厳選した高級豆をブレンド、口の中に広がるマイルドな味わいと余韻続く華やかな香り。味わうほどに気持を緩ませてくれるスーパーリラックスコーヒーです。
エネルギー 26kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.3〜0.6g
炭水化物 4.9g
ナトリウム 46mg
え〜と、心配された甘味料は、殊の外悪さしていませんね〜。柔らかかつ味わい深いコーヒー感、スッキリ自然なミルク感、仄かな甘味等々、全体でそつなく上手に“緩み”が表現されていると思います。・・・とは言え、ま〜それはそれ、やはり無いにこしたことは無いわけで・・・。その僅か1点のみで全体がマイナスになってしまう感じ・・・、決して悪くはないんだけど、結果としてはただただ残念な印象しか残りませんでした・・・。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ボディーショットブラック

WONDA ボディーショットブラック

振らずに傾けないでお開けください。
この商品は加温器販売が出来ます。
再栓時は漏れないようしっかりお閉めください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
力強いコク、キレのよい後味
BODY SHOT
WONDERFUL COFFEE
BLACK
目覚めのブラック /
極め焼き
目覚めの“ボディ感”
INVIGORATE YOUR MORNINGS AND WORKDAYS WITH BLACK COFFEE.
加温時はヤケドにご注意ください。
振らずに傾けないでお開けください。品質保持のため窒素充填していますので、中味がふき出すことがあります。
無糖・ブラック
コーヒー豆を極限まで深く焼き上sげる焙煎“極め焼き”を中心としたブレンドで実現した力強いコク、キレのよい後味のブラックコーヒー。
HOT&COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6~1.1g
ナトリウム 10~20mg
糖類 0g
今回は300gなんですね〜。単純に量を減らして値段を下げてって事かな〜?、それとも、あのサイズだと置いてくれるところが少なかったとか?。ま〜いいや、妄想的前置きはこの位にして、サクッと中味へ行ってみましょう。え〜と、今だ大きいくくりをすれば、香料入りブラックコーヒーの一種ではあるんですけどね、前作から少しずつ、でも確実にコーヒー感がリアルよりへ向かっていると思います。と言うか・・・、むしろ香料入りブラックコーヒーの中では格段に違和感が少ない方で、ココまでやるならいっそのこと無くしちゃえば〜?って思いは消えないものの・・・、結局最後まで違和感なく、また好感を持ち続けて飲むことが出来ました^^。今まで正直よく分からなかった“ボディ感”と言うのが何となく分かったような気がする、しっかりと腰が据わった苦味とコク、味わい深さと飲みやすさの良好なバランス。少なくともライバル達からは頭一つ二つ抜け出し、もしかすると無香料のとも勝負出来るかもしれないというくらい・・・、これは言い過ぎかな〜?、でも、やはり、なかなかの良品だと思いますよ、これは^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、乳化剤、香料
内容量:300g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA オーロラプレッソ

WONDA オーロラプレッソ

WONDERFUL COFFEE
ESPRESSO
微糖
混じり合う、“2層”の味
MILD & BITTER
100%エスプレッソ抽出
マイルド&ビターな“2層”の味わいが混じり合い、“オーロラ”のように広がる、華やかな味わいのエスプレッソ微糖コーヒーです。
エネルギー 17kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.3~0.6g
炭水化物 3.0g
ナトリウム 44mg
糖類 1.9g
正にマイルド&ビター、能書き、または名前の通り広がるコーヒー感が何とも良いですね〜!。さらに、自然なミルク感、控えめかつ特有の違和感を感じにくい甘み、これら全てがなめらかに調和して、かなり心地良い飲み口に仕上がってると思います^^。・・・ただね、う〜ん、甘味料入り微糖として、ある到達点まで達したかな〜ってくらい高い完成度を誇る1本なのは素直に認めるんですけどね・・・、なんて言うのかな、“無ければもっと・・・”感?がどうしても拭えないんですよね〜・・・。特にこう、コーヒー感を始めその他の部分が優れていればいるほどその感が強まるのがなんとも・・・。メーカーさんは、様々な理由、決められた枠内で努力をされているのは重々想像出来るんですが・・・、だからこそのジレンマと言うか、複雑な暗澹たる心境になってしまうんです・・・。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 初恋ブレイク

excellent

WONDA 初恋ブレイク

WONDERFUL COFFEE
ムースカフェ
甘く、ほろ苦い口どけ。
ふるほどに、なめらかに
初めて出会う新感覚
缶をふるほどに、豊かなコクのある深煎りのコーヒーとミルクがふんわりなめらかに。“甘く、ほろ苦い”新感覚の口どけをお楽しみください。
エネルギー 38kcal
たんぱく質 1.1g
脂質 0.3~0.6g
炭水化物 7.8g
ナトリウム 47mg
あの〜、缶をふるほどに云々の記述で、いつも以上に良〜く振ってしまったせいかもしれないんだけど、ムース?、新感覚のふんわりなめらかな食感という印象は、そう言われればそうかな〜?って程度にしかわかりませんでした。でもですね、そんな事は二時的三時的些細な要素と思えるくらい、ホント普通に美味しいよ〜!!。自然なミルク感と甘み、ちょっと過ぎるかもしれないけど、脇役に徹しきったコーヒー感、全体を貫くふんわりとどこまでも優しい飲み口と、心底和めるゆったりとした雰囲気、また時間。たとえ新感覚を楽しめなくても、十二分にデザート系?缶コーヒーにおいて出色の出来映えだと思いますし、缶コーヒー全体から見ても、個人的にはトップクラスの逸品だと思いました^^。何となく、わりと早く見かけなくなってしまうような気がしないでも無いものの・・・、もう、ヘビーローテーション間違いなし、既に相当お世話になる予定立てちゃいましたからね!、アサヒ飲料さん、何としても、長きに渡って発売し続けていただけるよう、お願い申し上げます^^。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、増粘多糖類、乳化剤、香料、カゼインNa
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA イエローダイヤモンド

excellent

WONDA イエローダイヤモンド

数量限定
緊急出荷
モカブレンド
YELLOW DIAMOND
WONDERFUL COFFEE
太陽がくれた香りとコクの宝物
アフリカの太陽と大地が育んだモカをブレンド。一口ごとにふわっと広がる甘く華やかな香りと深いコクをお楽しみください。
エネルギー 33kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.5g
炭水化物 6.5g
ナトリウム 39mg
目下ヘビーローテーション中!!、大傑作“初恋ブレイク”の興奮冷めやらぬ中、またまた来ちゃいましたよ〜、これは!!。もうね、一口飲んだ瞬間から出来の良さが分かるというもの!。モカらしさ十二分、華やかな豆による自然な甘味と酸味、陰ながらもコク深さを演出するしっかりした苦味、しかも、原材料費高騰がささやかれる今、通常価格の120円でこのコーヒー感を実現したというのが、先ずなによりも、本当にもの凄い快挙だと思います^^。もちろん、当然の様に脇を固めるミルクや甘みも塩梅良く見事!!、ちょっと文句の付け所が見当たらない、近年希に見る傑作だと思います!!。・・・ただ、あまりにもらしさが際立っているがゆえ、モカの風味が苦手な方にはお勧めはいたしかねます事だけは、あらためて申し上げさせていただいておきます^^;。さ〜て・・・、数量限定との事ですからね、早めに買いだめしておこ〜っと^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
キャラメルマキアートカクテル

キャラメルマキアートカクテル

ほっ 温めてもおいしい
焦がしキャラメルの香り
ラム酒入り
期間限定
リキュール(無炭酸)
アルコール分3%
お酒
2010年11月~2011年3月までの出荷予定
写真はイメージです。
乳成分、コーヒー由来の成分等が浮遊または沈殿することがありますが、品質には問題ありません。
これはお酒です。
エネルギー 56kcal
たんぱく質 0.4~1.0g
脂質 0.5~1.2g
糖質 7.8g
食物繊維 0g
ナトリウム 48mg
え~と先ずは・・・、実際はこれ“アサヒビール株式会社”製なんですけどね、何て言うか便宜上同じアサヒと言う事で、アサヒ飲料の項に入れさせていただいちゃいます。と言う事で、それではあらためて中味へ行かせていただきます。あ~、そうですね~、もう単純に言っちゃうとキャラメルラテ+アルコール!、お互いに調和するとかは全く無く、それぞれ別の道を平行して行く感じ、何とも不思議な味わいが最後まで続きます^^;。う~ん、ただ、この感想はおそらくアイスで飲んだからだと思うな〜。九分九厘、コレに関しては、“温めてもおいしい”ではなくて、“温めた方が美味しい”、もしくは“温めて飲みましょう”が結論じゃないかな~?。あの~、アイスだと不味いって感想では全然無いんですよ、でも温めることによって全てがより良い方向に転がっていくはず!、絶対美味しい!って、なんの根拠もないのに、変に確信めいたものがわいてきちゃってしかたがないんですよ・・・、極度の猫舌なクセに^^;。 原材料名:ラム、牛乳、コーヒー、キャラメルペースト、糖類、香料、乳化剤、カゼインNa
容量:270ml
アルコール分:3%
販売元 東京都墨田区吾妻橋1-23-1 アサヒビール株式会社
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA モーニングショット

WONDA モーニングショット

The start of a great day
WONDERFUL COFFEE
Morning Shot
スッと飲めて、キリッと苦味。
Morning Shot:100% fresh Arabica beans make a unique flavor.
朝専用
朝専用缶コーヒー
"焼きたて・挽きたて・淹れたて"の目覚めるおいしさ 。
カリッと香ばしく焼き上げた新豆を100%使用し、ワンダ独自の抗酸化高低温二段抽出で、挽きたて12時間以内にドリップ。毎朝のスタートにふさわしいおいしさの缶コーヒーです。
モーニングショットから朝にいいこと、続々!
ワンダHP http://wonda.jp
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.2〜0.6g
炭水化物 7.0g
ナトリウム 45mg
こちらから?、何時の間にか変わっていましたね〜。AKB48のキャンペーンシールを貼っただけかと思っていたんですけど、よく見たらデザイン、と言うか文言かな?、微妙に変わってました^^;。と言う事で、一応上記前作と飲み比べてみましたが、ま〜九分九厘、いや、全く同じとしか思えませんでしたので、感想は割愛させていただきます^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ボディーショットブラック

WONDA ボディーショットブラック

振らずに傾けないでお開けください。
再栓時は漏れないようしっかりお閉めください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
Asahi
WONDERFUL COFFEE
BODY SHOT
BLACK
力強いコク、極め焼き焙煎
Invigorate your mornings and workdays with the rich taste and refreshing of black coffee.
無糖・ブラック
振らずに傾けないでお開けください。品質保持のため窒素充填していますので、中味がふき出すことがあります。
容器のまま温めないでください。
目覚めのブラック
コーヒー豆を極限まで深く焼き上げる焙煎"極め焼き"を中心としたブレンドで実現した力強いコク、キレのよい後味のブラックコーヒー。
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 10~20mg
糖類 0g
HOT&COLD版は300g、書いてはいないものの、HOT&COLDの記述が無く、“容器のまま温めないで下さい”表記がある事からアイス用は400gという商品構成なのかな〜?。・・・ま〜いいや^^;。残念ながら用意出来なかった以前の400gボトルを思い出しつつ、300gボトルと飲み比べをしてみたいと思います。うん?、今回用意した300gボトルの味、前回飲んだものより若干劣る様な気がしないでは無いけど・・・、ま〜これもいいや、仕切り直し^^;。え〜と、300gボトルと今回の400gボトルを比べると、基本的な味わいは非常に似通っているものの、傾向として、しっかり飲み応えの300gボトル、すっきり飲みやすい400gボトルといった差は感じられますね〜、専用ではないものの、やはりアイス用とホット用としてそれぞれ特色付けられているような気はしました。と言う事で、はい、いずれにしても、ボディーショットブラックが、香料入りブラックボトル缶コーヒーの中でメキメキ力を付けている事は疑いようが無く、個人的に言ってしまうと、ついにこのジャンルのトップに上り詰めた記念碑的1本にさえ思えました^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、乳化剤、香料
内容量:400g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 金の微糖

WONDA 金の微糖

Golden Beans
WONDERFUL COFFEE
GOLD
GOLD Is A Premium Coffee With A Radiant-like Beauty Perfected With Premium Beans.
NEW
ひとくち目から広がる“ゴールドプレミアム”テイスト
厳選高級豆使用
豊潤なコクとまろやかさ
厳選した高級豆を中心に新豆のみをブレンドした、ゴールドプレミアムコーヒー。
糖類75%カット※
輝※缶コーヒー通常品の糖類含有量7.5g/100mlと比較
エネルギー 16kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.3~0.6g
炭水化物 2.5g
ナトリウム 43mg
糖類 1.8g
比較用の前作?が見付からず、延び延びになってしまいました。只今、やっと入手出来たので、比較しつつ試飲させていただきます^^。あの〜、「何が何でも違いを述べよ!、さもなくば命は無い!」とか言われれば、前作の方が違和感がない気がすしますと答える程度^^;。引き続き、甘味料入り微糖缶コーヒー頂点の座は安泰でしょう!。甘味料入り微糖缶コーヒーの中ではどれが良いの?と聞かれれば、相変わらず、迷う事なくお勧め出来るのはこれだと確信しています^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ゼロマックス プレミアム

WONDA ゼロマックス プレミアム

A premium coffee without compromising great taste.
WONDERFUL COFFEE
ZEROMAX
Premium
糖類0ゼロ
ほどよい甘さ、ミルクのコク。
ワンダ ゼロマックス プレミアム
Asahi
選りすぐり高級豆ブレンド
選りすぐり高級豆を中心にブレンドし、ミルクのコクと、ほどよい甘さで味わい深く仕上げました。このこだわりで糖類ゼロ。おいしさと品質にとことんこだわった、プレミアムな糖類ゼロ缶コーヒーです。
※栄養表示基準に基づき、糖類0.5g(100ml当り)未満を糖類0(ゼロ)としています。
エネルギー 8kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0g
炭水化物 0.9g
ナトリウム 44mg
糖類 0g
糖類ゼロの元祖にして今だ他の追随を許さない最高峰!、ゼロマックスが今年も順調にモデルチェンジを果たしました!。それでは早速、前作と飲み比べてみることにいたしましょ^^。え〜と、前作との違いは“加工クリーム”の有無ですか〜、確かにそのせいか、若干ミルク感が後退して、コーヒー感が増した様な気がする・・・、しないでもない・・・、いや、しないかな〜^^;。あの〜、当然最大限の研究と努力、またそれまでの蓄積があった上での賜なのは間違い無いものの、初代はある意味偶発的、かつ奇跡的に成り立った面が大きい1本ではないかと言う、あくまで素人考えの仮説が証明されてしまったような気になったりして^^;。え〜、初っ端から完成形を作り上げることが出来た、自らをも越えられないものが出来上がってしまった、生まれながらにして大きなジレンマを抱えてしまったのではないかと・・・、全く根拠無くそんな妄想を繰り広げたりしてます^^;。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、脱脂粉乳、乳たんぱく質、全粉乳、加工クリーム、乳化剤、香料、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA オン・ザ・ロック

WONDA オン・ザ・ロック

PREMIUM
WONDERFUL COFFEE
深いコク、冷たい贅沢
ON THE ROCK
FIT FOR ICE-COLD
アイス用
高級豆キリマンジャロブレンド

高級豆キリマンジャロをブレンドすることで実現した、喫茶店で飲むアイスコーヒーのようなコク深い贅沢な味わいをお楽しみください。
【ブラック 加糖】
エネルギー 27kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 6.6g
ナトリウム 19~29mg
糖類 5.9g
もう大丈夫!、アサヒ飲料の、毎年この時期に登場してくれる定番商品と言っちゃって良いでしょう!!。前置きはもうこの位で切り上げて、早速いただいてみましょうね〜、ふ〜、楽しみ楽しみ〜^^。はいはい、え〜と、若干酸味寄りの前作から、今回は、苦味寄りにとまではいかないものの何となくバランスが中庸になり、併せて丸くなったというか穏やかになったというか、何だか貫禄が滲み出てきたような印象を受けたけど・・・。でも、ま〜、やはり今回も誤差でしょうね、代を重ねるにつれこちらが慣れて安心しきっているせいかと思います^^。当然コレで大正解、今年も大変なお世話になること間違いなしです!!。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ワンダの牛乳割り

ワンダの牛乳割り

冷製
WONDERFUL COFFEE
コク深いコーヒーを、5℃以下のタンクで冷却した冷たい牛乳で割りました。
低糖仕上げ
アイス用
コク深いコーヒーを冷たい牛乳で割り、さらに甘さ控えめの低糖で仕上げました。冷たく、程よい甘さでコクとまろやかさを味わえるアイスオレです。
糖類37%カット(コーヒー飲料等通常品の糖類含有量 7.5g/100mlと比較)
エネルギー 32kcal
たんぱく質 0.6〜1.1g
脂質 0.5〜1.0g
炭水化物 5.4g
ナトリウム 40mg
糖類 4.5g
え~と、いきなり他社製品をあげるのは憚られるのですが・・・、JTのRoots ラテとか、コカコーラ、一つ前のエンブレムカフェオレとか、最近だと、キリンのFIRE アイスオレとかもこの仲間かな~?、ミルク感がサラッとしたタイプのカフェオレです^^。さり気なくもコクがあって喉ごしもスッキリ、素晴らしいとしか言いようの無い絶妙なバランスのミルク感、反面ほとんど空気だけど存在自体は意外と示す不思議なコーヒー感、また、控えめかつ当然違和感皆無自然な甘み、さらには、それら全てが渾然一体と絡み合う抜群の調和感!等々・・・、個人的にはほぼ完璧な仕上がりだと思いました!。・・・ただですね、こう出来が良いからこそ、なんて言うか、皆様方それぞれのカフェオレ観が大きく影響を及ぼす気がして、手放しではお勧めしにくかったり・・・。美味しい不味いでも、好き嫌いでもなく、認める認めないの両極端に分かれてしまいそうな感じがするんですよね〜、カフェオレ版イデオロギー闘争勃発みたいな!!。・・・大げさ過ぎました、ごめんなさい^^;。これ以上は妄想に収拾がつかなくなる恐れがあるので止めます・・・^^;。え~、あくまで個人的感想でまとめましょう。今のアサヒ飲料には、そのムース感で忘れがちだったけど、単にコーヒー感強めのカフェオレとしても素晴らしい"初恋ブレイク"があってこれもある。時、場合、気候、気分、それぞれにおいて好きなように選べるのは、一カフェオレ好きとして単純に嬉しいな~って思いましたし、なにより、キンキンに冷やしてゴクゴクと、いくらでも飲めちゃいそうでもう最高!、これからの時期大活躍間違い無しの1本だと確信しています^^。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、クリーム、バターミルク(濃縮)、乳化剤、香料、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA アイムフリー ブラック

WONDA アイムフリー ブラック

この商品は加温器販売が出来ます。再栓時は漏れないようしっかりお閉めください。
開閉時の液だれや、キャップの切り口でのけがにご注意ください。
Asahi
I'm FREE
〈カフェインレス〉
WONDERFUL COFFEE
BLACK
コーヒー入り清涼飲料(カフェインレス)
HOT&COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
香り高く風味豊かなアラビカ種のコーヒーを100%使用したやさしいカフェインレスコーヒーです。
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 13〜23mg
糖類 0g
一口一口の喉ごしこそ、それほどではないものの、何て言うか、だんだん蓄積されていく感じかな〜?、最終的に“コーヒー入り清涼飲料”とはとても思えないコーヒー感を得ることが出来ている印象。カフェインレスとか、コーヒー入り清涼飲料とかの前情報が無ければ、いずれにおいても何ら普通のブラックコーヒーを飲んでいる感覚に相違無いと思います。・・・ただ、このサイズ、この金額(確か税込130円)はどうかな〜?って思いますね〜・・・。でも、パッと思いつく限りでは、コカコーラの“GEORGIA プレシャスラッテ”くらいかな〜?、おそらく現状では選択肢のない“カフェインレス”缶コーヒーと言う新ジャンル。糖類ゼロとか、朝専用とかのように、アサヒ飲料さんならしれっと開拓しちゃうかもね〜、1年後くらいには雨後の筍状態かもしれません^^。 名称:コーヒー入り清涼飲料(カフェインレス)
原材料名:カフェインレスコーヒー、香料、乳化剤
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA アイムフリー ラテ

WONDA アイムフリー ラテ

この商品は加温器販売が出来ます。再栓時は漏れないようしっかりお閉めください。
開閉時の液だれや、キャップの切り口でのけがにご注意ください。
Asahi
I'm FREE
〈カフェインレス〉
WONDERFUL COFFEE
LATTE
カフェインレスコーヒー100%
HOT&COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
香り高く風味豊かなアラビカ種のコーヒーを100%使用したやさしいカフェインレスコーヒーです。
エネルギー 35kcal
たんぱく質 1.2g
脂質 0.5〜1.2g
炭水化物 5.7g
ナトリウム 44mg
さすが“ニッセー第四工場”・・・、いやいやいや^^;。え〜、カフェインレスとか抜きで、極普通に良い感じですよ〜^^。濃いめでコクのあるミルク感、サラッと優しい甘み、意外に強く感じられるコーヒー“感”・・・あれ?、早くも前言撤回、うん、コーヒー感強めのカフェラテとして普通以上に良い感じですよ、これは^^。・・・ただ、やはりコレも上記ブラックと同じく価格がね〜・・・。ケチくさくて大変申し訳ないんだけど・・・、良いんだけど、正直そこまでは・・・、“カフェインレス”強い意義を見いだせない私としては、ほかに選択肢が沢山あるしって思っちゃうんんですよ、自社でさえ“初恋”とか“牛乳割り”とか・・・ね^^;。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:2.5%
乳脂肪分:0.8%
原材料名:牛乳、砂糖、カフェインレスコーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa
内容量:190g
製造所所在地:静岡県焼津市下江留896-6
製造者:株式会社ニッセー第四工場
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア アサヒ飲料株式会社  /  /  /  /  /  /  /  /  / 10 / 11 / 12 / 13

PAGE TOP

缶コーヒーマニアTOP

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析