トップ>缶コーヒーマニア トップ>アサヒ飲料株式会社

缶コーヒーマニア アサヒ飲料株式会社

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

東京都墨田区吾妻橋一丁目23番1号

http://www.asahiinryo.co.jp/

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアアサヒ飲料"をどうぞご利用下さい。

"モーニングショット"で一躍トップグループに近づいて来たカナ?ブランドとしての"WONDA"はイマイチな印象がありましたけど・・・(モウシワケございません、ナナヒメのかってな想像です・・・)コノ勢いが続く様になるといいと思います。

アサヒ飲料缶コーヒーについて、全体の印象なんかをブログ" 週刊?缶コーヒーマニア通信 "にも書いています。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
国民投票第4位 国民投票第15位 国民投票第13位 国民投票第4位 国民投票第2位 国民投票第1位 国民投票第4位 国民投票第7位 国民投票第16位
2016年
625票 / 14.9%
2015年
6票 / 0.1%
2014年
108票 / 1.5%
2013年
324票 / 7.1%
2012年
502票 / 7.6%
2011年
536票 / 8.2%
2010年
381票 / 4.6%
2009年
145票 / 4.4%
2008年
9票 / 0.6%
WANDAショット&ショット

WONDA ショット&ショット

コーヒーのコクしっかり、甘さすっきり。30代からうれしい、新・微糖缶コーヒー。
エネルギー 19kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.5g
炭水化物 3.1g
ナトリウム 51mg
糖類 2.4g
とてもスムース、グイグイ飲めます微糖はあまり好きではないんですけど割といけます、ただ・・・個人的にコーヒーを飲んでいる感じがしません、水を飲むように何本でも飲めます、もう少しコーヒー感があるといいな。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WANDA モーニングショット

WONDA モーニングショット

朝専用缶コーヒー
コーヒー豆を中煎りで焙煎した<モーニングロースト製法>。毎朝すっきりとスタートしたいあなたにピッタリの味をお楽しみ下さい。
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.5g
炭水化物 7.0g
ナトリウム 51mg
コレね、何か違和感のある味が全体を覆っている気がするするんですよね~、刺激が強めの苦味、コーヒー感はとてもイイので、別の要素だと思うんですが(ミルク、砂糖?)、余談ですが、やっぱり宣伝ってダイジですよね、飛び抜けて美味しいって訳でもナイノニナ~・・・ 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WANDAこだわり焙煎

WONDA こだわり焙煎

こだわり焙煎製法
コークス焙煎
石炭を蒸し焼きにした「コークス」で、丹念にムラなく焙煎しました。コークス焙煎製法ならではの豊かなコクと香りをお楽しみください
エネルギー 42kcal
たんぱく質 1.1g
脂質 1.2g
炭水化物 6.7g
ナトリウム 34mg
かなりクリーミーですね、(ちなみに種類別名称は乳飲料)生クリームの中に豆の味っていう感じです、クリームも豆もともにオイシイですけど、それぞれバラバラな感・・・でバランスがチョットデス。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:2.0%
乳脂肪分:1.1%
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、乳製品(クリーム、全粉乳、脱脂粉乳)、乳化剤、香料、カゼインNa、セルロース
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WANDAモーニングオ・レ

WONDA モーニングオ・レ

朝専用カフェオレ
朝からすっきり飲みやすいカフェオレです。
エネルギー 47kcal
たんぱく質 1.2g
脂質 1.4g
炭水化物 7.4g
ナトリウム 39mg
コレはオイシイですね、カナリミルク感が強いですケド(乳飲料ですから当然ですね)、ミルクのしつこさ、クドサが無く甘さもとっても控え目でサラッと飲めます、微妙に感じるコーヒー感も丁度よく美味しく飲めました。
どこら辺が"朝専用"かはワカリマセンでしたケド・・・
種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:2.7%
乳脂肪分:1.0%
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WANDAストレートカフェ

WONDA ストレートカフェ

コーヒーにミルクを少しブレンド
甘くないストレートな味わい
砂糖不使用
直火焙煎したコク深いコーヒーにミルクを少しブレンド。砂糖不使用の甘くない缶コーヒーです。
エネルギー 9kcal
たんぱく質 0.4g
脂質 0.4g
炭水化物 1.0g
ナトリウム 27mg
ショ糖 0g
缶に記載の通り、ブラックコーヒーにミルクをほ~んの少しです、ミルクは有っても無くても・・・って感じですが、ブラックコーヒー程のコーヒー感は無く、飲みやすいのがミルクの効果なのカナ?、こういったタイプには、もっとダイレクトなコーヒー感や刺激が求められているような気がするのですが・・・、ブラックコーヒーと普通のブレンドコーヒーの間を狙っているんでしょうけど・・・ 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WANDAワンダフルブレンド

WONDA ワンダフルブレンド

新豆を100%使用。フレッシュな新豆ならではの豊かな風味を「挽きたてドリップ」でお楽しみ下さい。
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.5g
炭水化物 7.2g
ナトリウム 48mg
コノ"コーヒー"の味はほぼすべて酸味です、苦味はホトンド感じられません、個人的にはチョット苦手なタイプ・・・、でもイヤナ後味は残りませんので大丈夫ですケド、強めの酸味はアイスには向かないのかな~?、ミルク感も少しありますケド味がチョット・・・ですしその強めの酸味とバラバラな感じがしちゃいました。
名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WANDAビッグ

WONDA ビッグ

しっかりとした味わいを、たっぷりお楽しみいただけるビッグな缶コーヒーです。
エネルギー 36kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.4g
炭水化物 7.4g
ナトリウム 33mg
何か変ダナ~?、飲んでいてズット違和感があるんですが、それが何でかワカリマセン・・・、甘ったるいかって言えばそうでもない、ミルクが強いかって言えばそうでもない、ん~コーヒー感のマッタク無いコーヒーの味(苦味、酸味、コクがない)?コーヒーキャンディーのような・・・?甘くないカラメルみたいな・・・?
コノ感覚は"ジョージアオリジナル"を飲んでいる時にも有ったのですが、コノタイプが(250ml缶)廃れていった理由がよく分かるような気がします。
"コーヒー牛乳"とか"ミルクコーヒー"とかの方がよっぽど明快で分かりやすい、はっきり言ってしまうと"どんな味を目指しているのかワカリマセン"ってところデス(コノ味がそうだと言われてしまえば、ソウナンデスカ・・・なんですけど)、やっぱり個人的にダメだな~・・・、1本飲めなかったデス・・・。
名称:コーヒー飲料
原材料名:砂糖、コーヒー、牛乳、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa
内容量:250g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WANDA100年ブラック(無糖)

WONDA 100年ブラック(無糖)

100年かけてたどりついたブラック
日系ブラジル農園の厳選したコーヒー豆100%。1908年、遥か遠いブラジルに夢を求めて渡っていった日本人の思いを引き継いだブラックコーヒーです。素材の持つ力を引き出すために豆同士を擦り合わせ磨き上げる「ナチュラルポリッシュ製法」使用。クリアに仕上がった味と香り。伝統と革新を併せもった美味しさです。
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 10~20mg
糖類 0g
コレは薄いんじゃないですか?ミネラルウォーター?、コーヒー感がほとんど感じられないのは気のせいかな~?舌がおかしいかな~?、不安になります・・・、確かに"クリア"ですけど・・・コーヒーは?、"クリア"過ぎですよ~・・・、すご~く残念ですね。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ダイエットカフェオ

ダイエットカフェオ

ダイエットコーヒー、ノンシュガーカロリーオフ
エネルギー 19kcal
たんぱく質 1.0g
脂質 1.0g
炭水化物 1.9g
ナトリウム 26mg
糖類 0g
キシリトール 1.2g
ナナヒメ的に名前がとっても気になる"ダイエットコーヒー"お味のほうは・・・、結論から言うと・・・イマイチでした・・・、確かに"コーヒー風味"なんですけど、何か味が違うんですよね~「ガンバってコーヒー風にしてみました!!」みたいな・・・、甘みもミルク感も含めてみんな"風味"なんですよ~、コノ缶コーヒーで劇的に痩せたりすることは無いと思うので・・・、ザンネンですが他の美味しい缶コーヒーを頂きます・・・。
この甘み成分は味わった事があるような・・・?、"シュガーカット"だったかな~"パルスイート"だったかな~、何か記憶にあるんですが・・・、思い出せません・・・。
名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、コーヒー、乳たんぱく質、植物性油脂、甘味料(キシリトール、アセスルファムK)、乳化剤、カゼインNa、香料、(原材料の一部に大豆を含む)
内容量:280g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA アイスコーヒー

WONDA アイスコーヒー

アイス用・コーヒー
ザ・スタンダードアイスコーヒー
新豆を100%使用、熱風焙煎により、短時間でカラッと深煎りに焼き上げ、「挽きたてドリップ」で仕上げたアイスコーヒーです。スタンダードなアイスコーヒーをお楽しみください。
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 4.5g
ナトリウム 15~25mg
すご~くシンプル、原材料の通り"コーヒー"と"砂糖"です、"アイス用コーヒー"ってこのタイプ多い気がするけど、何でなんだろ~?っていつも思うんですよね、アイスにミルクも入れていいような・・・少数派なのかな~、コーヒーとしては酸味が強めに出てるタイプ、甘さは最小限だと思いますよ、何か飲んだことのある味だと思ったんですけど、思い出しました、昔(って言うか今も?)、作り置きを麦茶のポット?に入れて冷蔵庫で冷やしておいたモノ・・・あれ確かこういう味です。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖
内容量:280g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA グラマラスボディー

WONDA グラマラスボディー

深煎りコーヒーとミルクのコク
深煎りコーヒーのコクとれん乳のコクがからみ合う飲みごたえグラマラスな缶コーヒーです。
エネルギー 39kcal
たんぱく質 1.1g
脂質 0.9g
炭水化物 6.6g
ナトリウム 38mg
オイシイです、"コーヒー"のコク・ミルクの"コク"ともにとっても良く、それが良く馴染んでイイ味になってますよ~、甘さも丁度イイですし、"アイス"でもコノ濃厚な感じが出てるというのは素晴らしいと思いますね、飲んだ時若干ぬるかったんですけど、もっと冷たくするとさらに美味しくなると思いました。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、加糖練乳、デキストリン、乳化剤、香料
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ネクストステージ・コーヒー

WONDA ネクストステージ・コーヒー

有機栽培珈琲豆100%使用
有機栽培されたコーヒー豆(有機JAS認証取得)を100%使用。
上質さにこだわる大人のための、コーヒーの深いコクが楽しめるプレミアムタイプの缶コーヒーです。
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.5g
炭水化物 6.8g
ナトリウム 44mg
美味しいですね、ちょっとミルクが浮いている?感は有るんですが(イヤナニオイとか味ではありません)、コーヒーの苦味・コク・香りともに良質で甘さも控え目、全体にとがったところも無く落ち着きがありますしね、コレだけのものなのにあまり見かけないのは・・・、ホット向け?それとももう出荷してない?何かモッタイナイ気がします。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、砂糖、濃縮乳、脱脂粉乳、香料、カゼインNa、乳化剤
内容量:170g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAストレート

WONDA ストレート

第5の缶コーヒー
COFFEE WITH MILK
砂糖不使用
第5の缶コーヒー”ストレート”
スタンダード・微糖・ブラック・カフェオレと異なる「第5」の缶コーヒー。砂糖を入れないコーヒーに、ミルクを少しブレンドしたコーヒー通の味。それがワンダストレートです。
エネルギー 9kcal
たんぱく質 0.4g
脂質 0.3g
炭水化物 1.2g
ナトリウム 32mg
ショ糖 0g
これシンプルな缶に見えますけど結構凝ってますよ~、上の写真で赤いシールが貼ってあるように見える所、ココ塗装なんですね下が透けるような感じでオモシロい^^最初はがそうとしちゃった^^。「"第5の缶コーヒー"?大げさな・・・」って感じで飲み始めたんですが・・・美味しい!!、すごく透明感があって(決して水っぽくは無いですよ)それでいてしっかりコーヒー感がある、苦味と後味のホノカナ酸味また存在感を感じさせない程度のミルク、この一連の流れがスゴク気持ちイイですね~、当然のように甘ったるさは皆無ですし、素晴らしい仕上がりです。前に"WONDAストレートカフェ"(コノページ上の方にあります)って同じ様なコンセプトの商品がありましたけど、中途半端な感じがしてイマイチだったんですが、今回は激しく進化しましたよ^^、コレは個人的に定番になりそうな気がしますね^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、乳化剤、カゼインNa
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAショット&ショット

WONDA ショット&ショット

キレ・コク・微糖
微糖なのに、コクがある。糖類69%カットで、キレもある。ワンダ独自の「フリーズドリップ製法※」採用。
※コーヒー本来のコクを引き出すために”凍結濃縮”コーヒーエキスを使用してつくり上げる製法です。
糖類69%カット・・・缶コーヒー通常品の糖類含有量7.5g/100mlと比較
エネルギー 19kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.5g
炭水化物 2.9g
ナトリウム 52mg
糖類 2.3g
このシリーズは”微糖”にありがちな、嫌な感じの甘さが無いのがいい所ですね~、以前はそれとともに”コーヒー感”も弱かったんですが、今回は多少増えたかな?”コーヒーエキス”のせいか不明ですが、ちょっとウソクサイ感じはありますけど・・・^^。すっきりしていてグイグイ飲める感じは良くも悪くも残ってますので、ノドが乾いた時なんかはイイかも知れません。ハズレが多い気がする”微糖”の中では、うまく仕上がっていると思いますよ^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、コーヒーエキス、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAショット&ショット69

WONDA ショット&ショット69

糖類69%カット
深煎り・挽きたて・絶対微糖
微糖コーヒーの美味しさが引き立つこだわりの「糖類69%カット※」。ビシッと苦味、スキッと後味のショット&ショット69をお楽しみください。
※缶コーヒー通常品の糖類含有量7.5g/100mlと比較
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.4g
炭水化物 2.9g
ナトリウム 36mg
糖類 2.3g
このシリーズ共通だった、グイグイ飲める感じは薄れて、しっかりした苦味を伴った飲み応えのあるものに変わりました、"微糖"にありがちな変な甘さは引き続き皆無ですので、すごく嬉しいモデルチェンジ?です^^。個人的には"微糖"のジャンルに美味しい物は無いな~って感じてるんですけどコレは別物ですね^^、"微糖"のジャンルの中で、他の追随を許さない美味しさに仕上がっているのは当然として、普通の缶コーヒー?と比較出来うる、トップクラスの美味しさになったと思いました^^。ダイエット中の私には、この美味しさと糖分が少ないってところと合わせて最高かも?^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、コーヒーエキス、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
100年ブラック

WONDA 100年ブラック(無糖)

日系ブラジル農園産豆限定
100年かけてたどりついたブラック
日系ブラジル農園の厳選したコーヒー豆100%。1908年、遥か遠いブラジルに夢を求めて渡っていった日本人の思いを引き継いだブラックコーヒーです。素材の持つ力を引き出すために豆同士を擦り合わせ磨き上げる「ナチュラルポリッシュ製法」使用。クリアに仕上がった味と香り。伝統と革新を併せもった美味しさです。
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 10~20mg
糖類 0g
以前の商品と比べて相変わらず薄い感はありますが、少しコーヒー感が増したかな~・・・?、まだ少し残っている水っぽい感じが無くなったら、凄く化ける感じがするんだけど・・・、ま~これが"クリアな味"って言われてしまえば、言い返す言葉も無いですが^^。爽やかな酸味、微かな苦味、そんな"豆"の風味がいいだけに勿体無い感じがしちゃうけどな~・・・。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
モーニングショット

WONDA モーニングショット

朝専用缶コーヒー
おはようございます。朝はやっぱり「朝専用」。スッと飲めて、キリッと苦味のモーニングショットをお楽しみください。
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.5g
炭水化物 6.9g
ナトリウム 40mg
たくさんのフォロワーを生み出した"ワンダ"の大ヒット商品"モーニングショット"がモデルチェンジですね^^、以前の物はあまりパッとしない印象だったんですが・・・。あ~だいぶ良くなってますね!スッキリとしてるんですが、適度な苦味はしっかりあって、な~んか違和感のあった味が無くなってます。なんとなく"朝専用"って感じが分かるようになって来た気がします、どこが?って言われちゃうと困っちゃうんですけどね^^。前は企画物って感じが前面に来ちゃってた気がするんですが、今回は単純に美味しくなっていると思うな~、朝だけじゃなくってね^^、大ヒットしたのでよりお金がかかってるのかな~?。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAカフェオ・レ

WONDA カフェオ・レ

種類別 乳飲料
フレンチローストの豆と多めの砂糖と牛乳で仕上げました。
エネルギー 46kcal
たんぱく質 1.1g
脂質 0.9g
炭水化物 8.4g
ナトリウム 39mg
まさに"乳飲料"のカフェオレって感じの味、カフェオレって言うかコーヒー牛乳かな~?。でも、ベタッとしたくどい甘さではなく(結構甘いですけど^^)、ほんの僅かながらコーヒー感もあるし、なんか全体的に丸くてやさしい味なのでとっても好感が持てます^^。本格的?な缶コーヒーもいいけど、たまにこういうの無性に飲みたくなる時ってあるんですよね~、そんな時に最適ですねこの味は^^。なんか、子供の時に母親に作ってもらった"コーヒー牛乳"を思い出しちゃって、懐かしい気分になりました^^。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:2.4%
乳脂肪分:0.8%
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、コーヒーエキス、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ワンダデミタスコーヒー

WONDA デミタス・コーヒー

有機コーヒー豆100%使用
有機JAS認証取得
コーヒー豆量 1.5倍
当社従来品比
力強いコーヒーのコクと香りのワンダデミタスをお楽しみください。
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.5g
炭水化物 6.8g
ナトリウム 44mg
すごく美味しいですね~^^、能書き通りの強いコク、香り、それから深めの苦味、ミルク感も甘さも凄く控えめで変に存在を主張せず、まったくコーヒーの美味しさの邪魔をしない、いい脇役(って言うか"縁の下の力持ち")として完全に調和してます、当然のように変な後味も皆無ですしね、ちょっとすごいですよ、これ!!^^。170gと少な目ですが、一本飲むと、「コーヒーを飲んだ~」って高い満足感が得られますし^^、高級感のある缶のデザインも、その中身の良さを象徴してると思います。そんなんで、ちょっと文句の付けようが無いな~、はっきり言って脱帽です^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、砂糖、濃縮乳、脱脂粉乳、香料、カゼインNa、乳化剤
内容量:170g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
冬のアイスコーヒー

WONDA 冬のアイスコーヒー

はちみつとメープル風味
アイス用・コーヒー
メープルフレーバーとはちみつを加え、深煎りのコーヒーで仕上げました。
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.7g
炭水化物 6.4g
ナトリウム 34mg
たまたまかも知れませんが、"GEORGIA カフェドメープルバニラ"と同時購入でコレもメープルシロップ入り^^、どこかでこの時期にメープルシロップ入りのコーヒーを飲む習慣でもあるのかしら?^^。ちなみに"GEORGIA カフェドメープルバニラ"は、予想に反して^^素直に美味しかったので、コレにも期待が持てます。さて肝心のお味の方ですが、同じメープルシロップ入りでも、こうも違うもんなんですね~^^、"GEORGIA カフェドメープルバニラ"の方はメープルシロップとバニラの風味を前面に出した感じでしたけど、こちらは正反対、コーヒー感が前に来て、メープルシロップは完全に脇役、個人的にはこちらの方が好きだな~^^。へんな言い方ですけど、普通に美味しいんですよね~^^、しっかりとしたコーヒー感、アクセントとして効いているメープルシロップとハチミツの風味、またそれらの調和、いい感じの苦味と程よい甘さを伴った後味、ちょっとモンク無い仕上がりだと思います。出来れば"冬の"なんて言わないで、一年中販売してホシイくらい美味しいと思いました^^。正直に言っちゃうと、"缶コーヒーマニア"を始める前はあんまり印象無かったんですよね~"WONDA"の缶コーヒー・・・、でもねそれはまったくの誤解でした^^、とんでもなく美味しい物が多くって、一部を飲んで決めちゃったらダメだな~って反省中です^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、はちみつ、乳化剤、カゼインNa、香料
内容量:275g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAストレート

WONDA ストレート

第5の缶コーヒー
COFFEE WITH MILK
砂糖不使用
第5の缶コーヒー”ストレート”
スタンダード・微糖・ブラック・カフェオレと異なる「第5」の缶コーヒー。砂糖を入れないコーヒーに、ミルクを少しブレンドしたコーヒー通の味。それがワンダストレートです。
エネルギー 9kcal
たんぱく質 0.4g
脂質 0.3g
炭水化物 1.2g
ナトリウム 32mg
ショ糖 0g
上の"WONDA ストレート"のデザイン違いですね、赤いラベルが無くなって通常版になったのかな?。お味の方は同じだと思うけど、やっぱりこれ美味しいわ~^^。そんなんで感想は上のコメントをお読み下さい^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、乳化剤、カゼインNa、
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
圧力仕立て

WONDA 圧力仕立て

高速・高圧抽出機採用
高速・高圧抽出機を採用し、深煎り豆のおいしいところを抽出しました。独特な味をブレンドタイプでご堪能ください。
エネルギー 28kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.4g
炭水化物 5.6g
ナトリウム 48mg
なかなか濃厚なコクと強めの苦味がいい感じですね~、それ以外のミルク感や甘味も邪魔をする事無く適度、"キレ味スッキリ"とは正反対の喉に積み重なっていく感じの苦味なんか好きだな~^^、能書きの"独特な味"っていうのは分かりませんでしたけど、完成度が高く美味しかったです^^。・・・でもねちょっとだけうそ臭い感じがしちゃったのは何でだろう?香料のせいかな?、気のせいかもしれんませんがそこだけは惜しい気がしちゃいました、ま~全体の美味しさから考えたらたいした問題では無いですけど^^。
最近乗ってますね"WONDA"は、安心して選べるものが続いてて、この安定感・安心感はちょっと凄いと思います^^。
名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、乳化剤、香料、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
圧力仕立てブラック加糖

WONDA 圧力仕立て(ブラック加糖)

数量限定
高速・高圧抽出機採用
高速・高圧抽出機を採用し、カフェで飲むエスプレッソを再現しました。驚きの味をご堪能ください。
エネルギー 28kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 0g
炭水化物 6.6g
ナトリウム 26mg
"コーヒー"の部分は抜群に美味しいです!!、この感じはちょっと缶コーヒーではなかなか味わえない美味しさですよ、スッキリとは正反対の濃厚な苦みが飲むたび折り重なってく感じがホントに快感だし、豆そのものの風味も抜群で、その風味を邪魔する雑味も皆無、もう"コーヒー"の美味しさがギュウギュウに凝縮されていてスゴイの一言^^。最近美味しい缶コーヒーを連発してくれているWONDAの中にあっても、これは行き着くとこまで行き着いちゃった感さえある、素晴らしい仕上がりだと思います!!。・・・って"コーヒー"は大絶賛ですけど、不満が1つだけあります、それも"コーヒー"の素晴らしさを帳消しにしちゃうくらい重大な・・・、それは甘味なんです、飲み始めた頃はちょっと甘いかな~くらいでそんなに気にならないんだけど、何か徐々に蓄積されて凄く邪魔で鼻につく・・・、結構量も多そう・・・、せっかく良質な苦みの余韻を楽しみたいのに、甘味成分の方が強くなってきちゃって、しかもかなり長い間舌がピリピリするくらい舌に残って消えない・・・、"コーヒー"の余韻なんてどっかに消えちゃってピリピリだけがず~っと残る・・・。なんて言ったらいいのかな~、ゴールは直ぐそこ、手が届く距離なんだけど、何故かもやもやしとした壁があって辿り着けず、もがいてる内にもやもやがだんだん濃くなってゴールは消えちゃったみたいなもどかしさがあるんですよ、すごく・・・。単純にブラック"無糖"じゃダメな理由があるのかな・・・?、甘味が無いと許せないって方のため?、それも逆効果な気がするけど・・・んんん~ブラック"無糖"で飲んでみたい~、アサヒ飲料さん是非是非お願いします^^数量限定でもいいですから。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、マルトデキストリン、香料、甘味料(アセスルファムK)
内容量:160g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAモーニングショット

WONDA モーニングショット

新豆挽きたて抗酸化製法
淹れたて密封
淹れたてのおいしさ密封
朝専用缶コーヒー
おはようございます。朝はやっぱり「朝専用」。スッと飲めて、キリッと苦味のモーニングショットをお楽しみください。
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.5g
炭水化物 6.9g
ナトリウム 40mg
基本的なスペックは以前のと変わらず、豆と製法だけを改良したようです。さてお味の方に行きますね、変化はマイナーチェンジ位だと思います、でもね~"朝専用"ってコンセプトでいくと"スッと飲めて、キリッと苦味"って言うのが良いと思うし、以前の方がそれに近い仕上がりだった気がするんですよね~・・・、ほんのちょっとの差だと思うんだけど、苦味が減っちゃった感じだし、全体的にぼやけた味になっちゃった気がして・・・。これは私の勝手な想像ですけど、"モーニングショット"は今やアサヒ飲料の主力商品になり、より多くの方を対象とする製品として、好き嫌いを感じ難いこういう味になって行くと思うんだ、ま~"朝専用"ってどこ?って言うのは置いといて^^定番として正解だと思うし、美味しい事は間違いないからご安心を、マニアとしてはちょっと寂しいってだけですから^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
黒い微糖

WONDA 黒い微糖 圧力仕立て

ブラック微糖
ブラックでは物足りない!
ミルクはいらない!
コーヒー豆のしっかりとした旨味と苦味を引き出したブラック微糖。エスプレッソ抽出ならではの強いコクが魅力です。
エネルギー 10kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 2.2g
ナトリウム 28mg
糖類 1.2g
能書き通りにかなり力強い苦味とコクが味わえますね、この尋常じゃない力強さや濃厚さはこのシリーズ(圧力仕立て)共通の特徴で、1本でお腹いっぱいに感じちゃうとこなんか、かなり個性的だし好感が持てます。でも・・・、甘みが強過ぎてせっかくのコーヒー感を損なっちゃっていた"WONDA 圧力仕立て(ブラック加糖)"と比べると甘さは全然少なく、ブラックって言い切っちゃても良いくらい直接的に感じなくなったのはいいんだけど、なんて言うのかな~、全体の風味を薄~い膜でくるんだような甘みに今度は違和感があるんだな~・・・。しかしね、最初に出た"WONDA 圧力仕立て"の濃厚な苦味やコクが良くて、この濃厚な苦味やコクだけ味わえたらさぞかし美味しいだろうな~って思ったのに、純粋なブラックで出してくれないのは何でなんだろう・・・?。ま~ね、こう加糖・微糖って続くのは、この濃厚さを演出してる重要な要素が砂糖類だって事なんでしょう、きっと・・・、んん~でもやっぱり味わってみたいよ、無糖の圧力仕立てを・・・、素人考えかもしれないけど、きっと素晴らしいものになると思うんだよね・・・。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、マルトデキストリン、香料、甘味料(アセスルファムK)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAアフターショット

WONDA アフターショット

微糖
食後に合う缶コーヒー、糖類69%カット※
食後のリラックス時の一服に合うコーヒー感と、後味スッキリのおいしさ。絶妙なブレンドと繊細なローストに、香料を使用せずに微糖で仕上げた、食後に合う「アフター」という名のコーヒーをお楽しみください。※缶コーヒー通常品の糖類含有量7.5g/100ml
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.4g
炭水化物 2.9g
ナトリウム 50mg
糖類 2.3g
おすすめ通り食後に飲んでみました^^、確かに微糖による違和感が少なく、変なクセがないコーヒー感は食後の一服には悪くないです。・・・けど、正直言っちゃうとスッキリよりアッサリって感じで、今一つ引っかかりに欠けるだよね、どうかな?って考えてるうちに終わっちゃう・・・。でもね、思い出してみると"モーニングショット"も最初の頃はあんまりパッとしないな~って印象だったよ、代を重ねるごとにどんどん良くなって、今やWONDAを支える定番、アサヒの缶コーヒーって言うとWONDAよりモーニングショットの方が有名なくらいだもんね^^、これも次かその次位にはそういう存在になってるといいですね^^、楽しみにしてます。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAモーニングショット

WONDA モーニングショット

当年度産新豆ブレンドはじめました。
モーニングショットは風味豊かなアラビカ種の"新豆"を100%ブレンド。本年も、当年度産(2006年~2007年)"新豆"に切り替わりました。
朝専用缶コーヒー
おはようございます。スッと飲めて、キリッと苦み。朝はやっぱり「朝専用」。独自の新豆挽きたて抗酸化製法で"淹れたてのおいしさ"を密封しています。
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.5g
炭水化物 6.9g
ナトリウム 40mg
これも基本的なスペックは以前と同じで、新豆を使用したって感じですね。原材料や成分表示は変わらないんだけど、豆が違うと不思議と印象が変わるもんですね~、苦味の質は良い感じなんだけど、キリッとって言うにはちょっと弱い気がするんだよね・・・、全体的にもよりマイルドな方向に向かってる気がして、何か"朝専用"から感じるイメージと違うんです。んん~・・・、どんどん味がぼやけた感じになっていくんだな~、つかみ所が無いって言うか・・・、美味しい!!って程でもないし、かといって不味いわけでは決して無い・・・。でもね~、これだけ売れちゃうと、チョットしたモデルチェンジでも難しいんだろうな~、沢山増えたファンの方達に、さらに美味しくなったねって思わせ続けるのは・・・。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
モーニングショット

WONDA モーニングショット

目覚めるコク・キレ
朝専用缶コーヒー
深煎り豆1.5倍増量※。熱風式焙煎でカリッと香ばしく焼き上げ、独自の抗酸化高低温二段抽出(特許出願中)で、絶妙なコク・キレに仕上げました。朝の目覚めにぴったりのモーニングショットをお楽しみください。※当社従来品
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.5g
炭水化物 6.8g
ナトリウム 38mg
すっかり"WONDA"ブランドのメイン商品に成長した"モーニングショット"、なんか貫禄さえ出てきたきがするのは私だけかな~?^^。大変生意気な言い方で申し訳ないんだけど、外のが今一つパッとしない印象だから・・・、"WONDA"の命運をすべてしょっちゃってる感じがするんだな~。同じアサヒのビールに似てますね~、"スーパードライ"の印象が際立っちゃってて、外のがちょっと・・・って状況、何か凄く興味深いです、社風?。・・・って前置きが凄く長くなっちゃてゴメンナサイ、中身に行きますね。歴代のモーニングショットと比べて苦味がかなり強くなりました、この濃厚な苦味は、個人的には"朝専用"って感じに一番近付いた感じです、豆の風味自体も良く、控えめなミルク感・甘味と共に最良のモーニングショットが完成したんじゃない?^^。今までずっと、"朝専用のモーニングショット"と"WONDAの主力商品としてのモーニングショット"の間で迷い、結局ハッキリしない物が出来上がっちゃてた印象があったんだよね、今回のでやっとその2つが両立出来、名実共に"WONDA"のトップ商品に仕上がったと思いました^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アフターショット

WONDA アフターショット

微糖
食後に合う缶コーヒー
糖類69%カット※
しっかりとしたコーヒー感と、スッキリ軽い後味。絶妙なブレンドと繊細なローストで、香料を使わず微糖で仕上げた食後にふさわしい缶コーヒー。
※缶コーヒー通常品の糖類含有量7.5g/100mlと比較
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.4g
炭水化物 2.8g
ナトリウム 51mg
糖類 2.3g
約半年でのモデルチェンジは、ちょっと早い気もしますね、早くモーニングショットに次ぐ柱をって感じなのかな~?。この感じは、何か記憶にあると思ったら、ビールがそうでしたね~、"スーパードライ"は抜群に強いけど他のがどうも・・・って言うのにね^^、社風?かな?。肝心のお味の方は正常進化って言って良いと思います、相変わらず不自然な甘味は感じにくく、今回はそこに少しコーヒー感が上乗せされた感じです。でもね~、悪くは決してないんだけど、なんかまだ引っ掛かりに欠ける気がする・・・、狙い通りなのかも知れないんだけどね・・・。でも、結構糖類を減らしてるのに、コレだけ自然な甘味を実現してるは凄い技術で、特筆すべき点だと思います^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
圧力仕立てブラック無糖

WONDA 圧力仕立て BLACK無糖

高速・高圧抽出機採用
ブラック・無糖
圧力がブラックを進化させる
高速・高圧(エスプレッソ)抽出機だからできた強いコーヒー感と芳醇な香りのブラックです。
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 26mg
糖類 0g
圧力仕立て(ブラック加糖)の時に無糖が飲みたいって書いたんだけど、やっと出てくれましたねブラック"無糖"が^^、原材料の"香料"と"酸化防止剤"がちょっと気にはなるけど早速飲んでみます。う~ん、やっぱり無糖の方が格段に上ですね、この苦味の効いたコーヒー感には、たとえ僅かであれ甘味料は邪魔以外の何者でもない事が再認識出来た感じ^^。心配された、原材料の香料と酸化防止剤もほとんど気にならず、かなり満足感の高い1本に仕上がってると思います^^。でも何で無糖を出すのに時間が掛かったんだろう?、私が気付かないだけですでに売っていたのかな?、色々難しい原因があったのかも知れませんが、ちょっと不思議に思えました。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒ、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
カクテルパートナーカフェ&ミルク

カクテルパートナー ミルクカクテル カフェ&ミルク

お酒
これはお酒です。
よく振ってからお飲みください。
リキュール(無炭酸)
アルコール分4%
この商品はコールド専用です。温めないでください。
冷やしてお飲みください。
飲酒は20歳になってから。
エネルギー 65kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.7g
糖質 8.0g
食物繊維 0g
ナトリウム 72mg
先にお断りしておきますね、これは一応"缶コーヒーマニアアサヒ飲料株式会社"に載せましたが、アサヒビール株式会社から発売されている商品です。同じ"アサヒ"だから良いかな~って言うのと、今後アサヒビールから、こう言った、缶"コーヒー"が発売されるとはあまり考えにくいので、暫定的にこのページに載せています。では肝心の中身に行きますね、コーヒーとミルクにアルコールって、飲む前は「ちょっとどうかな~?合わないんじゃないのかな~?」って思ったんだけど、結構行けるもんですね~、「コレは美味しい!!、また飲みたい」って程ではないけど^^。もうちょっと細かく味わってみると、コーヒーらしい風味はほとんど無くアルコール入りミルクってとこ、そのアルコールがただむき出しのアルコールで、薬品っぽいのがチョット残念だな~と言う感じ、・・・って飲んでいくうちにアルコールが効いてきて、なんでもよくなってきますけどね^^。あれ?何だか眠たくなって来て、何書いてるのか判らなくなって来ちゃった、疲れてると効きますね~・・・、それではお休みなさい^^。
原材料:コーヒーリキュール、加糖練乳、濃縮乳、糖類、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa、香料
内容量:270ml
アルコール分:4%
無炭酸
販売元:東京都中央区京橋3-7-1 アサヒビール株式会社
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
圧力仕立て

WONDA 圧力仕立て

高速・高圧抽出機採用
高速・高圧(エスプレッソ)抽出機を採用することによって実現できた、深く強いコーヒー感と独特な香りをお楽しみください。
エネルギー 28kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.4g
炭水化物 5.5g
ナトリウム 49mg
この濃厚なコクと強い苦味を持つコーヒー感は、よく考えてみるとありそうでないですね、"圧力仕立て"だけの世界がしっかりとあります^^。ミルク分は適度ですが、若干甘みに微糖っぽい不自然さがあるのが僅かに気にはなるんだけど、それを補って余りある魅力がこのコーヒー感には確実にあると思います。1本で得られる満足感がちょっと尋常ではなく、個性も非常に強いので、好き嫌いがハッキリと分かれそうな気がしますけど、私はとても美味しいと思いましたよ、1日何本もはちょっときつそうだけどね^^。
名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
厳選

excellent

WONDA 厳選 有機豆100%使用

純水ドリップ
香料不使用
ENJOY THE TASTE OF THE COFFEE BEANS
有機豆※を100%使用し、香料不使用、純水でドリップしました。素材を活かしたコーヒー感とすっきりとした後味をお楽しみください。
※有機JAS認証取得
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.5g
炭水化物 6.7g
ナトリウム 51mg
コーヒー・砂糖・ミルク、やはりコーヒーはこの3つの風味の組み合わせで出来ているのがしっくりきますね、シナモンとか生クリームとかもたまに飲むにはいいんだけど、あくまで基本はこの3つ、それ以外は不必要だと思う。普段缶コーヒーを飲まれない方からは、そんなの当たり前でしょって言われちゃいそうですけど、缶コーヒーではこれがなかなか・・・、多かれ少なかれコーヒーにあるまじき不自然な味や臭いを持つものの方が圧倒的に多いのが現状なんですよ、缶コーヒー好きとしてはあまり認めたくはないけどね・・・。ごめんなさい前置きが長くなっちゃった、極々自然な苦味を持つコーヒー感と必要最小限の甘み・ミルクだけで組み立てられていて、その他の不自然な風味が全く無いこの缶コーヒーが、改めて大事なことを思い出させてくれた気がして、ついつい書いちゃいました^^。
名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、カゼインNa、乳化剤
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAデミタスエスプレッソ

WONDA デミタスエスプレッソ

DEEP ROAST COFFEE
「しっかりコーヒー感、驚くコク、とろける贅沢感」
小さい容器のエスプレッソで贅沢な”ひととき”をお楽しみください。
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.7g
炭水化物 6.2g
ナトリウム 51mg
2日続けてWONDAの新製品を登録、昨日の"厳選 有機豆100%"の自然さが際立って良かったので、どうしても比べちゃうな~。感じとしては圧力仕立ての苦味やコクを若干弱めたってとこ、飲みやすく落ち着いた雰囲気は好感が持てます、・・・が、缶を空けた瞬間の香り(匂い?)と後味として舌にうっすら残る違和感がどうしても気になっちゃう、共にほんの僅か、比較すればってレベルだけどね。"厳選 有機豆100%使用"と原材料を比べてみると多分原因は香料かな~・・・、と言うか、何より日が悪かったって感じですね、1ヶ月後とかだったら「容量が少ない分の"贅沢感"って言うのは感じませんでしたが、わりと美味しかったです」って書いてたと思うもん^^。
名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、香料、乳化剤、カゼインNa
内容量:170g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
金の微糖

WONDA 金の微糖

Premium Beans
PREMIUM
高級豆コロンビアスプレモブレンド
輝くおいしさ。
GOLD is a premium coffee with a radiant-like beauty perfected with premium beans. For a radiant life.
高級豆<コロンビアスプレモ>を中心に、新豆のみをブレンドした金のプレミアム微糖缶コーヒー。
ワンダ独自の抗酸化高低温二段抽出(特許出願中)で仕上げた、輝くようなコーヒーのおいしさをお楽しみください。
糖類74%カット※
※缶コーヒー通常品の糖類含有量7.5g/100mlと比較
エネルギー 17kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.5g
炭水化物 2.5g
ナトリウム 43mg
糖類 1.9g
2008年最初の登録は、何となくおめでたい雰囲気があるこれ、何だかイイ感じのスタートです^^。今年も沢山の美味しい缶コーヒーに出会えることを祈りつつ中身の方に行きましょう。んん~、上手く隠してはあるんだけどね、そこはかとなく微糖らしい違和感が漂ってる感じ、飲み始めは良いんだけど、飲み進めていくうちに、何か"コーヒー"を飲んでる気がしなくなってくるのよね、豆以外の要素が邪魔くさい感じがしてきちゃうし、後味に至ってはもはやコーヒーのそれでは・・・。確かに糖類少なめって言うのは良いことなんでしょうけど、あくまで缶コーヒーに求めるのは"コーヒー"なんだよね・・・、ちょっと微糖と言うジャンルについて考えさせられる・・・、と言うか疑問が沸いて来てしまった1本でした。
名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ココチーノ

WONDA ココチーノ

COCOCCINO
男のデザート缶コーヒー
For a Rest, Enjoy the Coffee as a man's dessert
モカの香り
100%ガーナ産カカオからできたココアパウダーを使用し、心地よいフレーバーに仕上げています。ほっと一息つきたいときに飲む、男のデザート缶コーヒーです。
エネルギー 41kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.9g
炭水化物 7.2g
ナトリウム 46mg
まさにデザート缶コーヒーって感じなんだけど、コーヒーって言われるとちょっと抵抗あるかな~?、コーヒー感はあるにはあるけどほんの隠し味程度、ほとんどココアと言っちゃって良い感じだもん。そんなんで、コーヒーだとは意識せず飲んだ方がいいような気がしますよ、ココアと思って飲めば、甘過ぎることもなく結構美味しいですからね^^。ちょっと粉っぽい感じがしたんだけど、振りが足らなかったかな?、今度飲むときは良~く振って飲んでみよう。
名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、ココアパウダー、クリーム、バターミルク(濃縮)、カカオエキス、セルロース、乳化剤、香料、安定剤(カラギナン)、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA クールバニラ

WONDA クールバニラ

COOL VANILLA
男のデザート缶コーヒー
FOR A REST, ENJOY THE COFFEE AS A MAN'S DESSERT
バニラ香る、男のデザート缶コーヒー。午後のクールダウンの一服にお楽しみください。
エネルギー 40kcal
たんぱく質 1.1g
脂質 0.7g
炭水化物 7.3g
ナトリウム 50mg
バニラって言うと、何かアイスみたいにベタベタとした甘さ(もしかして今のアイスはそんなことないかも?^^)を想像しちゃうけど、特にそんなことなく、また鼻につくような香りかというとそうでもなく、バニラの風味だけが上手く表現されていてとてもイイ感じですよ^^。これもココチーノと同じように根底をなす風味はココアですね、バニラ風味のココアって感じ、コーヒーとして考えると激しく?だけど、これはその雰囲気を楽しむもので、コーヒー感云々に拘った商品ではないでしょうから、これでいいんだと思うな~、まったくアリだと思います^^。男のデザート缶コーヒーシリーズは第2弾ですが、まだこれからも出してくれるのかな~?、何か毛色が変わっていて飲んでてすごく楽しいですよ^^。
種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:2.5%
乳脂肪分:0.6%
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、食塩、乳化剤、カゼインNa、香料
内容量:190g
製造所所在地:群馬県邑楽郡明和町矢島1230
製造者:株式会社日本キャンパック群馬工場
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ボディーショットブラック

WONDA ボディーショットブラック

BODY SHOT
目覚めのブラック/極め焼き
INVIGORATE YOUR MORNINGS AND WORKDAYS WITH BLACK COFFEE.
振らずに傾けないでお開けください。品質保持のため窒素充填していますので、中味がふき出すことがあります。
容器のまま温めないでください。
コーヒー豆を極限まで深く焼きあげる焙煎“極め焼き”で実現した深いコク、キレのよい後味。朝や仕事の合間のリフレッシュにぴったりのブラックコーヒー。
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 9~19mg
糖類 0g
豆の風味自体はそんなに悪く無さそうなんだし、この強めの苦味は、まさに目覚めのブラックって雰囲気を持ってはいるんだけど・・・、どうも合間合間に顔を覗かせる、いかにも香料といった存在が非常に邪魔に思えちゃうんです。何となく舌がピリピリしてくるのもちょっと違和感あるしね。個人的に、ブラックコーヒーに香料って、やっぱりなんかしっくりこないな~、と言うより凄く不思議・・・、何でコーヒー豆だけでコーヒーの風味が出ないのかな~?って思うんだよね、単純に・・・。
名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、乳化剤、香料
内容量:400g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAゼロマックス

WONDA ゼロマックス

ZEROMAX
糖類0ゼロ
“突き抜ける旨さ”
A SIGN OF THE TIMES. ZEROMAX. A PREMIUM COFFEE WITHOUT COMPROMISING GREAT TASTE.
微糖を超えた。新時代の缶コーヒー。
糖類ゼロ。なのに旨さ突き抜ける味わい。高級豆を中心にブレンドし、丁寧に、低温でじっくりとドリップ。コクのある濃縮乳で仕上げた、新時代のプレミアム缶コーヒーです。
※栄養表示基準に基づき、糖類0.5g(100ml当り)未満を糖類0(ゼロ)としています。
エネルギー 9kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.3g
炭水化物 1.0g
ナトリウム 51mg
糖類 0g
砂糖は入ってないけど甘味料は入ってますって言うのが、先日登録したコカコーラのエメラルドマウンテンブレンドカフェオレに似てますね。個人的には、前に登録したWONDAストレートみたいに甘味料も無くしてくれるともっと嬉しいんだけどな~。ま~、前置きはともかく早速いただいてみましょう^^。お~、結構コーヒー感ありますね、控えめながら、喉を通る直前にフッと立つ苦味がイイ感じです。ミルク感も違和感なくかなり自然、コーヒー感を邪魔しない程度で高バランス!・・・と、ココまではかなりの好印象なんですよ、ほぼ文句なし、でも、全てを甘味料が台無しにしちゃってる感じなんだな~・・・。量はそんなでも無い気がするけど、前記の苦味が立った後顔を覗かせる甘味料に凄い存在感があるんです。しかもそれが段々蓄積されていって、最後の方はコーヒー感が云々どころじゃなくなってきちゃうし、飲んだ後もずっと口の中に残っちゃって・・・。んん~、糖類ゼロをうたってるのに、甘味料が一番存在感あるってちょっと腑に落ちないよ、どう好意的に考えても要らないような気がするんだけどな~・・・。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、濃縮乳、脱脂粉乳、乳化剤、香料、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
白いプレミアム

WONDA 白いプレミアム

WONDERFUL COFFEE
しっとり潤う、濃厚カフェ
A PREMIUM COFFEE, BLENDED WIYH QUALITY ESPRESSO AND MILK.
低糖
糖類50%カット
エスプレッソにミルクとクリームを贅沢に使用<ミルク分45%>。甘さをおさえ低糖(糖類50%カット※)で仕上げた、白いプレミアム・カフェをお楽しみください。※当社従来比
エネルギー 42kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 2.0g
炭水化物 4.6g
ナトリウム 43mg
糖類 3.9g
苦みが効いたコーヒー感とミルクが同時に喉を通っていく感覚、もっと乱暴な言い方をしちゃうと、エスプレッソのブラックと牛乳を同時に飲んだらこうなるだろうな~って感じ、あえて調和させてないのかな~?、狙い通りにしてもちょっと疑問が残りますね~・・・。エスプレッソらしい強い苦味が演出されたコーヒー感は、ブラックでいただいてみたくなるくらい良い感じなんだけどミルクがどうも・・・、いや~、全然変ではないんですよ、でも、そのサラッとした極々普通の佇まいは、好感触のコーヒー感に対して、力不足って言うかアンバランス過ぎる気がしてしょうがないんだな~・・・。狙いは、ダイドーのイタリアの濃い味とか、UCCのダブルプレッソみたいな感じなのかな?、全体の雰囲気は似てないでもないんだけどね、ちょっとした違いで随分印象は変わるもんです。う~ん、コーヒーを生かすならブラックで、ミルク感もって言うならもうちょっとミルクの方も頑張って欲しかったって言うのが正直な感想ですね~・・・。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:3.7%
乳脂肪分:1.7%
原材料名:牛乳、コーヒー、全粉乳、砂糖、クリーム、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、香料、カゼインNa、セルロース
内容量:190g
製造所所在地:静岡県志太郡大井川町下江留896-6
製造者:株式会社ニッセー第四工場
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAモーニングショット

WONDA モーニングショット

Enjoy the bright and refreshing taste.
WONDERFUL COFFEE
Morning Shot
当年度産※新豆入荷
※2007~2008年収穫
目覚めるコク・キレ
朝専用缶コーヒー
深煎り豆1.5倍増量※。熱風式焙煎でカリッと香ばしく焼き上げ、独自の抗酸化高低温二段抽出(特許出願中)で、絶妙なコク・キレに仕上げました。朝の目覚めにぴったりのモーニングショットをお楽しみください。※当社従来品
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.5g
炭水化物 6.8g
ナトリウム 38mg
基本的には、従来のモーニングショットとあまり変わらないような気がします。おそらく能書き通り新豆を使いましたって事でしょう。と言うことでそんなに驚きは無いんだけど、かなり濃厚な苦味が演出されたコーヒー感がメインにどっしり腰を下ろし存在感を放ち、ミルク・砂糖は適材適所といった感じで脇を固める、またそれらの連携も絶妙、高い完成度を誇り、安心して選ぶことが出来る缶コーヒーに仕上がってると思いますよ^^。名実ともにWONDAを代表する1本、まさに孤軍奮闘、ホント一人でWANDAの未来をしょって立ってる様な印象を受けます(最近は金の微糖も売れてるのかな?)。別の言い方をしちゃえば外のが今一つ不甲斐ないと私が感じてるって事なんでしょうね、ちょっと頼り過ぎじゃないですか~?、もっと楽させてあげたいような気がします^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAザ・ブラック

WONDA ザ・ブラック

WONDERFUL COFFEE
THE BLACK
“進むうまさ”
ワンダ初、「完全ストレート抽出」実現。
無糖・ブラック
100%ドリップコーヒー(無希釈)を実現したワンダ史上初のブラック缶コーヒー。独自の新製法「完全ストレート抽出(特許出願中)」でじっくり丁寧にドリップした、広がる香り、リアルなコーヒー感、クリアなのどごし。ブラックの“進むうまさ”を実感ください。
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 9~19mg
糖類 0g
あくまで私の中での印象ですが・・・、アサヒ飲料の缶コーヒーって、普段は良くも悪くもなくただただ普通、でも、たま~に実力をチラッと見せてくるから侮れないのよ、ホント忘れた頃突然頭角を現す感じ^^;。モーニングショットの力の入り具合はメイン商品でしょうから当然として、最近だと厳選、ちょっと前だとストレートとか圧力仕立てとかね。ごめんなさい、前置きが長くなってしまって、それでは早速中味へ行ってみましょ~。酸味が強めのタイプなんだけど、何かその酸味が上手くすっきりさにつながっていてとても良い感じ、陰に隠れがちな苦味にも存在感があり、しっかりと土台を担ってます。キレも良好、水っぽさ皆無、コクも感じられ、バランスも良い。当然甘味料だの香料だの使ってませんから違和感も無し、スッキリタイプのブラック缶コーヒーとしては、ほぼパーフェクトな出来だと思います^^。ただ、コレだけのものだからこそ、さらに欲を言っちゃうと、コーヒー自体の風味・特徴が若干弱いかな~っていうのはあるんだよね。でも十二分に美味しく、久々にワンダ会心の1本だと思いました^^。しかし、次の本気は何時かな~、また1年後くらい?・・・^^;。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
金の微糖

WONDA 金の微糖

Premium Beans
WONDERFUL COFFEE
高級豆コロンビアスプレモブレンド
輝くおいしさ。
高級豆コロンビアスプレモブレンド
GOLD is a premium coffee with a radiant-like beauty perfected with premium beans. For a radiant life.
PREMIUM
糖類74%カット
高級豆<コロンビアスプレモ>を中心に、新豆のみをブレンドした金のプレミアム微糖缶コーヒー。
ワンダ独自の抗酸化高低温二段抽出(特許出願中)で仕上げた、輝くようなコーヒーのおいしさをお楽しみください。
※缶コーヒー通常品の糖類含有量7.5g/100mlと比較
エネルギー 17kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.5g
炭水化物 2.5g
ナトリウム 43mg
糖類 1.9g
缶コーヒーマニア、2008年の記念すべき1本目を飾ってくれた^^;金の微糖が、早くもモデルチェ~ンジ!。・・・とは言え、変わったのはパッケージデザインのみ、飲み比べてみた印象は全く同じでした。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
モーニングショット

WONDA モーニングショット

Every morning
The start of a great day
スッと飲めて、キリッと苦味。
Morning Shot:100% fresh Arabica beans make an unique flavor.
朝専用缶コーヒー
アラビカ種の新豆のみをブレンド。カリッと香ばしく焼き上げ、ワンダ独自の抗酸化高低温二段抽出(特許出願中)ですっきりと仕上げた、毎朝のスタートにふさわしいおいしさの缶コーヒー。
エネルギー 36kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.6g
炭水化物 6.9g
ナトリウム 39mg
上記金の微糖に続き、WONDAの押しも押されぬ大黒柱、モーニングショットのリニューアルです。入れ換え中なんでしょうね、以前のものも購入することが出来たので飲み比べてみましょう。共に若干変わったかな~?って程度ですが、豆の風味が洗練されたこと、ミルク感が増したこと、この2点が変化と言えば変化のような気はします。でも、ま~マイナーチェンジってとこ、基本は全く同じと言っちゃって差し支えなさそうです。とは云えコレは全然マイナスな意味ではなく、とりたてて変える必要が無い、もっと言えば、変えちゃいけないほど完成されてるって事で、これからも十二分にWANDAの屋台骨を支えていける1本だと思ってます^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAホットディープブレンド

WONDA ボディショットブラック ホットディープブレンド

目覚めのブラック
BODY SHOT
WONDERFUL COFFEE
極め焼き
IN WINTER,INVIGORATE YOUR MORNINGS AND WORKDAYS MORE WITH HOT DEEP BLEND.
無糖
加温時はヤケドに注意してください。
振らずに傾けないでお開けください。品質保持のため窒素充填していますので、中味がふき出すことがあります。
ホット専用に、コーヒー豆を極限まで深く焼き上げる焙煎“極め焼き”の使用比率を20%増※。さらに深いコク、キレのよい後味。飲み終わりまで、変わらないおいしさが続きます。※当社通常品比
ホット専用
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 9~19mg
糖類 0g
こちらのホット版ですけど、今回も缶コーヒーマニアのお約束、キンキンに冷やしての感想ですので、話半分くらいでお読みください^^;。う~ん、中味変わらない気がしますね~、割と悪くなさそうなコーヒー感に香料がちょっかいを出してる感じが全くそっくり、と言うか同じでしょ^^;。”DEEP BLEND”、”目覚めのブラック”、”極め焼き”と、なんだかもの凄いコーヒー感を期待しちゃったんですけどね・・・、やっぱり、ブラックコーヒーはコーヒーだけで作って欲しいな~って思う、量が半分でも全然かまいませんから・・・。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料、乳化剤
内容量:300g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
朝のカフェオレ

WONDA 朝のカフェオレ

WONDERFUL COFFEE
Morning Au Lait
100% FRESH ARABICA BEANS
スッと飲めて、マイルドなコク
アラビカ種の新豆のみをブレンド。ワンダ独自の抗酸化高低温二段抽出(特許出願中)を採用、ミルク分36%増量※でマイルドに仕上げた、毎朝のスタートにふさわしいおいしさのカフェオレ。※モーニングショット比
この商品は、株式会社JR東日本ウォータービジネスとアサヒ飲料株式会社の共同企画商品です。
エネルギー 42kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.7g
炭水化物 8.1g
ナトリウム 38mg
お友達にもらってビックリしたんだけど、それもそのはず。能書きから見て、おそらくJR東日本の駅の構内のみでの販売なんでしょう、普段ほとんど電車を利用しない私は、通りで見かけないはずです。それでは、もし美味しかったら、わざわざ駅まで買いに行かなくちゃいけないの~?、なんて余計な心配をしつつ、早速いただいてみましょう^^;。おっ!、クリーミーでありながら、ベタつくこともなくサッパリとしたミルク感、またカフェオレにしては甘過ぎる事も無く、なかなか良いですね~、名前の通り朝の出勤時、牛乳代わりに飲むのにちょうど良い感じって気がします^^。・・・とはいえ、缶コーヒーとして見てみると、ちょっとコーヒー感弱すぎませんか~?、カフェオレってそんなもんでしょ?って言われればその通りかもしれないんですけど、あまりにもね~って思うな~、ちょっと濃いめ・甘めの牛乳って気がしないでも・・・^^;。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ワンダザカフェオレ

excellent

WONDA ザ・カフェオレ

からみ合う、おいしさ。
WONDERFUL COFFEE
THE Café Au Lait
深煎り豆とローストミルクの深いコク
A COEXISTENCE OF DEEP-ROASTED BEANS AND ROASTED-MILK , FOR RELAXING TIME.
深煎り豆を粗挽き・高温抽出した、コクのあるコーヒー感と、練乳、砂糖などをじっくり煮詰めた「ローストミルク」のまろやかでコクのあるミルク感が、口の中で「からみ合う」。並び立つコーヒーとミルクの深いコク。こだわり抜いた、男のためのカフェオレ。
エネルギー 45kcal
たんぱく質 1.0g
脂質 0.9g
炭水化物 8.2g
ナトリウム 42mg
上の”朝のカフェオレ”に続いて、またまたカフェオレ^^。こちらは、普通のアサヒ飲料自販機、もしくはカルピスの自販機で購入出来るはずですから、美味しくても安心^^。それでは期待を込めて行ってみましょう。あ~、同じカフェオレとはいえ全然タイプが違いますね~、”朝のカフェオレ”はその名の通り、朝にふさわしくスッキリサッパリ、一方こちらは濃厚でコク深いミルク感を味わうことが出来ます。濃厚でありながら、クドくてしつこいとか、ベタつくとか一切無く味わい深いミルク感、脇役ではあるけど、しっかりと主役に絡む存在感があるコーヒー感、さらに控えめな甘さ、三者が互いに引き立てあい、素晴らしいカフェオレに仕上がってますよ。スッキリとコク、両方ラインアップするなんてなかなかやってくれますね~^^、個人的には一方的にこちらが好み、入手性もこれならバッチリでしょうし、早くもヘビーローテーション入り確実!って位気に入ってしまいました^^。しかし、こう言っちゃと非常に失礼かもしれませんが、WANDAって、たま~にこういう飛び抜けた逸品を出してくれるんですよね、うん?、もしかしてたまにだからより印象に残るのかも?(すいません言い過ぎました・・)、正直、普段は中の下位の印象しかないんだけど、ホント侮れない存在です^^;。 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、ローストミルク、クリーム、デキストリン、バターミルク(濃縮)、乳化剤、香料、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ワンダ ゼロマックス

WONDA ゼロマックス

ZEROMAX
糖類0ゼロ
すっきりとした甘さ/ミルク入り
缶コーヒーのおいしさそのまま糖類ゼロ。
高級豆を中心にブレンドし、牛乳を中心に3種類の乳原料を絶妙なバランスで使用した、旨さ突き抜ける味わい。WONDAのこだわりと技術が生んだ自信作です。
※栄養表示基準に基づき、糖類0.5g(100ml当り)未満を糖類0(ゼロ)としています。
エネルギー 9kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.2~0.5g
炭水化物 0.9g
ナトリウム 38mg
糖類 0g
約半年で早くもモデルチェンジ、急速に進化してるジャンルであることを象徴するようなサイクルですね。それでは、何故か冷蔵庫にあった前作^^;と飲み比べてみます。前作では、主役を飲み込んでしまうくらい、その存在感を放ちまくりだった甘味料ですが・・・、一転今回は、おとなしく脇役の座に納まってる感じですね、少なくとも飲み終わるまで、邪魔されることなくコーヒーを味わうことが出来ます^^。ま~、結局最後は違和感を残すんだけど、途中からコーヒーを飲んでるんだか、甘味料を飲んでるんだか分からなくなってしまった前作と比べれば微々たるもの、2作目にして早くも劇的な進化を遂げてると思います。この調子だと、来年くらいにはほとんど違和感無くなってるかもしれませんね、微糖がそうであったように^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、濃縮乳、脱脂粉乳、乳化剤、香料、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAデミタスエスプレッソ

WONDA デミタスエスプレッソ

DEMITASSE ESPRESSO
WONDERFUL COFFEE
LUXURIOUS FLAVOR WITH PLENTY OF BODY.EXTRACTED FROM ROASTED BEANS.
【芳醇なあじわい】
深煎りでひきたつ、コクとあじわい。深煎りした豆からエスプレッソ抽出した、贅沢なコクと深い味わいをお楽しみください。
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.7g
炭水化物 6.0g
ナトリウム 52mg
缶のデザインはガラッと変わったけど、おそらくこちらのモデルチェンジ版ですね。ちょっと演出臭いとこがなきにしもあらずですが、なかなかの存在感があるコーヒーと、チラッチラッと顔を覗かせる濃いめのミルク感がとても良い塩梅、デミタスらしい雰囲気は上手く醸し出せてると思いますよ。でも、あくまで「雰囲気は」なんだよね~・・・、実際には、これなら量が少なくても良い!と思わせてくれるような、濃厚なコーヒー感はない感じ・・・。。う~ん、普通に美味しいんだけど、この位ならレギュラーサイズ(190g)でもあるもんな~。ケチ臭い話で申し訳ないけど、同じ金額なら、少しでも多く飲みたいもんね・・・^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、香料、乳化剤、カゼインNa
内容量:170g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDAザ・クオリティ

WONDA ザ・クオリティ

THE QUALITY
PREMIUM
品質にこだわった高級豆と有機豆だけを使用※そのすべてに新豆を使用し、うまさと鮮度を詰め込んだプレミアム缶コーヒーです。
(※高級豆コロンビアスプレモ60%+有機豆40%使用)
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.5g
炭水化物 6.8g
ナトリウム 53mg
なかなか良い雰囲気を持ってますね~。最近の缶コーヒーの中では、豆の風味を感じることが出来る、かなりしっかりとしたコーヒー感をメインに、控えめかつ自然なミルク感・甘みの塩梅が個人的にはちょうど良い感じ。また、後味に至るまで雑味も違和感もほとんどありません。でも、正直「ここがすごく良いのよ~!!」とか、「ものすごく美味しい!!」って事は無いんだよね、かといって何も印象に残らないとか、不味いって事は全然無い・・・、う~ん困った^^;、どこに惹かれるんだろう?、何か普遍的な缶コーヒーって言うか、飽きることなく日々飲み続けられそうな安心感かな?、迷ったらこれ買っとけば間違いないって感じで、気がつくとかなりの本数消費してましたって事になりそうなとこでしょう、きっと・・・、って無理矢理まとめてみました^^;。ま~冗談はさておき、ホント一見(飲?)なんてこと無いんだけど非常によく考えられた缶コーヒーだと思うな~、本気で“モーニングショット”に続く新たな定番を狙う意欲作って印象を強く受けました。少なくとも、わざわざ探してまでって事はないものの、普通に購入できるような状況なら個人的に将来そうなってる予感がヒシヒシとしてます^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、カゼインNa、乳化剤、香料
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア アサヒ飲料株式会社  /  /  /  /  /  /  /  /  / 10 / 11

PAGE TOP

缶コーヒーマニアTOP

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析